ブログ


https://youtu.be/lrmA4lXRJLM

平成29年5月20日 三嶺(1893)
平成29年5月20日は、一か月ぶりに 三嶺。

三嶺山頂 「21度 風弱く1m未満 晴れ 剣山 次郎笈 天狗塚見える」(累計登頂回数 535回)

4月8日北面のルートには まだ雪が残っていて 氷が はっていた池。

冬から春 雪の残る 三嶺山頂は 風が強く 寒くて、天候は悪く 山頂に到達する登山者も少なく 着いても、早々に山頂をあとにする。

もし、長居しようとすると 寒風に耐えるように しっかり 着込んでおかなくてはならない。

この1ケ月で 季節はすっかり進み 雪は融け 新緑前線は上昇し 花が咲き 植物は芽吹いていた。

5月20日 快晴無風の山頂では とくに着込まなくても いつまでも ゆったりでき、山頂では いくつもの 携帯コンロの音が聞こえ 腰を下ろして座り込んで 滞在する人が多く、おおいに賑わっていた。

季節の変化を感じた 山頂だった。

【写真】

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1145192.html

YAMAP
https://yamap.co.jp/activity/887394



賑わう 三嶺山頂


天狗塚方面を見る


剣山 三嶺ヒュッテ 池方面を見る


1791mから 三嶺を見る


モノレールを見る

【気象】


平成29年5月20日 午前9時 地上天気図


平成29年5月20日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成29年5月20日 午前9時 850,700hPa高層天気図



短期予報解説資料


  • 趣深山shumiyama.com 平成29年5月20日
  • 趣深山Jimdo 平成29年5月20日
  • 平成29年5月20日 fc2
  • 平成29年5月20日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年5月20日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年5月20日


  • https://youtu.be/nUU5yaGJGyY

    2017年5月14日 羽田→高松 JL485

    機内Wi-FiサービスでFlightradar24を楽しむ JL485 羽田→高松 2017年5月14日。


    航空機 機上では携帯電話は使用禁止だし、もとより 海上 山間部を飛ぶ 飛行機では 地上の携帯電話網は安定的に つかえない。

    衛星通信を利用する 米国gogo社の衛星接続サービスを利用した、機内インターネット接続 機内Wi-Fiサービス。

    2017年2月から8月の間 国内線の便でも 期間限定で無料で使える。

    この絶好の機会を 利用して 普段地上で使っている Flightradar24を 飛んでいる機内で作動させて 楽しんでみた。

    リアルタイムで 飛行状況がわかる Flightradar24。


    空港 離陸後 すぐ 最初の雲のレーヤーに入り 抜けても 窓からは 雲ばかりの雲海。

    座ったのは窓際でない 席であったが Wi-Fi接続すると 地図上で飛行状況を確認したり グーグルアース3D景色 をみたり 行きかう 他の航空機の動き 同じ方向に向かう 様々な機種の動きなど 予想以上に面白い実況を 十分 楽しむことができた。

    機内アナウンスや 小さい機上情報ディスプレイで表示される飛行経路とは比較にならない 細かな情報をえて 到着地の空港のウェザーMETARなどもチェックしつつ あっというまに 着陸手前になってしまった。

    雲中でも 暗視ゴーグルをつけたような感覚で しっっかり視界が開けつつ 窓の景色を楽しめる。

    フライトシュミレーターでなく 実機なので 臨場感が 迫力満点。

    リアルタイムにATCが聴けたら もっと面白くなるのだが 北米のサイトなどでATCをしっかり 流しているのがあるのだが 日本のLIVE ATCなど 限定的だし、機内への持込み無線機は使用不可だ。

    いくつかの便の機上でFlightradar24使用したが 何人かのキャビンアテンダントの方から Flightradar24についての 質問を受けたりした。たぶん まだ機内で 使っている人は少ないのだろう。

