『生死を分ける、山の遭難回避術』羽根田 治 著

20170620-480_0656.jpg


『生死を分ける、山の遭難回避術』
「実例に学ぶリスク対策の基礎知識」

羽根田 治 著 誠文堂新光社 2017年4月13日


著者は 永年にわたり 遭難本を多数 執筆してきているが、この本では 初心者・経験者むけに 30の遭難実例をあげて、それから えられる貴重な教訓を適確にわかりやすく記述している。

「一般的に、山での遭難事故は、技術・知識・経験が不充分な初心者に多いようなイメージがあります。しかし必ずしもそうとは言いきれません。」

「逆に技術・知識・経験があるぶん、過信や油断、慢心を招きやすくなり、それが大きなミスへとつながってしまいます。」

登山歴ウン十年の自信過剰。体力過信。油断。天狗になる などなど、 多くの経験者にとっては 耳が痛いところである。

が まさにその通り、多くの 中高年登山者はまさしく加齢にともなって 体力低下はまぬがれないし、さらに 加齢に伴う、知ったつもりの はやとちり、思い込み、などの間違いに気づかない 傲慢さばかり増加するのものだ。

本書は「常に謙虚さをもって山に向かうことが大切」という 山に向かう基本姿勢を教えてくれる 一冊だ。

このブログ記事について

このページは、趣深山が2017年6月20日 19:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山岳遭難者の救助に向けた技術開発と今後の展望についてのセミナー」です。

次のブログ記事は「ヘリコプター 事故 一覧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2