「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757) > 平成20年1月6日


 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)


★概念図


GoogleEarth, Google Mapsによるトラックログ表示




【GoogleEarth】kml
【GoogleMaps】

  Google Earth, Google Maps ,World Wind
●二万五千分の一地図 「久保沼井」「京上」

このページの先頭へ

記録



平成20年1月6日 快晴 

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

【コースタイム】西山林道 駐車地点出発 5:17---西山林道イザリ峠登山口
 5:31--- ふるさと林道阿佐名頃線から取付 (6:18-6:22) --1806m標高点 8:
50 --縦走路にでる 9:05 -- 三嶺 (9:18-9:40) --西熊山 (11:18-11:32)--
お亀岩 11:51 --天狗峠 綱附森分岐 12:39 --天狗峠西山林道分岐 12:49-
--天狗塚山頂 ( 13:15-13:44 )--牛の背三角点 (14:46-14:58) ----西山林
道  16:15 ----- 西山林道 駐車地点P地点着 16:23

【距離】

累計歩行距離 17.727km 累計標高差 1665m

【詳細】

三嶺 「プラス2.9度  5-6m 西風 快晴。剣山 次郎笈 矢筈山系 天狗塚 
笹ヶ峰 石鎚連峰 まで 見える。暖かく感じる」

西熊山 「プラス3.6度  西風 3m 」

天狗塚 「プラス4.1度  西風 2-4m 快晴。剣山 次郎笈 笹ヶ峰 石鎚連
峰まで 見える。」
---------------------------------------------------------------
12月30日も 1月6日も 山中では 誰にも 出会うことがなかった。

ただし先週と今回とでは 気持ちの上で全く違った。

このコース 亡くなったIさん と過去 何度も辿ったところだけに ここで
 こんな話をしたとか この岩に腰をかけて休んだとか、 ここで こっちの
ルートを取ったとか、 様々な 思い出が次々と去来していった。

そのたびに 足を止め しばし感慨に耽ったりした。
 
三嶺山頂では特に思い出が多く残っていて 霧の中で突然現れたNさん
また 突然 山頂で あらわれるような気もした。

思い出が駆けめぐるたびに 悔しい思いが増幅し、残念 無念。

断面図




【距離】
累計歩行距離 17.727km 
累計標高差 1665m

カシミール 利用
トラックログ取得は(Garmin GPSmap 60CSx)使用

このページの先頭へ

写真




三嶺山頂から天狗塚方面



三嶺山頂を振り返る。。




西熊山 登る途中で
三嶺山頂を振り返る。 


西熊山山頂



お亀岩避難小屋。
お亀岩避難小屋 





天狗峠から 天狗塚を見る。





牛の背方面 。




牛の背側から
天狗塚を見る。




天狗塚を振り返る。



牛の背から下降する




ライオン岩 特徴のある形だ。





このページの先頭へ

★天気図

平成20年1月6日9時 
地上天気図
平成20年1月6日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

この山域に大雪の降るパターン

積雪期記録

積雪期 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757) 

積雪期 牛の背(1757)天狗塚(1812)西熊山(1815)三嶺(1893) (逆コース)

この付近の山域の除雪状況 

三嶺 天狗塚 付近 雪崩(2006 02 22)

温暖な四国でも

無雪期の記録

三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757)

牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)

 天狗塚 三嶺 北側 林道図


牛の背天狗塚三嶺付近北側道路 概念図

このページの先頭へ

国道439号東祖谷下瀬で通行止め


道路情報


崩壊箇所と迂回路

国道439号東祖谷下瀬で通行止め >平成19年8月

植生回復


洗掘

このページの先頭へ



平成20年1月6日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛ノ背(1757) > 平成20年1月6日

http://shumiyama.com/h24/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