お亀岩避難小屋 薪ストーブ ヨツールF400

お亀岩避難小屋で 新調された 薪ストーブ

【北欧ノルウェーのヨツールF400】

高知県 が所管する 「お亀岩避難小屋」で 今般 薪ストーブが 新調されました。

立派な 北欧ノルウェー製 の ヨツールF400。

本体価格に加えて 重量170kgを 高所へ運搬し据付する 費用 など さぞ 高く ついたことと 思います。

それにも かかわらず 小屋を所管する 高知県さま が 今回  思い切って 薪ストーブを 新調していただきまして、誠に ありがとうございました。

今後は 丁寧に 取り扱い すえ永く 使えるようにしたいですね。

https://jotul.co.jp/products/f400.html

------------------------------------------
【お亀岩避難小屋の改修工事 工期延長】
------------------------------------------

2020年8月から始まった お亀岩避難小屋の改修工事が 柱・梁の腐食が見つかったため 2021年春まで 工期延長になり 立入禁止が 継続延長となりました。

一応 改修工事完了の 2021年春以降の 小屋 ストーブ使用のこととして 考えてください。

------------------------------------------
【薪ストーブは着火から燃焼状態から 燃焼終了まで とても 時間がかかります】
------------------------------------------

■ストーブ上部にある温度計で 200-320度が適温とされていますが、

冷えた状態から 着火、定常状態の 燃焼、本焚、200-320度の定常温度継続、やがて 自然鎮火まで 薪ストーブの 取扱い 一連は とても
所要時間が かかります。

■登山用携帯コンロのように すぐ点けて燃焼 炊事に使用し 簡単に 消すということが できませんので、山の ちょっとした 小休止などで 休んだ際
薪ストーブを 着火から燃焼に暖房 炊事などに 使おうと思っても 登山用携帯コンロのように そう簡単 にはいきません。

■また 「火」は 火災予防の観点から 点けて 消すまで 基本的に 目を離すことなど できません。

薪ストーブを 取り扱いするには 実に 多くの時間がかかるのです。

■じっくり時間が ないと 急いで 炉内へ 水をかけて消火など ひび割れを招くので 問題外です。

水かけは 絶対 やってはいけません。

自然燃焼で すべて 燃えて 自然鎮火が原則です。

■薪ストーブの使用には とても 時間が かかる ことを ご承知のうえで 安全に使いましょう。

------------------------------------------
【人と火】
------------------------------------------

■ながい 人類の歴史を ひもとくと 人は 「火を使う」ことで 実に多くの ことができるようになり 人の文明も 発展しました。

■漆黒の 暗闇の中で ちいさな ローソク 一本ついただけ でも 大変 明るく感じ とても 心強く 勇気づけられる ものです。

■人は ときには、火災 火傷などで 痛い目にあう こともありましたが、火は 上手につかえば とても ありがたい ものなのです。

------------------------------------------
■薪ストーブの よさを 結論的に 要約すれば
------------------------------------------

■結論
【ゆらゆらと 燃えあがる 炎を ながめながら 時間など気にせず 外界の喧騒を忘れて 薪ストーブと ともに ゆったりと 心静かに 時を過ごすことができます。】

ということで、

■悠久の 自然のなかで 外界の喧騒を忘れて 薪ストーブと ともに 心静かに ゆったりとした ときを 過ごす 贅沢さを味わうことができるのです。

■ あわただしく 山に入り あわただしい ままに 下山するのではなく、山中で まったりと した 時間を 過ごす には 薪ストーブは とても
有効な ツールだと思います。

------------------------------------------
■その昔 山登りを はじめたころ
------------------------------------------

■ 夕刻になると 山里のアチラコチラで 煙が立ち上り かまど や 風呂焚き など 山里の生活 がよくわかりました。

山里の家の周囲には うず高く積もれた 薪。薪割り など。

今思えば 実に 山里らしい 光景でしたが。。。

■やがて 山里でも プロパンガスボンベ などを 散見するようになって、 夕刻 山里集落で 煙が上がる 情景は そのうちに 見られなくなってしまいました。

------------------------------------------
登山用携帯コンロ
------------------------------------------

■そういえば

山に登り始めたころは 登山用コンロなど使わない時代で 焚火で 米たき 炊事 暖房を おこなっていて、登山道具には 渋団扇など持っていたりしました。

なかなか燃えずに 煙が目にしむる 経験などは 多々でした。

■山村のエネルギー革命とともに 登山者も その後 多く場所で 焚火禁止になり いま 通常は 登山用携帯コンロ使用が 主流になりました。

スベア、オプチマス、プリムス、ホエーブス、マナスル などの液体燃料のストーブは 便利な ガスコンロの普及で 今は もう
使わなくなってしまいましたが、いまでも 石油・ガソリンのコンロ 8台は コレクションとして 手元に のこっています。(ガスは多数)

液体燃料コンロで 唯一 いまでも 出番がありそうなのは 比較的新しい MSR社のコンロぐらいです。

■いまでは キャンプ場でも 指定されたところ以外の 地面への 直火は 禁止されています。

いま 振りかえれば あの当時、山で 焚火できるという 実に 贅沢な 時間を 過ごして いたんだなと つくづく 思う次第です。

■単に 暖房・炊事だけでなく 火のもつ ぬくもり よさを 堂々と 味わえるのは いまでは 薪ストーブ くらいなのかもしれません。

------------------------------------------
薪ストーブ は 薪の良質さと メンテナンスが大事
------------------------------------------

