「8の字」周回コース

| コメント(2) | トラックバック(0)

周回 縦走登山など 山歩きの魅力を満喫する方策は いろいろありますが 「8の字」の周回コースとは 誠にユニークな発想です。

山歩きの面白さを満喫するには 発想を豊かにするという事が大切だと 感じました。

平成17年11月5日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/46

コメント(2)

TITLE: 又凄いことを!
SECRET: 0
PASS:
趣深山さん またまた凄いことを!
我々の二日分のコースを11時間で。
脱帽です。

いくら発想を豊かにしても、まだまだ修行が足りませんので こういうのは浮かんで来ません。

コース上の風景を二人で思い出しながら拝見させて頂きました。

TITLE: ブログ
SECRET: 0
PASS:
TAKAさん
ブログを作られてTAKAさんのHPに人間味が出てきました。 やはり高度図や天気図よりTAKAさんの感想を拝見するのが興味があります。
いつも歩く行程には呆れますが、この八の字周遊にもびっくりですわ

寒峰への登り返しの時もそうでしたが、一旦山を下りるともう店じまいの心境になります

参った~

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2005年11月 6日 14:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成17年11月5日天狗峠 堂床 三嶺(1893)西熊山(1815)天狗塚(1812)牛の背(1757)」です。

次のブログ記事は「平均的な山頂滞留時間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2