ヘリレスキューは厳しい条件のもとでおこなわれる

201707005-480_0666.jpg
台風接近で船が座礁して、遭難。海難事故の救助は、とても厳しい海象気象条件下で行われる。

厳しい条件下でもレスキューできるのは、日頃、訓練で鍛えた心。技。体力。チームワーク。

困難な救出劇を成功させてきた空の伝説、ヘリパイロットは「訓練のための訓練をするな、訓練で失敗すれば、成功へのヒントが埋もれている」とつねに限界を決めず 厳しい訓練を行う。

実際、その後、日本海で訓練中事故に。

どんな条件でも簡単にピックアップしてくれるものでなく、ヘリレスキューで救助できるのは、大変厳しい訓練をへてやっとできることなのだ。

https://youtu.be/NeR5UeyNnZE

このブログ記事について

このページは、趣深山が2017年7月10日 20:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘリのドア、椅子外し ロングラインでの救出活動」です。

次のブログ記事は「捜索救助ヘリの活躍」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2