やっとたどり着いた山頂。

眺望良好の絶頂で過ごす 貴重な至福のひととき。

山頂は 大勢の若い人々で 賑わっていた。

次世代を担う 若人が大勢 山に登ってくれるのは とても嬉しいことだ。

ただ 山頂で 気がかりなことに遭遇した。

多くの若者が 山頂での貴重な限られた時間をスマートホンの操作に没頭していたのである。

山頂での 貴重な至福の時間を どう過ごすか。

 ひとそれぞれ 山への考え、思いも ちがうはずなので、各自が 自由に さまざまに 時間の使い方ができるはずなのだが。。。

多くの若者が山頂で天候良好の素晴らしい眺望を 見ようともせずに 一心不乱に 極小画面の電子端末に拘束されつづけているのは 私には とても惜しい ことだとしか思えなかった。

---------------------------------------------

「 近くの眺望のいい場所に行って、東の空に一つ二つ星が光り はじめるまで、山と共に 夕映えの中にひたっていることが出来る。

こういう時に、何も考えずに ただ美しさに見蕩れていても いい。

それができれば一番いいかも知れない。

だが何も考えずに山を見ていることは案外難しい。」

『もう登らない山』 串田孫一 1990 恒文社

---------------------------------------------

GPS、スマホなど いまごろの電子機器は便利なもので うまく使いこなせば 有益な活用ができるものである。

だが 近頃は問題となる事件もあって、プロの将棋・囲碁では 対局中のスマホ使用は厳禁されている。

スマホなどの電子機器を利用した囲碁将棋では 人と人の対局で うまれる醍醐味というか 囲碁将棋本来の面白みが なくなってしまうのである。

おなじく 山でも 電子機器類の使い方を誤ると、山登りの面白さを大きく減じてしまう。

むかし 電子機器の なかった時代には、地図、磁石で読図、ルート判断し 自分でよく考えたすえに 行動し たとえ低視程のホワイトアウトの山でも しっかり確実に山を登っていた。

 低視程の中で読図して 五感を働かし ルートをはずさず、見事に目的地にたどりついた時の達成感は 山登りの達成感の中でも ことさらに大きいものだ。

反対に 低視程のもとで 安易なGPS頼りで行動すれば、目的地についても 達成感は低い。

安易なGPS頼りだと 登山者の読図力・地形判断能力は間違いなく減退してしまう。

乗り物が便利になり 歩く気力も能力も次第に減退するように 人間は 電子機器など 便利なものに接することで いろいろな能力をどんどん 退化させている。

山歩きの面白さを維持し続けるには 本来持っている 人間の能力を いつも使い切るようにしないといけないのではないだろうか。

---------------------------------------------

「 世界最悪の天候と言われる南アメリカのパタゴニア。
現在ではクライマーたちは町のホテルでパソコンを見つめながらチャンスをうかがうと聞く。精度の高い天気予報が頻繁に発信されるからだ。

25年前、深い森の中から、上空を殺人的な勢いで流れる雲を眺め、薄暗い小屋の中で小さな気圧計を見つめていたころとは、随分と変わってしまった。

ヒマラヤの8000m峰でも、登頂率を高めるため衛星電話をつかい、正確な天候、気温、風速風向などの情報を集めるらしい。

しかし僕は違うスタイルを選びたい。

たとえ登頂に失敗したとしても、氷河に寝ころんで気温の変動を肌で感じながら、稜線の風や雲の動きを観察して、出発するタイミングを見極めたい。判断をするという楽しみを失いたくない。

クライマー、いや人間は 便利といわれるものを使い、何かしらの能力を失い始めているのかもしれない。 」

『アルピニズムと死』山野井泰史 2014 山と溪谷社

---------------------------------------------

より困難な先鋭的登山を目指し、厳しい登山を突き詰めて実行している 超一流の傑出した登山家だからこそ こうした警鐘がいえ 実行できることなのだろう。

私など このところの山歩きで やたらと電子機器をたくさん持ちたがるのは ただ単に時代に流された平凡な登山者である証拠なのだろう。

正直言って 私には 電子機器を一切持たずに 登山する能力はないが より電子機器依存の傾向を改めていかなくてはとは 常々 思っている。

安易に電子機器に頼らずに行動する。

これが 山歩きを より深く楽しむための 基本中の基本だとおもう。

平成30年 7月豪雨

20180709gouu_sankou-5-10.jpg

西日本一帯を襲った平成30年7月豪雨。

不幸にして亡くなられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に お見舞い申し上げます。日夜 困難な復旧作業に ご尽力されている方々には敬意いたしますとともに、被災地の早急な 復興を ご祈念、申しあげます。