    ただし Wi-Fiは 電子機器の使用制限があるので 離陸5分後から 着陸5分前の使用に限定。音声通話は不可で、コンテンツフィルタリングなどの制限などもある。

    【結論】

    地上で Flightradar24をつかうのと

    搭乗している機上で リアルタイムに Flightradar24をつかうのでは
    迫力ある 臨場感が全然違い楽しみが倍加する。

    確かに 面白い。

    https://www.gogoair.com/jp/

    http://www.gogoair.com/

    平成29年4月16日 矢筈山(1848)

    【天候】曇 晴れ

    【記録】

    木地屋橋 付近P 5:51---矢筈山(9:29--10:16)---木地屋橋 付近P 12:45

    【山頂】

    矢筈山 山頂 「9.6度 西3.8m 曇り 剣山 次郎笈 見える。 三嶺 西熊山 天狗塚 ガスがかかり見えない。山頂 雪がとけた。」(累計登頂回数 156回)

    その後 山頂で滞在中に 三嶺 天狗塚方面 ガスがとれ 剣山~三嶺~天狗塚まで 見えるようになった。

    帰路は 矢筈山から膳棚にかけての 今シーズン最後の残雪を楽しみながら 下山。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年4月16日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。今回 は 駐車場出発地点から 常に順調な作動状況。

    デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回 順調に作動。

    ------------------------------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/-MDep0Nd0i0


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157679409028104

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1106101.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/792944


    12度 


    標高1350m位


    登るにしたがって 残雪が多くなる


    矢筈山が見えてきた


    冬期 雪庇の張り出しが 大きいところだが すべて おちている


    残雪


    矢筈山頂


    三嶺 天狗塚を見る


    黒笠山 剣山 次郎笈 を見る


    矢筈山 膳棚 間の 北斜面で残雪を 味わう


    まだ たくさん 残雪あり


    残雪


    残雪


    残雪


    残雪


    林道 大惣線から 矢筈山 北面を 眺める


    【気象】


    平成29年4月16日 午前9時 地上天気図


    平成29年4月16日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年4月16日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年4月16日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料


    【趣深山WEB】



  • 趣深山shumiyama.com 平成29年4月16日
  • 趣深山Jimdo
  • 平成29年4月16日fc2
  • 平成29年4月16日xdomain
  • 趣深山ブログgoo 平成29年4月16日
  • 趣深山ブログfc2 平成29年4月16日

  • 20170408-551.gif
    【日時】

    平成29年4月8日 三嶺(1893)

    【天候】

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 6:58-- 林用作業小屋跡 8:27 --1791m標高点 10:29 --菅生下山口標識 11:04---三嶺ヒュッテ ( 11:07-11:26 )---三嶺 (11:46-12:18)----- 三嶺ヒュッテ ( 12:39 - 13:03 )----菅生下山口標識 13:05----1791m標高点 13:24 --- 林用作業小屋跡 14:17 --- いやしの温泉郷 15:06


    【山頂】

    4月。雪どけがすすみ 沢の音も 大きい。

    気温が高く 雨。山稜では 南からの 風雨で 雪は 水気たっぷりでグシャグシャ。

    雪質 悪く 縦走は断念。

    ■三嶺「+10.4度 南 4.8m 雨 ガス視界なし 」(累計登頂回数 534回)

    帰路 気温高く、雨のなか 、標高1650m、北面斜度35度、幅10m長150m、土砂とスラッシュ雪崩の痕 目撃。山は危険がいっぱいだ。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年4月8日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。今回 は 順調な作動状況だった。

    デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回 帰路途中 大雨のなか スマホ画面が 異常に作動し 途中停止してしまった。教訓 一応 防水 防滴型となっていても雨中 は スマホ画面に 水滴がかかると 作動が不安定になり 暴走し易い。雨中のスマホ取扱は要注意。

    ------------------------------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/2Fb2zozMRaE


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157682269487306

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1101158.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/777133


