どうして 山頂に登山者が溜まるのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

どうして 山頂に登山者が溜まるのか考えてみると、何故 登山者は山頂に  やたらと こだわるのだろうかということに 辿り着く。
たとえ 山頂への途中で もっと 良い場所があっても 少し 立ち止まるか あるいは ほんの一寸 腰掛けて 小休止するだけで ともかく やたらと 高いところ 高いところと 山頂をめざす。
高いところに 登りたがるのは 人間の本性なのだろうか。
ともかく  登山者はやたら 高いところへ 高いところへ よって くるものだ。

確かに山頂は 登山者が山頂へ想いを抱き 憧れる場所だ。やっと 辿り着いた  山頂は もうこれ以上 登らなくても良い 目的地の場所だということだ。

ということは 無理に山頂へ行かなくても 最終目的地をはじめから「山頂」でなく 「山麓」とすれば また違った世界がひろがるのかもしれない。
平成17年11月5日撮影
山頂への こだわり

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2005年11月 8日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平均的な山頂滞留時間」です。

次のブログ記事は「登山者は山稜や山頂に こだわり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2