2006年10月アーカイブ

平成の伊能忠敬


平成の伊能忠敬
http://shumiyama.com/h24/yomoyama/inou2006.html

--------------------------------------------------------------------
「平成の伊能忠敬めざして」 日本経済新聞


「江戸時代の測量家 伊能忠敬は数え年56歳で精度の高い実測の日本地図を作り始めた。それなら自分もと昨年、56歳で測量を始めた-----」

「平成の伊能忠敬めざして」と題しての K氏の寄稿文が 日本経済新聞平成18年10月18日付けにでていた。

会社のリストラにあって早期退職した測量士が、一念発起して、あへて GPSなど使わずに アナログ的手法だけで 日本地図を作ろうと、全国を測量しているという内容であった。

「GPSがあれば一瞬にして事足りる作業だ。だが、私も忠敬と同じように、自分の目で測量し、自分の足で歩き回って地図を作ってみたいと思った。」
第二の人生を豊かに こだわりを持って 自分で地図を作る。

--------------------------------------------------------------------

伊能忠敬、 長久保赤水 、石黒信由

そういえば、
● 伊能忠敬(延享2年[1745]---文政[1818])は50歳で隠居し、56歳で測量、
地図つくりを始め、全国をくまなく歩き、精巧な伊能図を完成させた。

● 長久保赤水 (享保2年[1717]--享和元年[1801])は、52歳で郷士格となり、水戸藩に召し抱えられ、安永8年[1779]63歳で『改正日本輿地路程全図

● 石黒信由 (宝暦10年[1760]--天保7年[1836]) は 享和3年[1803]、い
まの富山県射水市で 伊能忠敬と会い、測量機器を見る。文化2年[1819]から地図作成に従事、「加越能三州郡分略絵図」を作成。

江戸時代、その当時の平均余命は 50歳を切っていただろう。仮に「人生50
年」としても、地図製作に関わった方々は 当時の水準からみて、比較的高齢になって 測量 地図に関わって 大仕事を成し遂げた 偉大な人たちであった。
たとえるなら 人生の「ロスタイム」で 大きな仕事をなしたようなものである。

--------------------------------------------------------------------

当時の測量器械

GPSなど 今日 の デジタルデータ処理のできる測量器械と違い 当時の測量器械は粗末なものでありながら、運搬には とても不便なほど大掛かりであり、それを実際に現地を踏破し、歩測、実測、計測、天測し色々な苦労を重ね、大掛かりな道具を 率いて移動する困難さは、今日の交通機関の発達、車などの機動性が活かせる時代に比べれば どれほどのものであったか想像がつかないほどである。

そうした長年の苦労を重ねて やっと完成させた地図。
文字通り 人生の「ロスタイム」で大きな歴史に残る業績を刻んだのであった。たとえ高齢でも 大きな 目標を持って 地道に努力すれば 歴史に名を残すことができた ということは 今日でもただ驚くばかりである。

--------------------------------------------------------------------

今日では 簡単に容易に手に入れることができる。

一方 現在では、 我々は簡単に 国土地理院のwebサイト 、 地図センター などから 測量成果を閲覧、デジタルデータなども容易く手に入れることができる。欲しいものが何でも すぐ手に入る、贅沢な時代になっているのである。
飽食の時代、豊かな便利さで、苦労しなくても手に入るのになれてしまって、こと地図データについていえば、欲しいものがいつでも どんどん 手にはい
るので 何が欲しいのかさえも分からないような 全く贅沢な環境なのだ。
たとえ 地図のデジタルデータを提供されても 使いこなし 生かし切れる能力がないと何もならないのは当然のことで、 登山用に二万五千地形図を 
もっていっても 磁石の活用 地図の読図力がないのでは 宝の持ち腐れで活かしきれないのである。

--------------------------------------------------------------------

GPSがあれば一瞬にして事足りる作業だが、アナログ手法で

「僕は何も回顧趣味に溺れるわけではない。
近代科学の恩恵にあずかぬことは馬鹿げている。

しかしヴァレリーが、近代の人間の精神的怠慢は科学の発達による、
という意味のことを言っていたことを思い出す。

スピードとイージーが容易く手に入る結果
われわれはもはや苦労して得ようとはしなくなった。

手軽な翻訳本が出てきたために
誰も字引を引き困難して原著に就くものがなくなったようなものである。
精神の滋養となるものはそういう困難の中に存するのだが。」

深田久弥

山道具考

--------------------------------------------------------------------

平成の忠敬を目指すK氏の前向きの気持ち。

満腹感に浸り 何となく 満ち足りたような気持ちでいると、 何か自分で目標を立て 追い求め続けることがない限り 無気力のまま 時間が過ぎてしま
うことにもなる。

世の中 今 戦後の団塊の世代の大量退職時代を迎えつつあり、第二の人生の活かし方 中高年の生き甲斐などが さかんにいわれている。

人生の「ロスタイム」に大きな仕事をなした 江戸時代に比べ 今では平均寿命も延びて 定年後は第二 第三 第四の人生を十分 楽しめるだけの 時間がたっぷりある。

「ロスタイム」とは言えない時間的余裕は十分あるのである。

その間 一点で 同点。
二点で試合は逆転などいくらでもできるチャンスはある。
新聞に出ていた K氏の場合 「リストラ」ということが契機になり、新たなバネが働いて、アナログ手法に こだわった地図作りの目標ができた。歴史に名をはせた 江戸の忠敬を見習い 平成の忠敬を目指すK氏の前向きの
気持ち。気の遠くなるような作業に打ち込む K氏のチャレンジ精神に拍手を送り、敬服する次第だ。

