2011年1月アーカイブ

大雪、敗退の 2011年1月16日

敗退して改めて 雪山の難さの 第一は まずアプローチにあるのが再認識できた。

ふだん 自動車で 標高の高いところにある 上の登山口まで 自動車で 一気に 登ってしまう 便利さに慣れきって しまっていると、 人間 どうしても 楽なほうに流れてしまう。

思いおこすと その昔の山歩きでは 久保から 標高差1200m以上を 当然のように 何度も 登っていた天狗塚(1812)。

それが いつの間に 西山林道が延びて 林道を使って 上の登山口から登ることになってしまい、標高差は半分、久保から西山林道までの旧 登山道は すたれた。

いまでは わざわざ苦労して下から旧道の登山道を登ることなどなくなってしまった。

だが 大雪で 除雪がないと 下の登山口から林道を歩くか 下から旧登山道歩くか。

1月16日の状態だと どちらをとっても それ相応に ラッセルがあり、 それなら距離の短いほうがいいだろうというので旧道を 選択をした。

要は 昔 ここから登っていた時代に戻っただけのこと。
山に登るには これしかないという 昔に戻っただけのこと。

みわたせば、冬場も 賑わうのも除雪の行き届いたアプローチの とても楽な一部の山だ。

本来の アプローチの長い雪山コースは だいたい敬遠される。

こうしたアプローチの困難さを 腰をすえて 克服するところに雪山のよさがあるのだが、敗退して 結果的に このことが実感できたのも1月16日の山だった。

やはり 昔の人のほうが よくあるいた


「乗合自動車は、たいてい稲核までしか行かない」
加藤文太郎

天狗塚(1812) 敗退

 雪

【記録】
久保 駐車地点 6:14 - 久保登山口 6:39 -西山林道登山口 8:23 -- 1476P (9:46-10:13)--天狗峠手前 標高1725m 12:57 ここで敗退 --1476P (14:00-14:18)-- 西山林道登山口14:49--- 久保 駐車地点 16:06

Blog

平成23年1月16日

六分の勝ち

 

三嶺 西熊山間 積雪 定点地観測 地点 

 2011年1月8日撮影

------------------------------


■冬山は、積雪の状態で千変万化。


雪山では 雪が多いから時間がかかるのは当然だが、かりに雪が少なくても 雪質 潜り方 支持される層などの有無、天候など さまざまな要素が絡んで 時間が飛び去るように たちまち過ぎていく。

まあ トレースがあれば 楽だが 雪山の楽しみの大部分は トレースのない状態の山を登ることによって えられる場合が多い。

楽しみの多い トレースのない雪山のコースは、無雪期のコースタイムと違って 積雪で所用時間が 読みにくく 不確定要素も 多くなり この先の行動時間の予定が難しい。

しかも 日の短い 冬場。

日没までの限られた時間までに どう安全に配慮して 行動時間を配分するか。


------------------------------

西熊山 お亀岩間  積雪 定点地観測 地点 2011年1月8日撮影

------------------------------

■ 2011年1月8日

 三嶺山頂へ 到達した時間も 少し遅かったし、 三嶺山頂から西熊山まで 夏タイムのちょうど倍。2時間かかった。

 西熊山 山頂で この先の 時間配分の判断を迫られた。

多少のリスクあっても、やはり天狗塚へ向かうべきか、それとも 確実に ひのあるうちに 林道へ降りてしまうか。

------------------------------


■ここでの判断は 戦国武将、武田信玄 の言をおもいおこす。

「勝負の事、十分を六分七分の勝は十分の勝なり。子細は八分の勝はあやふし。九分十分の勝は、味方大負の下地なり」

「六分で勝つ」 というのは 戦い抜いた 百戦錬磨の 戦国武将の極意。

古来の戦国武将は長年の経験則として 六分の勝が一番、10の勝ちは 反感や 慢心、有頂天、うぬぼれ、舞いあがり につながるというのは、まさに山でも そのとおり。

山におきかえて ちょっと 安全策というか 「年」をとったような 無難な ところを 選択するのが 結果的に ちょうどいい。

------------------------------

■ 当初予定の 天狗塚 牛の背まで 完全縦走できなくて すこし 不満をのこすこと。 そうした 一寸 不満が次の山行のモチベーションのために 一番 ためになるのは確か。