    13度 高野


    いやしの温泉郷 出発。 雨が小降りになって 一時やむが のぼるにつれ 断続的に強くふり 一日中 雨。


    1220mくらいの標高 残雪あり。


    林用作業小屋跡


    大岩があるところ


    岩の上に樹木


    2本 木の間を抜けるところ


    残雪はいっぱい


    雪庇の出るところ


    シカよけネット まだ埋もれている


    三嶺ヒュッテ 今日のように 天候が悪いと 有難い


    池 どんどん 水が流入している


    三嶺山頂


    三嶺山頂 視界なし


    登山道は 下が空洞で 踏み抜く


    雨で グシャグシャ 潜る


    ふりかえる


    登山道を 雪どけ水と 雨水の 水流が勢いよく 流れる


    残雪はいっぱい


    平らなところ


    標高1650m付近で 斜度35度くらいの斜面に 土石流とスラッシュ雪崩の痕。

    雪どけ水が 土砂とスラッシュの混合で流れている。

    登りでは 見かけなかったので 何時間か前に雪崩れたのではないかと思われる。

    気温が高く 雪どけが 一気に進んで この大雨。 悪い条件が そろっている。 

    このような地形はどこにでもあるだけに 山は危険個所一杯だ。


    標高1650m、北面斜度35度、幅10m長150m、土砂とスラッシュ雪崩の痕


    民家


    いやしの温泉郷 到着


    菅生谷 第四堰堤 水流多い


    小島峠

    【気象】


    平成29年4月8日 午前9時 地上天気図


    平成29年4月8日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年4月8日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年4月8日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料


  • 趣深山shumiyama.com 平成29年4月8日
  • 趣深山Jimdo 平成29年4月8日
  • 平成29年4月8日 fc2
  • 平成29年4月8日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年4月8日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年4月8日

  • 平成29年3月25日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【天候】

    曇り 雪 雨

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 5:56-- 林用作業小屋跡 7:16 --1791m標高点 9:00 --菅生下山口標識 9:31---三嶺ヒュッテ 9:33 --三嶺 (9:55-10:18) ---西熊山 (11:37-11:53) ---お亀岩 12:14 ---天狗峠綱附森分岐 12:50 ---天狗峠西山林道分岐 12:57---天狗塚山頂 (13:22-13:37)----天狗峠西山林道分岐 14:00 ---1476標高点 14:34---西山林道天狗峠登山口 14:58 ===( 15:00 車に便乗 15:20 )===いやしの温泉郷


    【山頂】

    3月下旬だが 2日位前の新雪があり、山稜では 新雪ふきだまりなどで 新雪ラッセルを味わえた。

    ■三嶺「マイナス2.1度 西 3m 曇り 剣山 次郎笈 天狗塚 矢筈山系 見える 遠く 赤星山 笹ヶ峰山系見える」(累計登頂回数 533回)


    ■西熊山「プラス1.3度 南 3.4m 曇り 三嶺 次郎笈 天狗塚 遠く笹ヶ峰山系 見える 」(累計登頂回数 433回)

    天狗峠登りで 小雪がチラチラ。

    天狗塚へ近づくと 本降りの降雪。

    ■天狗塚 「プラス1.9度 風弱く 0.5m未満 雪 まっすぐ しんしんと 雪が降ってくる。牛の背 天狗峠は見えるが ほかは見えない」 (累計登頂回数 518回)

    雪が激しく降るなか 西山林道 天狗塚登山口に到着。

    ちょうど 通りかかった 渓流釣りの方に 便乗させていただき いやしの温泉へ 戻る。ありがとうございました。

    車中 この付近の谷の 貴重な残雪情報など お聞きすることができました。

    ことし、この付近の谷、例年より 多くの残雪が のこっているとのことでした。

    帰途 降雪中の小島峠は 樹木が真っ白になってきていた。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年3月25日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。前回 2台のハンディー機のうち一つでキーロックの設定ミスがあったので 今回 は 念入りに設定。順調な作動状況だった。

    デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回 順調に作動した。

    ------------------------------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/2W-B2ii7CK4


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157681834907955

    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1092290.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/757180


