富士山御殿場口で押し寄せる登山者を把握。IoTを活用した実証実験。

20170826WS0150.jpg

御殿場口で押し寄せる富士登山者を把握。IoTを活用した実証実験

夏期大勢の登山者でにぎわう富士山。

富士山の御殿場口では
押し寄せる富士登山者を把握しようとして
IoTを活用した実証実験が行われている。

御殿場口登下山道ならびに御殿場口のハイキングコースに、
通過した人数をカウントできるIoTセンサーを合計で5か所設置。

IoTセンサーは定期的に通信を行い、通過した人数をウェブ上で確認。

「富士山登山状況見える化プロジェクト」
http://fuji.kddi.com/ (2017年9月10日まで期間限定)

20170826p_index_03.jpg

LoRaを使って小さな出力、低い電力消費をめざしている。

20170826-480_02.jpg

KDDIのプレスリリース
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/08/10/2630.html


山梨県警の場合

携帯電話が使える 通話エリアで遭難し 

山中で スマートホン(GPS機能付)から110番する場合
遭難時位置情報メール送信システムが使える場合がある。(山梨県警)

http://www.pref.yamanashi.jp/police/p_tiiki/sangaku/sangakusonanshitabaai.html

山梨県警では2016年このシステムでえられた位置情報を元にして救助した事例もある。(櫛形山2016年7月)

20170825WS0135.jpg


20170824WS0136.jpg


愛媛県警でも同じようなシステムがあるが、
チェック項目が少し違う。5点。

遭難時位置情報メール送信システム(110番メール)
http://www.police.pref.ehime.jp/mobile/s/sangaku/sangaku.html

愛媛県警

「次の各項目を確認の上、チェックボックスを押して、下のボタンを押してください。

①必ず、先に110番通報を行ってから、案内にしたがって利用してください。
②木などに覆われていない空が見える場所で使用してください。
(正確にGPSの捕捉が出来ない事があるためです。)
③あらかじめ、GPS機能又は位置情報サービス機能をオンにしてください。
④メモがあれば、手元に用意してください。
⑤携帯電話の機種、設定によっては、正常に作動しない場合があります。

上記5点を確認しました。 」 愛媛県警


いずれの場合も 携帯通話エリアだけで機能する。

山岳地帯では 圏外エリアのほうが多い。

携帯電話の圏外エリアでは 使えないので  やはり 山中では 慎重な行動をとって 安全登山にこころがけたいものだ。

富士山チャレンジ2017

2017fuji-480.jpg


■富士山チャレンジ 2017

夏、大勢の人で賑わう 富士山。
万が一でも 2014年の御嶽のような事になれば 大惨事になる。
8月19日~9月1日までの期間限定で、登山者を守る 防災・減災の民間プロジェクトが行われている。

■ 登山者にビーコンを持参してもらい

登山道途中にとりつけた受信機でリアルタイムでチェックしていく
えられたデータは送信されクラウド サーバ上で処理してリアルタイムで閲覧できるプロジェクト。

夏の富士山は 一般道登山道に沿って山頂まで携帯電話高速回線が整備されているほか、小屋付近WiFiなど通信環境が良好に整備されているので、ほかの山岳地帯によくある「電波圏外」なし。

夏に押し寄せる大勢の登山者は20万人。

わずか14日 たかだか600個では 

まだ まだ これからの段階だが
さらに進化して 防災に役立つよう期待する次第だ。

20190823WS0145.jpg

ビーコン 小さい


---------------------------------------------------

■富士山チャレンジ 2017 概要

実施期間 : 2017 年 8 月 19 日~ 9 月 1 日 (14 日間)
ビーコン配布場所 : (静岡県側)富士宮口、御殿場口、須走口 (山梨県側)吉田口登山道計 4 ルートの 5 合目

モニター協力数: 3,000 名(約 200 名/日)

使用ビーコン数: 600 個

レシーバー設置数: 45 基(27 ヶ所)