「6月28日以降、梅雨前線が日本付近に停滞し、また29日には台風第7号が南海上に発生・北上して日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、台風第7号や梅雨前線の影響によって大雨となりやすい状況が続いた。このため、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、各地で甚大な被害が発生している。

前線や湿った空気の影響で、6月28日~7月8日(9時)までの総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリ、九州北部地方で900ミリ、近畿地方で600ミリ、中国地方で500ミリを超えるところがあるなど、7 月の月降水量平年値の2~4倍となる大雨となったところがあった。また、九州北部、四国、中国、近畿、東海地方の多くで24、48、72時間降水量の値が観測史上第1位となるなど、これまでの観測記録を更新する大雨となった。」気象庁

■2018年6月28日 0 時~7月8日24時 降雨量

魚梁瀬 1852.5㎜

大栃 1364.5㎜
京上 1045.0㎜

■72時間最大雨量

魚梁瀬 1319.5㎜

大栃 850.5㎜
京上 726.0㎜

間際に迫った 2018年の大型連休。

この時期、標高の高い山は 気温も大きく変動し 冬の続きの山でもあるし、春のさなかの山にもなる、微妙な時期だけに 例年 山岳遭難も多発している。

そのなかでも 特に思い出すのは 62名もの遭難死者がでた53年前の1965年GW連休。

昭和40年 1965年4月29-5月5日

この年のGWは 低気圧通過で荒天、暴風雪。全国で山岳遭難が相次ぎ 死亡62名、重傷12名、軽傷29名、行方不明1名。

-----------------------------------------

このときの貴重な映像が公開されている。
[昭和40年5月] 中日ニュース No.591 1「無暴登山 死者62名を記録」
http://www.chunichieigasha.co.jp/?p=9975
中日映画社


https://youtu.be/6XUPUIPkS1A

株式会社 中日映画社
〒105-0004 東京都港区新橋6-11-8 福森ビル3F
TEL:03-6459-0943(代)FAX:03-6459-0953
http://www.chunichieigasha.co.jp/

中日映画社のWEBサイトには
大きな遭難事故の貴重な映像が公開されている。
1959年 昭和34年10月北ア・八ヶ岳死者十数名
1962年 昭和37年11月連休・中部山岳死者19名
1963年 昭和38年薬師岳13人遭難
1967年 昭和42年正月谷川岳・剱岳など 死者・行方不明52名
1969年 昭和44年正月剱岳大量遭難 遺体6・絶望9・行方不明3名
1972年 昭和47年富士山大量遭難18人死亡・行方不明6名

-----------------------------------------

ところで 昨2017年春の大型連休期間中(4月29日(土)~5月7日(日)の9日間)の山岳遭難は

平成29年4月29日~5月7日
発生件数167件 遭難者数 190人 死者27人 行方不明者2人 負傷者84人
であった。
https://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki/290512GWsanngaku.pdf

53年前の1965年山岳遭難者は若いかたばかり、今は中高年主体。

服装、装備、気象予報精度、交通手段、連絡手段、レスキュー体制も格段に よくなって 隔世の感。

ただ 高山の危険性自体は 今も昔も 変わっていない。

2018年の連休 くれぐれも 安全登山に心がけたいものだ。

「剣山登山道ナビシステム」徳島県スマホアプリ 平成30年3月26日から運用開始

20180327-561.jpg

徳島県は山岳遭難対策で 剣山周辺スマホアプリ「剣山登山道ナビシステム」を運用開始。(2018年3月26日より) by (株)ファルコン

【前提 要注意】

スマホGPSを有効にした状態で
山中では 通信状態が圏外となる場合があるので すべての機能が常時使えるとは限らないので 要注意。

地図など 事前 ダウンロードを推奨。

20180327-562.jpg

■アプリをダウンロード
■地図上 現在地 登山道を表示
■「コンパス」と連動 登山届提出
■天気予報 登山マナー
■緊急 SOSなど発信できる


https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kurashi/shizen/5013768/

