重荷、軽荷の縦走路 2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)



http://youtu.be/-QExUG9iVj0


2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)

重荷の方と 軽荷の方とが 行きかう 縦走路。

なにも 軽荷で「速い」 だけが よいわけではない。

じっくり スローペースで 山を楽しむのもいい。

そもそも 人 それぞれ、さまざまな山歩き流儀がある。

 みな 各々のスタイルで それぞれの安全圏内で山に親しむことができる。

あれこれ 他人のスタイルに とやかくいうつもりもない。

が 重荷を背負うと 体力を消耗する。
重荷を楽しむには それ相応の体力をつけておくことは最低限必要なことは 確かだ。

20141123-480-5010.jpg

---------------------------------------------------------------------

「 ザックを軽く正しく

ザックが重いと気持ちがそがれる
教科書どおりに(本書も含めて)パッキングして
 巷でよくいわれる 「10の必需品」をいつもいつも担いでいたら、
とうてい速く登れるわけがない。

この「10」は、説く人によって常に変化するのである。
実際のところ、登攀に欠かせない物は3つしかない。アイスアックスとクランポン、それにテクニックだ。」

ジェフ・ロウ著 手塚 勲訳「アイスワールド」1998年 山と溪谷社

---------------------------------------------------------------------

「誰であろうと 山へ登るのにルックザックを担いで行かない人はあるまい。
しかしその中味は これは人によっていろいろである。
ルックザックの内容をしらべることによって その人の山の経験、趣味、偏向等がわかるだろう。
更にその人の山に対する 見識 品性にいたるまで 察せられるかもしれない」
     深田久弥
---------------------------------------------------------------------

軽量化
----------------------------------------------------------------------
2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2014/11/261123-1955-1930-1683-1740-1893.html

--------------------------------------------------------------------
ヤマレコ 2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-551669.html

----------------------------------------------------------------------
趣深山BLOG
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/271b895bae7ebcaecb0137cb5ba08a7d
----------------------------------------------------------------------

このブログ記事について

このページは、趣深山が2014年11月28日 07:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美しい山容と裏腹に「いつ何が起こるか 本当に わからない」 という火山 本来の潜在的危険性と隣合わせ」です。

次のブログ記事は「「ヤマメモ」試運転中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2