平成30年 7月豪雨

20180709gouu_sankou-5-10.jpg

西日本一帯を襲った平成30年7月豪雨。

不幸にして亡くなられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に お見舞い申し上げます。日夜 困難な復旧作業に ご尽力されている方々には敬意いたしますとともに、被災地の早急な 復興を ご祈念、申しあげます。

「6月28日以降、梅雨前線が日本付近に停滞し、また29日には台風第7号が南海上に発生・北上して日本付近に暖かく非常に湿った空気が供給され続け、台風第7号や梅雨前線の影響によって大雨となりやすい状況が続いた。このため、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨となり、各地で甚大な被害が発生している。

前線や湿った空気の影響で、6月28日~7月8日(9時)までの総降水量が四国地方で1800ミリ、東海地方で1200ミリ、九州北部地方で900ミリ、近畿地方で600ミリ、中国地方で500ミリを超えるところがあるなど、7 月の月降水量平年値の2~4倍となる大雨となったところがあった。また、九州北部、四国、中国、近畿、東海地方の多くで24、48、72時間降水量の値が観測史上第1位となるなど、これまでの観測記録を更新する大雨となった。」気象庁

■2018年6月28日 0 時~7月8日24時 降雨量

魚梁瀬 1852.5㎜

大栃 1364.5㎜
京上 1045.0㎜

■72時間最大雨量

魚梁瀬 1319.5㎜

大栃 850.5㎜
京上 726.0㎜

このブログ記事について

このページは、趣深山が2018年7月12日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「62名もの遭難死者がでた53年前の1965年GW連休。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2