2011年3月アーカイブ

M8.8

M8.8

なんという 巨大なパワー。

 

またたくまに 押し寄せてきた 大津波。

 

自然の 凄さに もう 完全に 言葉を失う。

 

地震 で行方のわからない方々のご無事をお祈りします。 不幸にして 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、 被災された方々に 心より お見舞い申し上げます。

 

 

その後 マグニチュードM8.8を、M9.0に上方修正 平成 23 年(2011 年)東北地方太平洋沖地震

DPRI防災研究所『平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 災害調査活動』

 

平成23年3月5日撮影 樹林帯を抜ける。

 

牛の背の遭難に思う

平成23年3月5日牛の背 三嶺の縦走。

この山域で平成23年3月6-7日にかけて道迷い遭難があった。

率直に いって ともかく 全員無事で何よりでした。

とかく遭難事故を 当事者でないものが 一部の断片的情報だけで 単純に判断し 後出しジャンケンのように あれこれと遭難者を批判・非難したりするのは 私は好きではない。

ただ 私の 牛の背の過去の体験 からいえるのは、3月5日現在 牛の背(三角点) の登頂回数は286回

うち 積雪期 風雪の 牛の背で 迷いに迷って彷徨したのも多数。

こうした苦労した中で ことに数メートル以下になり 極端な低視程状態で 全く 一寸先 足元 天地の見極めすら つかない いわゆる全くのホワイトアウト状態も何度も経験。

GPSを所持する きっかけになったのもこの 牛の背のホワイトアウトで苦労したのが原因。

200回以上の 多数の経験あれば 少々の低視程では大丈夫 と思っていても やはり 低視程の状況によっては 方向感覚が狂い地形判断ができなくなりハットすることが いまでも多々ある。

風雪のもと 刻々と変化する変幻自在な積雪状況では 無雪期の地形が全く変わっていて、あらゆる変化のケースを人間が読み切ることなど とてもできない。

地図磁石をもとに 五感すべて集中させても 白一色 足元だけの 雪の付き方 僅かな地形の傾き 地形の方向 風向き 風紋などの限られたインプット情報のみでは 読図・地形判断を誤るのだ。

所詮 人間の200や300回程度の経験では 自然のほうがはるかに変幻自在で 上手をいく。

やはり 低視程は 本当に 恐ろしい。

明日は我が身。

今回の遭難騒ぎを 他山の石として、山の危険を再認識して、自分の今後の山行の戒めとしていきたい。

 

低視程の牛の背

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2