「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2011
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期矢筈山(1848)石堂山(1636)白滝山(1526) つるぎ町より>
矢筈山(1848)  敗退 東膳棚まで (つるぎ町より)平成20年2月10日


矢筈山(1848)  敗退 東膳棚まで (つるぎ町より)


★概念図



●二万五千分の一地図 「阿波中津」「京上」

記録


平成20年2月10日 曇り 雪
矢筈山 敗退 東膳棚まで

【コースタイム】

木地屋赤松線駐車地点発 5:47 --- 片川橋 6:21---- 東膳棚 (13:02-13:3
6)--片川橋 15:39 -----木地屋赤松線駐車地点着 16:10 

【同行者】
Sさん Hさん

パワフルなラッセルと全く疲れを知らない 強力な同行者、Sさん Hさん、お
二人に大変お世話になりました。感謝です。

【詳細】

一年前、平成19年2月12日は単独で 比較的楽に周回できた木地屋 矢筈山 
石堂山 白滝山の周回コースでしたが、2008年は たびたび降った南岸低気圧
による湿雪は底まで堅いところがなく底なし沼のように どこまでも潜るなど
 とても重く深い雪でした。

それでも上の方へいけば 雪面もクラストして 稜線は多少は快適に歩けるか
と 予想していましたが 雪の量は 更に増え ラッセルも更に厳しくなって
いきました。

まだ暗いうちに 片川を渡ってから 延々と 深いラッセルを続け、 黒笠山
 矢筈山 縦走路の 「東膳棚」へ到達したのが13時過ぎ、ここから昨年でも
矢筈山頂まで1時間24分かかったこと 稜線の雪質が 締まりのない底なしの
ラッセル状態で 今後の時間消費を 勘案すると 矢筈山まで とても到達で
きそうもないと判断し 東膳棚にて 残念ながら撤退としました。

このページの先頭へ

写真



県道304号 木地屋赤松線
木地屋 最終民家の先で 雪崩 





木地屋 廃車 積雪状況





尾根のラッセル



標高が上がってくると雪が更に深くなる




尾根 深い雪。

平成5年の遭難者残置ザックなど
雪で完全埋没だった。


東膳棚 山頂 平成20年2月10日



上と同じ箇所で
東膳棚 山頂 平成19年2月12日 撮影
三嶺 が岩の横 祖谷谷を隔てて見える。



東膳棚 山頂付近




片川にかかる 橋

★定点観測地点

[ 白滝山 ]
[ 石堂山 ] [ 石堂山 山頂東 五号標識 ] [ 石堂山 南 水場標識 ] [ お塔石標識 ]
[ 矢筈山 ] [ サガリハゲ分岐標識 ] [ 矢筈山 北側 稜線 ]
[ 落合峠 ]

このページの先頭へ

断面図




カシミール 利用トラックログ取得は(Garmin GPSmap 60CSx)使用

このページの先頭へ

★天気図

平成20年2月10日9時 
地上天気図
平成20年2月10日9時
高層天気図 700hPa 850hPa

気象庁 提供

 この区間の積雪期の記録

積雪期

残雪期

このページの先頭へ


矢筈山(1848) 北東面


よもやま話> 矢筈山(1848) 北東面


平成20年2月10日 第一版

ご注意
この登山道は十分には整備されていません。険しい山道が続いています。
気象条件やあなたの技量と体調をよく考えて、適切な装備を準備した上で、くれぐれも慎重に判断し自己責任で行動してください。
自然へのインパクトを出来る限り少なくするよう心がけましょう。
http://www.lnt.org/


「趣味の山歩き ますます深くなる近くの山域」 趣深山 Copyright(c) 2002-2007
[ HOME ] [更新履歴 ] [ G P S ] [ 山行記録 ] [ よもやま話 ] [ リンク ] [ BLOG 趣深山ブログ ]

HOME山行記録 >積雪期矢筈山(1848)石堂山(1636)白滝山(1526) つるぎ町より>
矢筈山(1848)  敗退 東膳棚まで (つるぎ町より)平成20年2月10日

http://shumiyama.com/h24/
「趣味の山歩き ますます深くなる 近くの山域」 趣深山
Copyright(c) 2002-2011  趣深山 All Rights Reserved
サイトポリシー
ご意見 ご感想 お問い合わせ など お待ちしてます。 

このページの先頭へ