■問い合わせ

徳島県西部総合県民局 西部総合県民局保健福祉環境部<美馬> 環境担当
電話番号:0883-53-2060
FAX番号:0883-53-2082
メールアドレス:seibu_hfk_mm@pref.tokushima.jp

20171229-560-09471.jpg

あけましておめでとうございます。

ことしも

謙虚な気持ちで

山の奥深さを 味わいながら

マイペースで

山歩きを楽しもうと思っています。

本年も よろしくおねがいします。


平成三十年元旦 趣深山

富士山御殿場口で押し寄せる登山者を把握。IoTを活用した実証実験。

20170826WS0150.jpg

御殿場口で押し寄せる富士登山者を把握。IoTを活用した実証実験

夏期大勢の登山者でにぎわう富士山。

富士山の御殿場口では
押し寄せる富士登山者を把握しようとして
IoTを活用した実証実験が行われている。

御殿場口登下山道ならびに御殿場口のハイキングコースに、
通過した人数をカウントできるIoTセンサーを合計で5か所設置。

IoTセンサーは定期的に通信を行い、通過した人数をウェブ上で確認。

「富士山登山状況見える化プロジェクト」
http://fuji.kddi.com/ (2017年9月10日まで期間限定)

20170826p_index_03.jpg

LoRaを使って小さな出力、低い電力消費をめざしている。

20170826-480_02.jpg

KDDIのプレスリリース
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/08/10/2630.html


山梨県警の場合

携帯電話が使える 通話エリアで遭難し 

山中で スマートホン(GPS機能付)から110番する場合
遭難時位置情報メール送信システムが使える場合がある。(山梨県警)

http://www.pref.yamanashi.jp/police/p_tiiki/sangaku/sangakusonanshitabaai.html

山梨県警では2016年このシステムでえられた位置情報を元にして救助した事例もある。(櫛形山2016年7月)

20170825WS0135.jpg


20170824WS0136.jpg


愛媛県警でも同じようなシステムがあるが、
チェック項目が少し違う。5点。

遭難時位置情報メール送信システム(110番メール)
http://www.police.pref.ehime.jp/mobile/s/sangaku/sangaku.html

愛媛県警

「次の各項目を確認の上、チェックボックスを押して、下のボタンを押してください。

①必ず、先に110番通報を行ってから、案内にしたがって利用してください。
②木などに覆われていない空が見える場所で使用してください。
(正確にGPSの捕捉が出来ない事があるためです。)
③あらかじめ、GPS機能又は位置情報サービス機能をオンにしてください。
④メモがあれば、手元に用意してください。
⑤携帯電話の機種、設定によっては、正常に作動しない場合があります。

上記5点を確認しました。 」 愛媛県警


いずれの場合も 携帯通話エリアだけで機能する。

山岳地帯では 圏外エリアのほうが多い。

携帯電話の圏外エリアでは 使えないので  やはり 山中では 慎重な行動をとって 安全登山にこころがけたいものだ。

富士山チャレンジ2017

2017fuji-480.jpg


■富士山チャレンジ 2017

夏、大勢の人で賑わう 富士山。
万が一でも 2014年の御嶽のような事になれば 大惨事になる。
8月19日~9月1日までの期間限定で、登山者を守る 防災・減災の民間プロジェクトが行われている。

■ 登山者にビーコンを持参してもらい

登山道途中にとりつけた受信機でリアルタイムでチェックしていく
えられたデータは送信されクラウド サーバ上で処理してリアルタイムで閲覧できるプロジェクト。

夏の富士山は 一般道登山道に沿って山頂まで携帯電話高速回線が整備されているほか、小屋付近WiFiなど通信環境が良好に整備されているので、ほかの山岳地帯によくある「電波圏外」なし。