    旧 祖谷溪 有料道路 料金所上屋 撤去されていた。


    京上トンネル 2度


    いやしの温泉郷 出発


    標高1220m 位の積雪状況


    林用作業小屋跡


    岩の上に樹木


    二本の木の 間を抜ける


    塔ノ丸 丸笹山 剣山 次郎笈を見る


    1791mから三嶺を見る


    シカ防護ネット 埋没している


    菅生下山道 分岐標識


    池 三嶺本峰を見る


    三嶺ヒュッテ


    三嶺本峰を見る


    三嶺


    剣山方面を振り返り見る


    三嶺山頂


    三嶺山頂から 西熊山方面を見る


    白髪山 方面を見る


    フスベ谷 下降点 張り出しが大きくなっている


    三嶺 本峰を振り返り見る


    テキサスゲート


    三嶺 本峰を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    西熊山方面を見る


    西熊山 を見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    西熊山 山頂


    西熊山 山頂 西側 縦走路  定点観測地点


    西熊山下りで 天狗峠方面を見る


    お亀岩避難小屋 


    お亀岩避難小屋 


    お亀岩避難小屋 バックは西熊山


    お亀岩避難小屋 


    お亀岩


    天狗峠 登り


    天狗峠登り


    天狗峠登り途中 三嶺方面を ふりかえり見る このあたりから 小雪がチラチラ


    天狗峠 東面


    天狗峠 東面


    天狗峠 綱附森 分岐標識


    天狗峠 綱附森 分岐標識 三嶺方面を ふりかえり見る


    天狗峠 西山林道 下山分岐ケルン 


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚 雪は本降り


    牛の背


    山頂付近は 新雪がたまっている


    雪の中の 天狗塚を振り返り見る


    天狗峠 西山林道 下山分岐標識


    一気に下る


    1476m


    下の方は 積雪は消えていたが あらたな降雪で 白くなってきて 積もりはじめ。


    激しい降雪中 西山林道に降り立つ

    駐車車両はなかったが たまたま 通りかかった渓流釣りのかたに 便乗させていただきました。
    ありがとうございました。


    いやしの温泉郷 到着 ここでは雪でなく 雨。


    帰途 小島峠をこえると 標高の高いところでは降雪中。 樹木が白くなってきていた。


    【気象】

    平成29年3月25日 午前9時 地上天気図


    平成29年3月25日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年3月25日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年3月25日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料


  • 趣深山shumiyama.com 平成29年3月25日
  • 趣深山Jimdo 平成29年3月25日
  • 平成29年3月25日 fc2
  • 平成29年3月25日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年3月25日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年3月25日

  • 平成29年3月18日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

    【天候】晴れ 曇

    【記録】

    木地屋橋 6:36---矢筈山(11:01--12:24)---石堂山(14:03-14:24)---白滝山 (15:23-15:28)---石堂神社 16:24--林道大惣線登山口 16:48---木地屋橋 16:58

    【山頂】

    矢筈山 山頂 「プラス1.3度 南2-3m 晴れ うすい雲あり 剣山 次郎笈 三嶺 西熊山 天狗塚 見える。残雪 多い 」(累計登頂回数 155回)

    石堂山 山頂 「プラス3.1度 西1.8m 曇り 矢筈山 天狗塚 見える。」(累計登頂回数 104回) 

    白滝山 山頂 「プラス4.9度 西1.8m 曇。残雪多い 三角点が埋没 」(累計登頂回数 65回)

    この日は 他の登山者に あわなかった。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年3月18日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。

    今回 は 持参した 2台とも念入りに設定し 出発時点では問題がなかったが、うち一台が キーロックが不完全なままだったようで キーが動いてAPRSが全く作動せずの状態になってしまっていた。しかも これに 全く気が付かず 失敗。

    かろうじて もう一台は 順調に動作し 最悪の事態は免れることができたが やはり途中で動作状況の確認は必要と反省。

    今回も デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回JJ5MDM-5のほうは きわめて順調に作動した。

    ------------------------------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/IrU077hxrFg


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157679864382460


    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1086254.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/742969


