航空救難団-人命救助の最後の砦

航空救難団-人命救助の最後の砦

「航空救難団」。

航空自衛隊「航空救難団」の任務は緊急脱出したパイロ-ットを捜索し、救出すること。

ときには消防、警察、海上保安庁では救助できない過酷な条件の時、要請が入ることもある。

「人命救助の最後の砦」と言われる彼-らのモットーは「他を生かすために」。

航空自衛隊浜松広報館の全天周シアター
『救難活動「最後の砦」That Others May Live』予告編。

https://youtu.be/2j59j0TFAv8


「救難隊という名の精鋭 1 固定翼操縦士(パイロット)」
https://youtu.be/4effb9YvLgg

「救難隊という名の精鋭 2 機上無線員(ラジオ・オペレーター)」
https://youtu.be/KOFilfkRCk8


「救難隊という名の精鋭 3 機上整備員(フライト・エンジニア)」
https://youtu.be/IUUwX32CN8k

他国の救難隊の実戦での活躍ぶりは 全く軍事秘密のベールに包まれているが、きわめて高度なレスキューが実際に行われているようだ。

実戦のヘリレスキューは民生用のヘリと桁違いに困難な条件のもとで行われていて、ベイルアウトしたパイロットの正確な位置情報を秘密裏にピンポイントで把握。

高度に訓練され特殊救難ヘリは 暗視装置、暗視ゴーグルを使用し、夜間 まったく灯りをつけず、秘密裏に ピンポイントで パイロットや人質の位置を探索し把握、 全く 明かりのない深夜の暗闇のなかで 交戦地帯とか、敵地奥深く侵入して、友軍のパイロット・人質を救出して 無事、生還、帰投している。


https://youtu.be/hUTNT6jk1DM

https://youtu.be/b0YY1lRpY6I
https://youtu.be/vBUDioN02TU

このブログ記事について

このページは、趣深山が2017年7月12日 21:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「捜索救助ヘリの活躍」です。

次のブログ記事は「オーストリアの最高峰グロースグロックナー 、ヘリの事故」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2