久保蔭から久保を見る

| コメント(2) | トラックバック(0)

平成18年9月16日撮影 久保蔭から久保を見る。

このところ いやしの温泉郷、 菅生蔭から 久保蔭にかけて歩くことが多い。

以前は 自転車を「いやしの温泉郷」において、 下山後の駐車地点までの帰途は国道439号を一気に久保まで下っていたが、足繁く通ってくると、以前気がつかなかったところに、大変興味あることが こんなに多いのかと気づくようになった。

山稜を歩くばかりでなく、山の中腹を歩く楽しみというのも、 この山域の重要な面白さの一つになってきたのである。

久保蔭から 祖谷川を隔てて 久保の集落を眺めなが、斜面に拡がる集落を抜けていくのも とても満足できる山歩きのコースなのだ。

この山域の 面白さは 祖谷の谷底 中腹 山稜と 更に広い範囲に拡がってきているのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/160

コメント(2)

TITLE: Unknown
SECRET: 0
PASS:
そうなんですよね
歩いていれば素晴らしい景色を眺めることも出来るし、あれって思う事柄にも出くわすことがあります。

仕事道、赤道で素晴らしい所があると思いますね まだ殆ど未知で手付かずなんですが。

TITLE: コメント有り難うございます
SECRET: 0
PASS:
M.iyaさん コメント有り難うございます。

いままで 何気なく通り過ぎていたところに こんなのがあると 新たに気づくことばかりで、まだまだ通い続けることになります。宜しく願います。

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2006年9月19日 22:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウィンドプロファイラ」です。

次のブログ記事は「谷底に霧」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2