雪山に限らず 春夏秋冬 いつも山では「六で勝つ」精神が大切。

十分の勝ちなどは 侮りにつながり痛いしっぺ返しを受けるだけ。

「九分十分の勝は、味方大負の下地なり」。

何事も あせらず 慌てず あなどらず 着実に歩むことが大事。

 ちょっと 不満で また山へ いつも再チャレンジにつながるのです。

------------------------------ 

 

2011年1月8日 趣深山ブログ

平成23年1月8日

趣深山Jimdo

西熊山 山頂で この先の 時間配分の判断を迫られた。(Blog)

真実を見極める 判断能力

-----------------------------------


■真実を見極める 判断能力「メディアリテラシー」

秘密文書? 意図的リーク?

2010年「ウィキリークス」で 極秘の外交公文書などが公開されたとされている。

-----------------------------------

■だが おかしいぞ!

漏れた公電は本物かもしれないが  その公電は意図的リークとして 惑わす相手にターゲットをあわせて 偽情報として 都合よく 出されているかもしれない。

情報の性質上 ことの真実は そう簡単に判断できない。

-----------------------------------

■情報公開制度のある国では いずれ外交文書は 何十年後には 公開されるようになっているが これも すべてが 公開されるとは限らない。

-----------------------------------

■考えてみれば 過去  諜報情報戦にたけた CIAをはじめ諜報機関の本当の丸秘事項が そんなに いとも簡単に漏れたことはあっただろうか?

-----------------------------------

■今度の「リーク」についても 事前に新聞社などに 情報を漏らし 新聞社で加工された情報が出回っていること ある新聞社は 政府機関に事前検閲として情報を流していたとか いろいろな 枝葉情報がついてきている。

http://ukmedia.exblog.jp/15536536/

-----------------------------------

■ もしかして 情報謀略戦術の高度な策謀という可能性もありうる。

一見 平和そうに思えていても デマ情報 故意のリーク 世論誘導の意図的なリークなど いまや  世界の情報戦争は  とても 激しい駆け引きが 水面下 および水面上で おこなわれている。

-----------------------------------

■大げさにいえば 平和の世にあっても 情報戦は つねに臨戦状態 。

拳闘の試合 する前に リング内外で 選手がジャブをだしあって 相手を牽制し威嚇しあっている状態が世界のごくあたりまえの常識なのか。

-----------------------------------

■その際 使う手段方法 も相手方 一般的水準より 常に一歩も二歩も進んでいる諜報機関が情報戦を征する。

世界は そうした 情報戦争の渦中にあるだけのことか?

平和ぼけ して 情報を鵜呑みにするのは 世界の非常識なのだろう。

-----------------------------------

■こうしてみれば 今度の「ウィキリークス」騒動も  とくに冷静な対応と判断が必要。

で、まずは メディアとしての役割をはたすインターネット情報、ユーチューブ、ユーストリームなど とかく 多様な情報ものが大量に 沢山 でてきているだけのこと。

とまず大局的な理解をすることが大切となる。

-----------------------------------

■だからこそ ちょとしたことで 一喜一憂し 地に足の着かない ように 浮き足立つことなく 何事にも まず じっくり冷静な対応が どんな場合でも必要だ。

-----------------------------------

■この一件に限らず 現代では インターネット上にあらわれる 情報は勿論、既存メジャーメディアの 新聞 放送などもふくめて 「メディアリテラシー」という、本当の 真実 物事の本質的な部分を 見極める 判断能力が試されている時代であることは 間違いない。

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2