ホームページ:
http://www1.to/fujisanchallenge
※実施期間中のみ閲覧可能

富士山チャレンジ 2017 Facebook:
https://www.facebook.com/fujisanchallenge/


---------------------------------------------------
■プロジェクトには建設・通信などの企業や団体が30社参加

参加民間会社のなかで注目は

■日本工営株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーション室

安心・安全な富士登山を目指し、ICT を活用した登山者の動態データ把握の実証実験により登山者や自治体に有益な情報を提供

■イノテック株式会社 アドバンストプロダクツ本部

ビーコン発信機(防塵防水省電力型)、評価向け受信機を提供

■アクロクエストテクノロジー株式会社

ビーコンから発信されるデータを解析・集計し、登山者の位置状況をリアルタイムに可視化するサービスをTorrentio を利用して提供。

20170819WS0149.jpg

20170823WS0141.jpg

20170823WS0142.jpg

20170823WS0140.jpg

20170823WS0143.jpg

20170823WS0144.jpg

---------------------------------------------------

マスメディアでもとりあげられ 放送された。

「 防災減災 火山 おはよう日本 関東甲信越

"位置把握" で富士登山を安全に」

山梨 2017年8月9日

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00858.html

---------------------------------------------------

瑞牆山 TREK TRACK

瑞牆山 TREK TRACK

登山者の位置情報検知システムはいろいろなものが開発・試作・運用されているが

瑞牆山で 広告会社博報堂の子会社 株式会社博報堂アイ・スタジオがLoRa 920MHz帯の小電力出力での位置情報システムを2017年8月18日から予約開始。

運用開始といっても とりあへず瑞牆山だけの 一山で Webから予約、郵送で受け取り、ポストへ返却という 無料運用実験。本来一日990円のものを、まずは、無料で底辺を広めていって、次に展開しようとしている。

まずは この動き、990円という値段など、リーズナブルかどうか?この先 どうなることかなどに注目。


TREK TRACK
http://trektrack.jp/


博報堂アイ・スタジオ
http://www.i-studio.co.jp/



「登山者位置検知システム」では 電波の伝播性能がきわめて重要だ。

山中でも伝搬性能の きわめて優秀な150MHz帯の理想的な電波周波数を使うシステムは 現在、富山県立大学や 総務省北陸総合通信局などが 運用実験中。

将来的に「登山者位置検知システム」の本命となるものは やはり伝播性能のよい150MHz帯。

ですが、これについては 下記のように 2017年8月10日付の新聞記事の通りで、あと少しで 実際に運用できる段階まで来ています。


20170810asahi-np
2017年8月10日朝日新聞切り抜き


オーストリアの最高峰グロースグロックナー 、ヘリの事故

https://youtu.be/SBotAIhRid4

オーストリアの最高峰グロースグロックナーGROSSGLOCKNER(3798m)
3454mの山小屋付近でヘリ墜落
高所でのヘリの事故。地上の人もまきこまれず、全員、無事だったのがなによりだ。

山小屋
http://www.erzherzog-johann-huette.at/

Heli Austria,
http://www.heli-austria.at/

ノーマルルート
http://www.bergsteigen.com/hochtour/tirol/glockner-gruppe/grossglockner-normalweg


航空救難団-人命救助の最後の砦

「航空救難団」。

航空自衛隊「航空救難団」の任務は緊急脱出したパイロ-ットを捜索し、救出すること。

ときには消防、警察、海上保安庁では救助できない過酷な条件の時、要請が入ることもある。

「人命救助の最後の砦」と言われる彼-らのモットーは「他を生かすために」。

航空自衛隊浜松広報館の全天周シアター
『救難活動「最後の砦」That Others May Live』予告編。

https://youtu.be/2j59j0TFAv8


「救難隊という名の精鋭 1 固定翼操縦士(パイロット)」
https://youtu.be/4effb9YvLgg

「救難隊という名の精鋭 2 機上無線員(ラジオ・オペレーター)」
https://youtu.be/KOFilfkRCk8


「救難隊という名の精鋭 3 機上整備員(フライト・エンジニア)」
https://youtu.be/IUUwX32CN8k

他国の救難隊の実戦での活躍ぶりは 全く軍事秘密のベールに包まれているが、きわめて高度なレスキューが実際に行われているようだ。

実戦のヘリレスキューは民生用のヘリと桁違いに困難な条件のもとで行われていて、ベイルアウトしたパイロットの正確な位置情報を秘密裏にピンポイントで把握。

高度に訓練され特殊救難ヘリは 暗視装置、暗視ゴーグルを使用し、夜間 まったく灯りをつけず、秘密裏に ピンポイントで パイロットや人質の位置を探索し把握、 全く 明かりのない深夜の暗闇のなかで 交戦地帯とか、敵地奥深く侵入して、友軍のパイロット・人質を救出して 無事、生還、帰投している。


https://youtu.be/hUTNT6jk1DM

https://youtu.be/b0YY1lRpY6I
https://youtu.be/vBUDioN02TU

捜索救助ヘリの活躍

捜索救助ヘリの活躍(HTB北海道テレビ放送の動画)