夏に押し寄せる大勢の登山者は20万人。

わずか14日 たかだか600個では 

まだ まだ これからの段階だが
さらに進化して 防災に役立つよう期待する次第だ。

20190823WS0145.jpg

ビーコン 小さい


---------------------------------------------------

■富士山チャレンジ 2017 概要

実施期間 : 2017 年 8 月 19 日~ 9 月 1 日 (14 日間)
ビーコン配布場所 : (静岡県側)富士宮口、御殿場口、須走口 (山梨県側)吉田口登山道計 4 ルートの 5 合目

モニター協力数: 3,000 名(約 200 名/日)

使用ビーコン数: 600 個

レシーバー設置数: 45 基(27 ヶ所)

ホームページ:
http://www1.to/fujisanchallenge
※実施期間中のみ閲覧可能

富士山チャレンジ 2017 Facebook:
https://www.facebook.com/fujisanchallenge/


---------------------------------------------------
■プロジェクトには建設・通信などの企業や団体が30社参加

参加民間会社のなかで注目は

■日本工営株式会社 経営企画部 コーポレートコミュニケーション室

安心・安全な富士登山を目指し、ICT を活用した登山者の動態データ把握の実証実験により登山者や自治体に有益な情報を提供

■イノテック株式会社 アドバンストプロダクツ本部

ビーコン発信機(防塵防水省電力型)、評価向け受信機を提供

■アクロクエストテクノロジー株式会社

ビーコンから発信されるデータを解析・集計し、登山者の位置状況をリアルタイムに可視化するサービスをTorrentio を利用して提供。

20170819WS0149.jpg

20170823WS0141.jpg

20170823WS0142.jpg

20170823WS0140.jpg

20170823WS0143.jpg

20170823WS0144.jpg

---------------------------------------------------

マスメディアでもとりあげられ 放送された。

「 防災減災 火山 おはよう日本 関東甲信越

"位置把握" で富士登山を安全に」

山梨 2017年8月9日

http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00858.html

---------------------------------------------------

瑞牆山 TREK TRACK

瑞牆山 TREK TRACK

登山者の位置情報検知システムはいろいろなものが開発・試作・運用されているが

瑞牆山で 広告会社博報堂の子会社 株式会社博報堂アイ・スタジオがLoRa 920MHz帯の小電力出力での位置情報システムを2017年8月18日から予約開始。

運用開始といっても とりあへず瑞牆山だけの 一山で Webから予約、郵送で受け取り、ポストへ返却という 無料運用実験。本来一日990円のものを、まずは、無料で底辺を広めていって、次に展開しようとしている。

まずは この動き、990円という値段など、リーズナブルかどうか?この先 どうなることかなどに注目。


TREK TRACK
http://trektrack.jp/


博報堂アイ・スタジオ
http://www.i-studio.co.jp/



「登山者位置検知システム」では 電波の伝播性能がきわめて重要だ。

山中でも伝搬性能の きわめて優秀な150MHz帯の理想的な電波周波数を使うシステムは 現在、富山県立大学や 総務省北陸総合通信局などが 運用実験中。

将来的に「登山者位置検知システム」の本命となるものは やはり伝播性能のよい150MHz帯。

ですが、これについては 下記のように 2017年8月10日付の新聞記事の通りで、あと少しで 実際に運用できる段階まで来ています。


20170810asahi-np
2017年8月10日朝日新聞切り抜き


オーストリアの最高峰グロースグロックナー 、ヘリの事故

https://youtu.be/SBotAIhRid4

オーストリアの最高峰グロースグロックナーGROSSGLOCKNER(3798m)
3454mの山小屋付近でヘリ墜落
高所でのヘリの事故。地上の人もまきこまれず、全員、無事だったのがなによりだ。

山小屋
http://www.erzherzog-johann-huette.at/

Heli Austria,
http://www.heli-austria.at/

ノーマルルート
http://www.bergsteigen.com/hochtour/tirol/glockner-gruppe/grossglockner-normalweg


最近のブログ記事

アイテム

  • 20180709gouu_sankou-5-10.jpg
  • 20180327-562.jpg
  • 20180327-561.jpg
  • 20171229-560-09471.jpg
  • 201707005-480_0666.jpg
  • 20170701-shinohara_0664.jpg
  • 20170620-480_0656.jpg
  • 6-IMG_4613.JPG
  • 3-IMG_4574.JPG
  • 2-IMG_4573.JPG

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2