わからないことがいっぱい。常に想定外を想定する

■ 常に想定外を想定する

■ 「想定」とは

「ある一定の状況や条件を仮に想い描くこと」 広辞苑

■ 「想定外」とは

まだ何もわからない 人間の無力さをあらわしているのだろう。


「今回の番組で、私がもっとも大切にしたいのは「私たちはまだまだ地球のことをわかっていない」ということです。地球の持つ謎やメカニズムの不思議さを通して畏れや、備える気持ちを持っていただければうれしいです。」

『MEGAQUAKE 巨大地震』NHKスペシャル 2010年3月8日 発行 主婦と生活社

 


 

金森博雄 氏(カリフォルニア工科大学名誉教授)

『しかし 地震学はたかだか100年足らずのデータしかない若い学問であり、1000年単位で考えれば起きないと考えられていたところでも起きるかもしれない。----- 「金森氏は「過去の地震を調べることも大切だが、地震は常に想定外に起こるものだと考えて備えるしかない」と語った。』

『MEGAQUAKE 巨大地震』NHKスペシャル 2010年3月8日 発行 主婦と生活社


 

■ 2011年4月13日「東北大学による東日本大震災1ヶ月緊急報告会」

わからないことがいっぱい。

まだ何もわからない。

「想定宮城県沖地震」

いったい想定とは?

http://www.dcrc.tohoku.ac.jp/index.html 東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会資料

2011年東北地方太平洋沖地震(M9.0)について これまでにわかったこと、まだわからないこと [資料] [動画]


 

■ 2011年4月13日「東北大学による東日本大震災1ヶ月緊急報告会」

今村文彦・越村俊一・今井健太郎・菅原大助,大津波の実態調査と教訓の整理に向けて 

--------------------------------------- ■ 「想定外」という言葉

● 自然科学により,予想・評価できる事象 ● 防災対策として想定(対応)するレベル ● 想定する対象に対して,多重の備え ● 想定外の事象に対して? ● 起きる可能性のあることは,いつか起こる.す べて対応する? ● 万が一に備える.どのように?(思考停止しな い) ---------------------------------------

■東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会 2011.4.13 トラストシティ カンファレンス・仙台5Fにて,

■9.今村文彦・越村俊一・今井健太郎・菅原大助,大津波の実態調査と教訓の整理に向けて [資料] [動画] ■今村教授 動画

http://www.youtube.com/watch?v=EN3mZFLVcN8 http://sites.google.com/site/tohokuunivdcrc/home/event


■ 2011年4月11日 JSCE-Conference

  ■東北大学 今村教授 動画 その一

http://www.youtube.com/watch?v=BqqDVwF4j-I

講演中 うまく 動かなかった 津波シュミレーションは http://www.youtube.com/watch?v=H9edSMm09Xg

  ■東北大学 今村教授 動画 その二 http://www.youtube.com/watch?v=8jE_ztBIuTI

17.大津波の実態調査と教訓の整理に向けて:今村(東北大) (PDF/17.5MB) http://committees.jsce.or.jp/report/system/files/17_imamura.pdf

   ■東北大学 今村教授 動画        被災地からの報告

http://www.youtube.com/watch?v=8-0hd0imFM8


   ■東北大学 今村教授 動画   (2006年8月2日講演)   地球規模大災害と国際協力 ?インド洋津波から見えるもの?    http://www.youtube.com/watch?v=UCrLXh0HosA

このブログ記事について

このページは、趣深山が2011年4月28日 07:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そのほとんどは長い間には跡形もなく消えてしまう」です。

次のブログ記事は「西条市 西之川 加茂川上流域 古道探索」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2