    つるぎ町 古見 1度


    2連橋 付近


    登るにしたがって 雪が増えてくる 足跡を振り返る


    樹林帯 登り 途中 ふりかえる


    ふりかえる


    矢筈山が見えてきた


    矢筈山 山頂 北側 稜線 雪庇


    矢筈山 を見上げる


    山頂 近くなってきた


    矢筈山 山頂


    矢筈山 山頂 標識が埋まっている 


    サガリハゲ方面を見る


    落合峠 寒峰 烏帽子山 方面を見る


    黒笠山 剣山 次郎笈 方面を見る


    三嶺 西熊山 天狗塚 を見る


    矢筈山頂 下り


    矢筈山を振り返り見る


    ふりかえる


    石堂山方面を見る


    水場標識


    石堂山 山頂


    石堂山山頂から 矢筈山方面を見る 天狗塚も見える


    石堂山頂 東側 5号標識


    お塔石


    お塔石 標識


    残雪が多い


    残雪多い


    矢筈山 方面を振り返り見る


    白滝山 山頂 標識 埋まりかけている
    三角点は 埋没


    尾根を下る


    石堂神社


    林道大惣線 登山口


    林道 歩き 矢筈山が見える


    林道 から矢筈山をみあげる。


    【気象】


    平成29年3月18日 午前9時 地上天気図


    平成29年3月18日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年3月18日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年3月18日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成29年3月18日
  • 趣深山Jimdo
  • 平成29年3月18日fc2
  • 平成29年3月18日xdomain
  • 趣深山ブログgoo 平成29年3月18日
  • 趣深山ブログfc2 平成29年3月18日


  • 平成29年3月11日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【天候】

    晴れ

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 5:48-- 林用作業小屋跡 7:15 --1791m標高点 9:11 --菅生下山口標識 9:38---三嶺ヒュッテ 9:41 --三嶺 (10:01-10:27) ---西熊山 (11:52-12:12) ---お亀岩 12:37 ---天狗峠綱附森分岐 13:25 ---天狗峠西山林道分岐 13:33---天狗塚山頂 (13:51-14:14)----天狗峠西山林道分岐 (14:32-14:35) ---1476標高点 15:07---西山林道天狗峠登山口 ( 15:27-15:32 ) ---ふるさと林道 ---いやしの温泉郷 17:09


    【山頂】


    ■三嶺「マイナス4.3度 北 4m 晴れ 剣山 次郎笈 天狗塚見える」(累計登頂回数 532回)

    ■西熊山「プラス1.7度 風弱く 南 2m未満 晴れ  三嶺 次郎笈 天狗塚見える 」(累計登頂回数 432回)

    ■天狗塚 「プラス0.4度 北 3m 三嶺 剣山 次郎笈 見える。すこしもやっているが 遠く赤星、東赤石、笹ヶ峰山系 見える」 (累計登頂回数 517回)


    3日前の降雪も 暖かい日ざしで、変質がはやい。

    朝方 冷えこんで 締まっていた雪も 日中は気温が上昇し 雪質が劣化。

    雪に覆われた山稜も 雪どけが着実に進み、春のきざしがいたるところに見られるようになってきた。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年3月11日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------

    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7。前回 失敗があったので 今回 は 念入りに設定し、順調な作動状況だった。

    デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回 順調に作動した。

    ------------------------------------------------------------

    【動画】

    https://youtu.be/P1tPg84QY7w


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157677826129704


    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1081202.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/731814


