2011年2月アーカイブ

36年前の 冬の石鎚

冬の石鎚で思い出に残るのは

昭和50年2月9日 高瀑渓谷からの 石鎚山 日帰り。

今考えても よく 歩いたなと思う。

古い山日記を ひもといて みる。

 

36年前の 冬の石鎚の登山記録



------------------------------------ 石鎚山(1982) 高瀑渓より往復 -------------------------------


【日時】昭和50年 1975年2月9日

 【天候】 晴れ

 【コース】 石鎚山 高瀑渓より 

 【同行者】なし 単独

 【記録】

前夜 トンネルの先の飯場跡まで車で入る。

7:30出発---11:00稜線 ---13:00弥山頂上---14:00稜線 下降点---16:30到着

高瀑渓からのルートは トレースなし。 この時の高瀑は ほぼ結氷していたが わずかに水流も。

高瀑の捲道が悪かった。

弥山から天狗岳へも往復。

山頂付近はロープウェイ利用の登山者がたくさんいた。

-------------------------------------

【参照】

■気象庁 剣山山頂測候所のデータによると1975年の剣山の積雪は

1975年1月22日 73cm 1975年2月23日 127cm

http://shumiyama.com/h24/kisho/turugisan-1971-1980.html

http://shumiyama.com/h24/kisho/turugisan-kisho.html

1975年 石鎚山の気象観測データは ないが、剣山の気象データから勘案すれば この年、特に少ない積雪量でもなかったようだ。

■ロープウェイ は昭和43年 1968年8月運行開始 ■石鎚スカイライン土小屋は昭和45年 1970年開設

-------------------------------------

はじめての石鎚

-------------------------------------
【はじめての石鎚】
------------------------------------

石鎚山。 はじめての登頂は昭和39年夏。


ロープウェイ 石鎚スカイライン 瓶が森林道など ない時代。

東之川から 瓶が森に登り 幕営2泊で 石鎚まで縦走し 面河に下山。


面河から 未舗装の山道を砂埃を あげるバスに揺られ


峠を越え、道後平野に降り しばらくして やっと舗装道路。


松山駅で汽車を待つ間に 駅前の食堂で満腹。

今 考えても 若い頃は 元気で よく歩いたなと つくづく感心。


-------------------------------------

新燃岳 噴火! GPSが大活躍。

霧島山周辺のGPS連続観測など
常時 精緻なデータを送信。

kiri000058-480.jpg

kiri000064-480.jpg

kiri000063-480.gif

kiri000059-480.gif

kiri000061-480.jpg

以上 気象庁 WEBサイトから引用

kiri000066-480.gif
防災科学技術研究所 WEBサイトから引用

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2