近頃の山の最近のブログ記事



http://youtu.be/-QExUG9iVj0


2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)

重荷の方と 軽荷の方とが 行きかう 縦走路。

なにも 軽荷で「速い」 だけが よいわけではない。

じっくり スローペースで 山を楽しむのもいい。

そもそも 人 それぞれ、さまざまな山歩き流儀がある。

 みな 各々のスタイルで それぞれの安全圏内で山に親しむことができる。

あれこれ 他人のスタイルに とやかくいうつもりもない。

が 重荷を背負うと 体力を消耗する。
重荷を楽しむには それ相応の体力をつけておくことは最低限必要なことは 確かだ。

20141123-480-5010.jpg

---------------------------------------------------------------------

「 ザックを軽く正しく

ザックが重いと気持ちがそがれる
教科書どおりに(本書も含めて)パッキングして
 巷でよくいわれる 「10の必需品」をいつもいつも担いでいたら、
とうてい速く登れるわけがない。

この「10」は、説く人によって常に変化するのである。
実際のところ、登攀に欠かせない物は3つしかない。アイスアックスとクランポン、それにテクニックだ。」

ジェフ・ロウ著 手塚 勲訳「アイスワールド」1998年 山と溪谷社

---------------------------------------------------------------------

「誰であろうと 山へ登るのにルックザックを担いで行かない人はあるまい。
しかしその中味は これは人によっていろいろである。
ルックザックの内容をしらべることによって その人の山の経験、趣味、偏向等がわかるだろう。
更にその人の山に対する 見識 品性にいたるまで 察せられるかもしれない」
     深田久弥
---------------------------------------------------------------------

軽量化
----------------------------------------------------------------------
2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2014/11/261123-1955-1930-1683-1740-1893.html

--------------------------------------------------------------------
ヤマレコ 2014年11月23日 剣山(1955) ~ 三嶺(1893)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-551669.html

----------------------------------------------------------------------
趣深山BLOG
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/271b895bae7ebcaecb0137cb5ba08a7d
----------------------------------------------------------------------

この連休 大渋滞のところもあったようだ。



https://twitter.com/mt_iwao/status/247218717518356480

          岩男さん 提供


「槍ヶ岳」なんだ これは!!

都会の雑踏がそのまま 山中へ。
異常な光景だ。

このような現象を いったい なんと いっていいんだろうか?

もっと いい山々が 他に たくさんあるのに。
なぜ 特定の山に こうも 集中するのだろうか?

著名山など特定の山への情報の 偏り?

たしか 深田久弥 氏は 山の混雑は 大嫌いと言っていた。


「------流行の山ができて、みんなそこへ押し寄せる。
人のあとについて行くのは易しいが、自分で道を切り開いて行くには努力がいる。真似によらず、独創的な山登りをする人が少なくなった。」 「山岳遍歴」 深田久弥著


こうした 混雑を よそに、 2012年9月15日 自宅から片道2時間少々で登山口へアプローチできる 軽い 日帰りで、 四国 剣山(百名山)と 三嶺(二百名山) を結ぶ縦走路を楽しんだ。

この日 剣山 見ノ越 登山口から 三嶺下山の名頃 駐車場までに 山中で出会った登山者は合計8名。

連休混雑とは 全く無縁の縦走路。

つくづく 四国の山のよさが 改めて よくわかる。
 
これだけ 恵まれた 環境で 山に登れるのを 深く 感謝。

四国の山々は 本当に いい。

最近の山歩きの傾向

最近の山歩きの傾向


☆若い人がいない

若い人がいない
確かに山中で出会うのは中高年齢層が多くなってきたとつくづく感じます。

そう言う自分も、もうその範中でいるのですが、以前の登山者年齢層と近年の変化は著しく変わってきたと感じます。
これはつまりは若者の登山離れではないでしょうか。

原因は登山より楽しい惹きつける遊びが他にあるということに尽きるのでしょう。今更、山の魅力をアピールしても若者は見向きもしません。

登山者の高齢化で、やがて今のままでは将来登山人口は激減してしまうでしょう。
ただ山々に静けさが戻ることはいいことでしょう
静かな山域が増えるとオーバーユースに伴う諸問題は解決されるでしょうし、過大な規模の商業施設である商業小屋の営業は昔の適正規模になってくるでしょう。


☆ツアー登山

なぜツアー登山が流行るのか私にはよく分からないのですが、山を登る動機付けとなる人々の情報源が一部のコマーシャルベースに偏ってしまっているのかもしれません。山岳情報の偏りで登るのは、この山しかないと思いこませるなかで、ツアー登山というシステムができ上がってしまったとしか思えません。

日本全国に山は本当に数多くあり、知られていない山の方が混雑する著名山よりずっと良いと思っている人はたくさんいると思いますが、なぜか紹介される特定の著名山に集中しているようです。

山を自ら発見していく気持ちが有れば、情報の偏りなどなくなるのでしょう。かりに有名な山でも人気のないコースはいくらでもあります。

なぜか情報が先行し人々に特定の山しか山がないように思わせてしまった結果特定の著名な山に人が溢れる結果になっていると思います。

そしてそうした著名な山には中高年のツアー登山客が溢れます。
ツアー登山は特定の山に集中するのが特徴なのです。また仮にツアー登山形式をとっていなくても実質的にツアー登山と同じ形式の大勢のグループ登山が増えているのも最近の特徴です。

実際、私など山中で大勢が一団になり動いているのに遭遇すると吃驚します。
オーバーユースの原因になりやすいこうした大人数の集団行動は自然環境の上から色々問題点が指摘きれています。
ハンドリングできる小グループで自然に親しんで欲しいと思います。
そして人々がよりオリジナルな自己の山行が計画し実行されることで著名山ブームは変わっていくことになるでしょう。

私の場合、自分の住む麓から近くの山を見てあの山この山と山を見つけていき次にその山の山上からあの山この山と次々に山を自分で発見していくようにして決して情報源が偏ることも無いようにしています

ただ以前より山の情報は大分増えているようで、昔、何の情報源もなく地図と磁石で現地で判断し登った山も、今ではガイドブックや紀行文で紹介されたりしていまして、以前なら何十回登ってもまず登山者に出会わなかったルートも、紹介されてくると、他の登山者に出会ったりするのです。

山は貸し切りではないので独りよがりにならないよう、偏りのない情報源で自由な発想で山を登り続けようとおもいます。


☆混雑する場所は

混雑するところが 一定の所に 極度に集中する傾向がある

山は広いのですが ある特定の山系の ある特定の山 ある特定のルート に多くの人が集中してしまう傾向が強い。
情報源の多チャンネル化とか登る自分自らが独創的な考えを持って山域ルートの研究に取り組まなくてはならないのではないか。


最近の山歩きの傾向

2002年10月10日 第1版制作
2003年6月10日 一部改訂増補

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち近頃の山カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは雪崩です。

次のカテゴリは軽量化です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2