やはり 人生 目標を持って チャレンジ精神を常にもって  前向きに いかなくてはいけないのだろう。

--------------------------------------------------------------------
2006年10月19日 第1版制作
平成の伊能忠敬
--------------------------------------------------------------------

HOME>よもやま話>
http://shumiyama.com/h24/yomoyama/inou2006.html
http://shumiyama.com/h24/

「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2008  趣深山 All Rights Reserved

落合峠の道路

--------------------------------------------------------------------
落合峠の道路
--------------------------------------------------------------------

県道三加茂東祖谷山線の落合峠

--------------------------------------------------------------------

1-20061014-110-640-11.gif

2-20061014-120-640.jpg
部分拡大図

3-20061014-130-640-2.jpg
更に拡大

4-20061014-140-640.jpg
更に もう一段と拡大

5-20061014-150-640.jpg
カシミールでは 最大倍率の16倍。
(平成18年10月14日 トラックログ取得はGarmin GPSmap 60CSx使用)


--------------------------------------------------------------------

徳島県道三加茂東祖谷山線の落合峠から落合へ4km位のところで 国土地理院の地図二万五千分の一では道路の表示が少し かけている。
これは 、まだ道路が 開通前の 測量ということで 道路の進展にあわせて 地図が すぐには改訂されていないだけのことで、 国土地理院地図では よくあることだ。

ただ 昭文社の山と高原地図 「山と高原地図 石鎚・四国剣山 」では この区間 道路を書き込んでいるが、 この区間の道路表示には明らかに誤った記載がある。

この区間 以前から とても気になっていたので、平成18年10月14日 ここを通過して、改めて GPSトラックログで表してみた。

なお 平成18年10月14日 現在 落合峠の南2.2kmの地点で 大規模なのり面の防護工事が行われており、交通規制があります。

徳島県道路防災情報

--------------------------------------------------------------------
落合峠

この道路が 開通する以前の落合峠は 秋のススキなどの時期訪れると 本当に趣のある 良い峠であった。
登山者の立場では 三加茂から延々と歩いても 、不便さを楽しむので苦にならないが、苦労して やっと訪れた この峠で祖谷の谷を眺めると、改めて 大きく感動することができた。

本当に この山域を代表する いい峠だった。

登山者は 矢筈山 烏帽子山などはこの峠の道路開通で 簡単に登れるようになってしまったが、簡単に登ると 感動が薄くなるのは 登山者の贅沢ということかもしれない。

というのも 何年か前に  深淵の高齢の方に 昔の通学で 夜間 峠越えの苦労話など聞いたが、ここで生活するしている祖谷の方々、ことに 深淵などの方々は この旧道を越え 生活 通学していたのだが この峠の道路が出来て 随分便利になったことだろう。

ただ 便利になったのとは反対に  このところ毎年のように 人家の灯りが少なくなり 廃屋が目立ってきている。

平成18年10月14日 夕刻 深淵を通ると 以前灯りがついていた 家も閉まってしまっていて、残る灯りは ほんの僅かだった。


6-2006-10-14-17-04-otiaikoya_.jpg
落合峠避難小屋

7-2006-10-14-17-05-otiaipass_.jpg
落合峠 1520m

8-2006-10-14-17-28-mibuti_260.jpg
深淵 旧小学校

今は 公民館。


GoogleEarthとカシミール
徳島県道三加茂東祖谷山線 は祖谷への峠越えコースだ。

東みよし町三加茂から桟敷峠、深淵 、落合峠を経て祖谷へ至る道だが、途中 峠越えなどで、 山の中ばかりクネクネと通り、車の走行にはとても時間がかかる。

が、その反面 四季それぞれの 素晴らしい自然を満喫できる 祖谷への通り道だ。 

ただし 冬場は 落合峠付近が除雪対象外となっていて 冬季閉鎖となり、車では冬季通行不能の厳しいところである。

この区間の GPSトラックログを GoogleEarth と カシミールのカシバードで表示させてみた。


9-20061014geotiai_1-480.jpg

 GoogleEarth 

 GoogleEarth を使える状態にしてから

 GoogleEarth GPSトラックログ
をクリック
10-20061014-kash-otiai2.jpg
 カシミールのカシバード

徳島道路通行規制情報GoogleMaps API版 

--------------------------------------------------------------------
2006年10月17日 第1版制作
2006年10月25日 更新
--------------------------------------------------------------------
「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2008
HOME>よもやま話> 落合峠の道路

http://shumiyama.com/h24/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2008  趣深山 All Rights Reserved

このアーカイブについて

このページには、2006年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年9月です。

次のアーカイブは2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2