薪ストーブは 乾燥した良質の薪を くべることが 一番です。

生木や 落枝などは 表面だけ乾燥していても 中身が 湿っています。水分の残る 質の悪い 薪では 炉を痛め、タールが貯まり、煤がこびりつき、煙突がつまります。

木材含水率20% の乾燥した良質の薪を くべるように いわれています。

また 薪ストーブは コマメなメンテナンスも 必要とされています。

------------------------------------------
「乾燥薪」を持参が原則
----------------------------------------

■避難小屋では 「緊急用の薪」が 備え付けられていますが、

普段は 原則的に 薪は 自分で 持参して使うこと となっています。

■野外に 落ちているのを 拾ってきた 枯れ枝 落枝 は そのままでは 乾燥が不十分で、炉を痛め 煤が多く タールがでて 煙突が つまります。

含水率20%以下の「乾燥薪」でないと ストーブは きれいには 燃焼しません。

表面だけ乾いていても 駄目で 中身まで 水分を 20%にするには 最低 1~2年かかるとかいわれています。

■やはり良質の乾燥薪は 持参する しかありませんね。

薪ストーブを 使うなら 面倒でも 「乾燥薪」を持参しましょう。

------------------------------------------
ゴミを燃やさない
------------------------------------------

薪ストーブでは ペットボトル 食品包装のビニールゴミや ポリ袋 などは 炉を痛めるので 「炉内投入厳禁」です。

----------------------
換気・火災注意
----------------------

■ストーブは 大量の空気を使うので 締め切った小屋内では換気に注意です。

■一酸化炭素中毒・ 酸欠に 注意しましょう。

■ 火災予防 火傷にも 注意しましょう。

------------------------------------------
お亀岩避難小屋に 掲示されている 注意書
------------------------------------------

貼り出された 掲示では以下 のような 注意書きがあります

以下 お亀岩避難小屋に 掲示されている 注意書きから引用です。

------------------------------------------
小屋備え付けの薪は 緊急用
------------------------------------------

旧来から 貼り出されている
お亀岩避難小屋の使用規約によると

■避難小屋の備え付けの薪は 「緊急用」であり、
通常時には 備え付けの薪は 使用できない事となっています。

------------------------------------------
薪ストーブ使用説明書 取り扱い方
------------------------------------------

【トップダウン着火】

従来の 下からの 着火では 煙が多く出る。

いま推奨されているのは 煙の出が少ないトップダウン着火。

上から火をつけ 煙突のドラフトをうながし 煙や煤の出が少ない トップダウン方式を 勧めている。


-------------------
ヨツールF400 着火方法
-------------------

1 煙突を暖め、ドラフト(煙の上昇)を促す

2 薪を積み上げて着火する
本体燃焼レバーは全開(アッシュドアは閉める)

3 必要であればドラフトが安定するまで扉を開ける

4 徐々に薪を増やしていく

5 扉を完全に閉めてください

6 薪の追加のときは 扉を少し開けて、しばらくしてから全開にする 投入量 2.1(kg/h)

7 薪が扉のガラスに倒れないようにする


------------------------------------------
薪ストーブを安全にお使いいただくために
------------------------------------------

■使用中

スプレー缶厳禁
ガソリン厳禁
ビニール、ゴム類、ペットボトルなどは燃やさない
高温やけど注意
ストーブのドアを開けたままの使用禁止
衣類の乾燥、家具、カーテン、寝具、薪など可燃物近接禁止
お子様、お年寄りのご使用注意
煙突、給気筒外れの危険
給気、排気経路 閉そくの危険
分解・改造使用の禁止

■使用後

灰を可燃性容器に入れない
定期点検の実施
天災地変の後はそのまま使用しない

【写真】

お亀岩避難小屋 薪ストーブ ヨツールF400
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157716861067428

------------------------------------------
ヨツールF400 動画
------------------------------------------

ヨツールF400 使い方 等は 以下の 動画を ご覧ください。

■ヨツールF400 火の つけ方

薪おじさん 200度まで 約30分
https://youtu.be/v_Zfvmi9dB8

北軽井沢 スウィートグラス
https://youtu.be/Zi3HVxjsnuY

着火から巡行運転(焚付け、本焚き)の様子
https://youtu.be/WhvISgkXq54

■ヨツールF400ってどんなストーブ?

https://youtu.be/BgbGw_IFdOA

■ヨツールF400 プロのメンテナンス

https://youtu.be/GfijcZtPMvI

------------------------------------------

【お亀岩避難小屋改修工事 工期延長】

■改修工事中 立入禁止です 要注意。

【工事名】 お亀岩避難小屋改修工事 追加工事

【当初の予定】 2020年8月31日~10月27日

【工期延長 立入禁止】 2020年10月28日~2021年春

----------------------------------------------

【施工業者】 仙頭工務店 TEL:088-863-3169

【工事監理者】 高知県建築課 TEL:088-823-9865

【施設所管】 高知県環境共生課 TEL:088-821-4842

https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030701/2020081400344.html

----------------------------------------------

このブログ記事について

このページは、趣深山が2020年11月12日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お亀岩避難小屋 2021年春まで改修工事延長」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2