    京上トンネル マイナス1度


    いやしの温泉郷 出発 夜が明けてきた


    モノレール 最初の交差地点 で 積雪あり


    林用作業小屋跡


    剣山 次郎笈を見る


    三嶺ヒュッテ


    池と 三嶺本峰を見る


    三嶺 本峰を見る


    三嶺ヒュッテ 剣山 次郎笈を ふりかえり見る


    三嶺山頂


    三嶺山頂


    三嶺をふりかえり見る


    三嶺をふりかえり見る


    三嶺をふりかえり見る


    三嶺をふりかえり見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺をふりかえり見る


    西熊山山頂


    西熊山 山頂 西側 縦走路 定点観測地点


    西熊山下りで 天狗峠方面を見る


    白髪山 お亀岩避難小屋 を見る


    お亀岩避難小屋 


    西熊山 お亀岩避難小屋 を見る


    お亀岩避難小屋 


    お亀岩 天狗峠 間 登り


    お亀岩 天狗峠 間 登り


    お亀岩 天狗峠 間 登り


    天狗峠 東面 例年 雪崩痕をよく見る


    天狗峠 綱附森分岐 標識から三嶺 剣山 次郎笈をふりかえり見る


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚 山頂


    牛の背を見る


    天狗塚をふりかえり見る


    天狗峠 西山林道分岐標識


    新雪を 一気に下る


    西山林道 天狗塚 登山口


    林道歩き


    林業用作業機械の配置が 前週とは だいぶ変化していた。


    菅生谷第四堰堤


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷 到着 (この時計 少し進んでいる)


    菅生小 跡地


    帰途 国道439号から 天狗塚を遠望 


    いよいよ 次週には取り壊し予定
    旧 祖谷渓有料道路 料金所 上屋


    【気象】


    平成29年3月11日 午前9時 地上天気図


    平成29年3月11日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年3月11日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年3月11日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成29年3月11日
  • 趣深山Jimdo 平成29年3月11日
  • 平成29年3月11日 fc2
  • 平成29年3月11日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年3月11日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年3月11日

  • 平成29年3月4日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【天候】

    曇り 晴れ

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 5:30-- 林用作業小屋跡 6:59 --1791m標高点 8:54 --菅生下山口標識 9:23---三嶺ヒュッテ ( 9:25-9:29 ) --三嶺 (9:49-10:06) ---西熊山 (11:40-12:04) ---お亀岩 12:27 ---天狗峠綱附森分岐 13:16 ---天狗峠西山林道分岐 13:26---天狗塚山頂 (13:50-14:17)----天狗峠西山林道分岐 (14:40-14:47) ---1476標高点 15:10---西山林道天狗峠登山口 ( 15:30-15:37 ) ---ふるさと林道 ---いやしの温泉郷 17:10


    【山頂】

    前々日から前日にかけての 新雪が積もっていたが 日ざしは 春。
    日中 気温が上昇して 融けるのも はやい。

    ■三嶺「マイナス3.1度 南 6m ガス 視界なし 」(累計登頂回数 531回)

    三嶺ヒュッテでは視界があったが 山頂は ガス
     ガスが流れて 切れ目があるが ほぼ視界なし

    ■西熊山「プラス1.3度 南 2.7m 晴れ ガスがとれて 三嶺 次郎笈 天狗塚見える 」(累計登頂回数 431回)

    ■天狗塚 「プラス4.3度 南 2.3m 三嶺 剣山 次郎笈 見える 」 (累計登頂回数 516回)

    気温が上昇 雪質が悪い。

    -----------------------------------------------

    【安全登山】

    この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

    ■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
    山と自然ネットワーク「コンパス」
    http://www.mt-compass.com/

    ■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

    電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
    http://www.authjapan.com/
    http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

    ■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
    「shumiyama」
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
    http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

    ■APRS
    アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

    「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


    -------------------------------------------

    【APRS】

    2017年3月4日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
    APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

    ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

    ------------------------------------------------------------


    「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
    アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 今回 途中 すこしいじったところ で キーロック操作 不完全のまま 電池切や 変な操作になってしまった。 反省。

    デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


    「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

    赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

    今回 順調に作動した。

    ------------------------------------------------------------


    【動画】

    https://youtu.be/Z5MSh12IzDw


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157681044981135


    ヤマレコ
    https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1076336.html

    YAMAP
    https://yamap.co.jp/activity/720541


    京上トンネル 0度


    まだ暗いうちに いやしの温泉郷 出発


    林用作業小屋跡


    二本の木の間を抜ける


    剣山 次郎笈 を見る


    1791m標高点から 三嶺 を見る


    シカフェンスを ふりかえり見る


    菅生下山道 分岐標識


    三嶺ヒュッテ


    池 を振り返り見る


    三嶺 本峰 手前


    三嶺ヒュッテ 方面を見る


    三嶺山頂


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    南面は 雪崩れている


    西熊山を見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    西熊山 山頂


    西熊山 山頂 西側 縦走路


    西熊山 下りで 天狗峠を見る


    お亀岩避難小屋


    お亀岩避難小屋


    お亀岩


    天狗峠登り 雪庇 張り出しが大きい


    天狗峠 東側 例年 雪崩痕を見る ところ


    三嶺方面を ふりかえり見る


    天狗峠 綱附森 分岐標識


    天狗塚を見る


    天狗峠 西山林道 下山分岐


    天狗塚 を見る


    天狗塚


    天狗塚山頂 前回 山頂標識が見えなかったが 今回は 標識あり


    天狗塚を振り返り見る


    天狗峠 西山林道 下山分岐


    下り途中 ふりかえる


    1476m 標高点


    西山林道 天狗塚 登山口


    西山林道 天狗塚 登山口


    林道を歩く 轍あり


    林道を歩く 轍あり


    菅生谷 第四堰堤


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    菅生小 跡地


    帰途 途中 国道439号から天狗塚山頂 を見る


    旧祖谷渓有料道路 の 旧料金所跡にかかる わらぶき屋根。
    まもなく 取り壊しになるので これで見納め。

    冬期 つららが長く垂れてきて 長い竿で 取り除いたり していた。


    【気象】


    平成29年2月25日 午前9時 地上天気図


    平成29年2月25日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成29年2月25日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成29年3月4日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料


  • 趣深山shumiyama.com 平成29年3月4日
  • 趣深山Jimdo 平成29年3月4日
  • 平成29年3月4日 fc2
  • 平成29年3月4日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年3月4日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年3月4日

  • 20170301_0472.jpg

    『地球千年紀行』月尾嘉男 著 清水弘文堂書房 2012年4月

    世界各地の先住民族を訪ね歩いて 研究されてきた 月尾嘉男 東京大学名誉教授。

    月尾氏は 各地の先住民族が いまでも保持し続けている叡智に注目。

    一枚の三角帆だけの 貧弱な小舟で 地図も磁石も なしに ミクロネシア諸島の 島と島の間だけでなく 遠くハワイまでの 太平洋の大海原を しっかりと 的確にナビゲーションして 進んでいく 先住民族。

    やたら GPSなどの電子機器に頼る現代人とは違い、先住民族は 天体 星座をもとに 進むべき進路を的確に 割り出していく 優れた航海能力を保持しているのである。

    また 気象条件の極めて厳しい 極北の極寒地でも しっかり狩猟しながら 移動し 自立した生活を営むことができる先住民族。

    かれら 先住民族は みな 能力は高く 叡智は素晴らしいものがあると 月尾氏は記述している。

    ----------------------------------

    「現代の人間の大半は時計がなければ時間を確認することができない。

    地図がなければ付近に河川があることを推測できない。
    植物図鑑がなければ毒草を識別することができないという状態にある。

    しかし先住民族は太陽の角度や小鳥の鳴声で時間を推測し、鋭敏な嗅覚や聴覚で河川の存在を察知し、長年の経験によって一目で毒草を見分けるなどの能力がある。

    それは大半の現代人が技術という手段と交換に喪失していった能力を、先住民族は現在にまで維持してきたということである。」

    『地球千年紀行』月尾嘉男 著 清水弘文堂書房 2012年4月
     
    ----------------------------------

    一方 現代の人間は 。

    『サバイバル登山家』を標榜している 現代の登山家でさえ 先住民族の高い能力比べれば、あきらかに退化している といわざるをえない状態だ。

    20170225_0465.jpg
    『サバイバル登山家』服部文祥 著 みすず書房 2006

    ----------------------------------

    「山菜キノコ図鑑を持ってきていた。良質の紙を使ったカラー図鑑はひときわ重く、装備のなかでも異彩を放っていた。」
    『サバイバル登山家』服部文祥 著 みすず書房 2006