【MIKIOジャーナル】〝空の消防士〟救助の記録
https://youtu.be/55w-A0mFQAQ

【MIKIOジャーナル】絶壁転落!救出の瞬間
https://youtu.be/A9fI_ZI_1Z4

【MIKIOジャーナル】空の消防士が救った命
https://youtu.be/3cVQpxXwCx8

【MIKIOジャーナル】台風10号 奇跡の救助
https://youtu.be/zoB5P1z4cP0

201707005-480_0666.jpg
台風接近で船が座礁して、遭難。海難事故の救助は、とても厳しい海象気象条件下で行われる。

厳しい条件下でもレスキューできるのは、日頃、訓練で鍛えた心。技。体力。チームワーク。

困難な救出劇を成功させてきた空の伝説、ヘリパイロットは「訓練のための訓練をするな、訓練で失敗すれば、成功へのヒントが埋もれている」とつねに限界を決めず 厳しい訓練を行う。

実際、その後、日本海で訓練中事故に。

どんな条件でも簡単にピックアップしてくれるものでなく、ヘリレスキューで救助できるのは、大変厳しい訓練をへてやっとできることなのだ。

https://youtu.be/NeR5UeyNnZE

高所で、ヘリのドア、椅子外し ロングラインでの救出活動。
リスクの高い救出方法だ。

Simrik Air Recovery Mission - Mt. Amadablam
https://youtu.be/qYWt_GecRI0

Capt. Surendra Paudel and Rescue Specialist Chhiring Dhenduk Bhote
https://youtu.be/frEh6JOngGI

Simrik Air Recovery Mission
https://youtu.be/eL92PtDIX58

Simrik Air Recovery Mission - Mt. Amadablam
https://youtu.be/qYWt_GecRI0

Helicopter human sling rescue training video
https://youtu.be/7z4xf7u39NU

EVEREST RESCUE - The Death Zone SEASON 1 - EPISODE 1
36分過ぎからロングラインでの救出。
https://youtu.be/qVbrMBj7Xz4


'The Most Scared I've Been Flying, Ever!' | Everest Rescue
https://youtu.be/egITlOOXaDY

高所での離着陸では 重量制限あり、「ノーバック」



2017-06-09 - North Shore Rescue - Dog Mountain HETS Rescue from NSR-Ryan on Vimeo.


カナダでは ロングラインで一度に複数、救出



2016-07-17 - North Shore Rescue - HETS Rescue of Lost Hiker Hanes Valley from NSR-Ryan on Vimeo.

高所で活躍するヘリ


https://youtu.be/WXNXSvnCtKA
世界最高峰への着陸。

2005年ヘリで世界最高峰への着陸をやりとげている。
http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/3.15nishikawa.htm
離着陸高度からいえば、地球上では もうこれ以上高い記録はない。

■Simone Moro: the new rotocraft world record at 6.705 m
https://youtu.be/byes3L44nUc

操縦士だけ、ペーロードなしでなく
実際のレスキューの場面で活躍できる高度もかなりあがってきている。


■アンナプルナ6900mでのレスキュー

Spanish climber rescued from Mount Annapurna (6900 meter) by Fishtail Air & Air Zermatt on May 2010

https://youtu.be/lzVvdafrobw

ヨーロッパアルプスで鍛えた高度な操縦、レスキュー技術
ヒマラヤでも活躍している。

Longline rescue of alpinists - by Air Zermatt
https://youtu.be/7PaGJgeMYiw

https://youtu.be/fGRMW9coCk8

■Everest C2 6400mや LhotseFace 6800mの レスキューの動画

Everest Helicopter flying KTM Lukla Basecamp Rescue C2 by Herbert Hellmuth Simone Moro

https://youtu.be/qk3oMab1la0

■Fishtail Air & Air Zermatt
https://youtu.be/boLeacoY0RI

https://youtu.be/-bE5aSvn4uQ

■Rescue Mission in the Himalaya Air Zermatt

https://youtu.be/_I374Lxp7UM


新型ヘリは、6000m以上でも活躍。

■AW119Kx: achieving new heights in Nepal
https://youtu.be/71Xbb8OF2xM

■H145 reaches 6,200 meters in Bolivia
https://youtu.be/0GJYUBGtJa8


■Mont-Blanc : The Murderer Summer - Documentary

実際の山岳遭難サーチレスキュー現場で大きな役割を果たすヘリ。

https://youtu.be/i_SBjrkc-yw

■北米、 Mount Whitney

派手さは少ないが 確実に大勢を一度にレスキュー
やはり 頼りになるのは 軍の救難ヘリ CH-47 Chinook で Mount Whitney山頂 (4,418m)から救出。

https://youtu.be/QsW050TIsv8


最近のブログ記事

アイテム

  • 201707005-480_0666.jpg
  • 20170701-shinohara_0664.jpg
  • 20170620-480_0656.jpg
  • 6-IMG_4613.JPG
  • 3-IMG_4574.JPG
  • 2-IMG_4573.JPG
  • 4-IMG_4576.JPG
  • 5-IMG_4583.JPG
  • 20170531_sangakukyujo_1.jpg
  • 20170301_0467.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2