2016年4月アーカイブ

20160430_2886.jpg

『「アルプ」の時代』 山口耀久 著 初版 2013年10月15日 山と溪谷社

-------------------------------------------
「日本各地にひろがった、こうしたすざましい山地の乱開発は、登山者の心にも変化をおよぼさずにはいなかった。それがどう変わったかは、ひと口に言うのはむずかしい。

しかし 登山とは ほんらい自然そのものの中に分け入る行為であり、したがって反文明的な要素をふくむものだとすれば、機械の便益にたよることは登山から本質的な重要部分が失われるのを避けれない。登山のもつ精神性の希薄化をまねくともいえようか。」『「アルプ」の時代』山口耀久 著 307ページ
-------------------------------------------
『「アルプ」の時代』 山口耀久 著
昭和58年(1983年)300号をもって 終刊した 月刊誌「アルプ」(1958-1983)。
「アルプ」は ほかの商業誌とは 全く ちがう 独特の風格を備えていた。

それは 今思えば 高い精神性の登山を志した そうそうたる 執筆者陣の顔ぶれ から 醸し出す 雰囲気から えられたものだったといえる。

この アルプの時代 (1958年-1983年) 山を登りだして どんどん 山の面白さにとりつかれ のめりこんでいった 私のような世代は、 多くの「アルプ」執筆者の方々の 数々の 文章を つうじて こうした 登山のもつ精神性を 感じることができた。

山のぼり にとって アルプの時代とは ほんとうに 幸せな 時代だった。

------------------------------------------
「深田さんはあまり人の行かない静かな山が好きだった」『「アルプ」の時代』 山口耀久 著 185ページ
------------------------------------------

いま みわたせば なにか 本来の登山の 方向とはちがう 傾向がやたら 目につく。

相変わらずつづく 著名山ブームなど 本来の 深田久弥 氏の意図とは ちがい、商業主義に踊らされている面が大きい のではないのだろうか?

スタンプラリーで 次から次と ただ山頂だけを目指して あわただしく  登ってしまうと 山中で えられる 感動が より少なくなってしまうのではないだろうか。

それより じっくり 腰を落ち着けて、山に向かうほうが はるかに 多くのものが見えてくると おもうのだが。。。

 いい山の 本の書き手が すくなくなった。

現今 本が出ない 本が売れない など 書籍 出版社 雑誌 業界の縮小がつづき、山の雑誌では、『山と溪谷』『岳人』も 経営が変わった。

「アルプの時代」からみれば
 まさに「登山のもつ精神性が希薄化」しているのを感じざるをえない。

------------------------------------------
「「アルプ」は創刊以来 変わらぬ "山との心の対話"の姿勢を保ちつづけたことになる。」『「アルプ」の時代』 山口耀久 著 310ページ
------------------------------------------

20160409-234206.jpg

「 JJ5MDM-5 」  携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用


2016年4月 スマホアプリ「APRSdroid」使用の APRSで 「乗り鉄」ざんまいして APRSの実力のほどを しっかり確認することができました。

時速200-285kmの超高速で突っ走る新幹線車両。

その車内で 使ったのは ふつうの8インチタブレットとWiFiルーター。

機器のスイッチをオンして スマホアプリを動作させ 窓際に 置いただけで、
しっかりGPS衛星を捕捉して 現在位置をリアルタイムにグーグルマップ上に伝達して 一般公開できました。

超高速移動中の 長大トンネルの連続でも すぐ自動復帰 きわめて 有効なシステムであることを 実証することができました。


電源コンセントがあるので 助かります。


東京駅でぜひとも 見ておかなければならないのは これ
愛媛県 ご出身の 十河信二 元総裁の 記念碑 「一花開天下春」


東京から 2時間半。こちらは 通路側 にも 各席コンセントあり。 

アマ無線 ハンディー機で
アマチュア無線電波 使用の「 JJ5MDM-7 」も 
このところ 山行のたびに 大活躍してくれています。

APRSは 登山者の山中での現在位置や 地上側で 常時 パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

また 乗り物で移動中でも 現在位置 経路などを 自分自身や ほかの人が 知ることができます。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。


こうしたアマチュア無線位置情報システムAPRSは、多くのアマチュア無線家の皆様のネットワークで運用されており、いつも しっかり使わせていただきまして お世話になり 感謝いたします。ありがとうございました。

http://ja.aprs.fi/

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2