    ----------------------------------

    20170301_0467.jpg
    『ツンドラ・サバイバル』服部文祥 著 みすず書房 2015

    北極圏のツンドラ地帯を紀行した 服部文祥氏

    服部氏のツンドラ・サバイバルの旅には 極北の先住民族である 遊牧民・狩猟ハンターが同行した。

    極地で 長く生活している 先住民族は 現代人とは違う やはり凄い能力を持っていて 服部氏は この先住民族から 実に 多くのことを学んでいる。

    先住民族 が 古くから 自然の中で 鍛えられて 蓄積され 保持されてきた叡智 能力には とても素晴らしいものがあると つくづく思う。

    先住民族に比べたら 現代の登山者は やはり退化した能力と 浅薄な知識しかもってない。

    現代の登山者は みずからの能力が いかに退化して不足しているのかを 謙虚に 悟らなければいけないのである。

    20170228-4105.jpg


    『山岳遭難は自分ごと 「まさか」のためのセルフレスキュー講座』
    北島英明 著 2017年3月10日初版一刷 山と溪谷社

    今般 山と溪谷社から出版された 徳島 ご出身の 北島英明 様の著書。

    「本書には 私の 知識 経験 熱い思いが 詰まっています。」北島英明 著

    そのことばの通り、北島様の 都岳連遭難救助隊長など 永年 遭難対策にかかわってきた数々の経験から 事故防止で こうすれば 助かる、どんな場合も 絶対に行方不明になるな など、熱い思いが ビンビンと伝わってきます。

    なかでも ごく最近の遭難事例をもとに 多くの示唆に富んだ教訓を記述されています。

    登山は まず山にはいるまえの 計画準備の段階からはじまっていること。

     無理のない計画で 準備 装備はしっかり できているか。

     山行中に気をつけることと、 万が一 緊急事態になった時の対応方法 搬送 救急方法 ビバーク方法 などなど。

    とくに 「自分の実力の把握」について 著者は 厳しく指摘。

    まず謙虚に 自分の実力を正確 把握すること。

    実力以上に 背伸びした 山行をしていないか?

    本書に記述されている「自分の実力の把握」

    ブログや ヤマレコ YAMAPなどにも投稿している 私なども いまいちど 自戒を込めて 背伸びしていないか もっと 自分の実力を冷静に判断していかなくては いけないな と つくづく 反省した 次第だ。

    ---------------------------------------------------------

    「 いうまでもないことだが、単独登山、積雪期登山、夜間登山は、それぞれにそれぞれのリスクがある。ましてこの3つを同時に行えば、当然、リスクはいっそう高くなる。

    遭難者は弾丸登山を標榜して記録をヤマレコに投稿し、彼を信奉する多数のフォロワーを抱えていた。そのフォロワーに対し、「危険な登山をしないように」と発信しながら、自分は非常にリスキーな山行を重ねていた。それはおそらく、本人に「自分ってすごいでしょう」ということをほかの人にアピールしたい思いがあったからではないだろうか。

    単独で積雪期登山をするのであれば、この事故現場となったクサリ場くらい、確実なアイゼンワークとピッケルワークで安全に通過していなければならないところだ。

    長時間の運転と夜間登山の疲れもあっただろうが、それもこれも含めたものが自分の実力というものである。

    その実力を見極められず、フォロワーへのアピールを優先させたのであれば、本末転倒というしかない。

    近年は「冒険的登山」が広まっている。たしかに登山は冒険であるが、安全は自分で確保するのが大前提であり、自分の実力に見合わない山に登ろうとするのは、ただの無謀登山でしかない。

    大事なのは、自分の実力を正確に把握し、それに見合った山やコースを選ぶこと。

    見栄を張ったり自慢をするために命を落としてしまったのでは、残された家族らが浮かばれない。」

    『山岳遭難は自分ごと 「まさか」のためのセルフレスキュー講座』
    北島英明 著 2017年3月10日初版一刷 山と溪谷社

    ---------------------------------------------------------