2007年2月アーカイブ


平成19年2月25日
なかよしカタツムリ氏の アイスクライミング。

難しそうな 傾斜のところでも 無駄な力みが全く無く、軽々と リズミカルな テンポのまま 流れるように実にのびのびと リラックスした感じで登攀していく。その上 難しいアイスクライミング・ダウンも着実に軽々とこなしていく堅実な動き。

 正に アイスクライミングを知り尽くした、全く無駄のない、洗練された動きにしばし 唖然と見とれてしまった。

こんな 小さな氷瀑でのアイスクライミングでも、単に装備とか テクニックとか、体の運動能力だけの問題でなく、 気力 体力 、ルートの取り方 とか 氷の読みや 判断力、あへてやや大げさな言い方でいえば 経験とか知識 の蓄積、さらには真摯な山への取り組み方などなど、 要は 山を登る 総合的な力がそのまま このアイスクライミングに凝縮して出現しているなと強く感じ、とても 勉強になりました。有り難うございました。

平成19年2月25日


平成19年2月25日  曇り

矢筈山(1848)

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 4:17 ---石楠花尾根 (5:20-5:27)-- 氷瀑 (6:34-8:33) --縦走路 (8:51-9:04) -- 矢筈山(9:26-10:19)---片川 一連橋 13 :00--石楠花尾根 (13:27-13:39)- 木地屋駐車地点 14:15

【距離】

累計歩行距離 12.746km 累計標高差 2023m

【同行者】氷瀑 縦走路まで
なかよしカタツムリ氏 、N氏 A氏 Y氏 計5名

矢筈山頂 「マイナス 0.2度 無風 曇り 牛の背 天狗塚 三嶺 剣山 次郎笈など 上の方が白くなっている」






平成19年2月25日

矢筈山(1848)

 曇り

矢筈山(1848)

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 4:17 ---石楠花尾根 (5:20-5:27)-- 氷瀑 (6:34-8:33) --縦走路 (8:51-9:04) -- 矢筈山(9:26-10:19)---片川 一連橋 13 :00--石楠花尾根 (13:27-13:39)- 木地屋駐車地点 14:15

平成19年2月25日


ホワイトホースからフェアバンクスまでの極北の長旅

ユーコンクエストに参加していた 本多有香さん
中間点の ドーソン (Dawson City)までで 残念 ながら 断念(scratch)!!

過去18回完走で優勝経験もあるフランクターナー氏もこのドーソンで scratch となったのを見れば、この極北の ユーコンクエスト やはり本当に厳しい長旅のようですね。

温暖な地帯で生活しているので 想像絶する極北の世界。
その極北の厳しい状況を乗り越えることで、教えられるものも多いのでしょう。

温暖地では想像できないが、「マイナス10度摂氏を超えると 暑くて 犬が動かない。」という マイナス10度以下は当然のこと。
時にはマイナス40度という 厳寒で行われる想像以上にタフなレース。
日の短さなどあり 時にオーロラが光るような長い漆黒の夜、 人家のない地帯を 延々と走る距離は東京から鹿児島まで以上の長さ。想像以上に厳しい世界というほかありません。
世界で一番 過酷な犬ぞりレースといわれるユーコンクエスト

'toughest sled dog race in the world'.

本多有香さん 十二分に ご健闘なされたようで 誠にお疲れ様でした。

そういえば 

真冬の北極を 歩いたり泳いだりして61日間かけて極点へ向かう 3人の極地冒険者のことが ある雑誌の一月号に出ていました。
GPSの液晶も凍り付く想像を絶する厳しい極北の世界。

「こうした 冒険に挑戦する人間は、死への願望があると言われるが、これは当人たちにとっては、笑止千万な言い草だ。人間の能力の限界に挑む冒険にひかれるのは、死に近づくためでなく、むしろ生きていることを実感するためだと彼らは言う。
高山の頂上に立つことで、精神も新たな高みに到達する。平凡な人間でも精神力を鍛えあげることで、想像以上の力を発揮する。
彼らにとって、地図に到達点を記すことが重要なのではない。それが目的だった時代は、とっくの昔に終わっている。
いま、彼らがたどっているのは、心と頭のなかに描かれた地図だ。
死なないことが最大の意味を持つ厳しい状況では、多くのことを学び、自分自身を深く知ることができる。」

「厳しい自然と戦ってきたいま、二人は揺るぎない信念をもつようになっていた。本当に大切なのは、家族と友人、誠実さと美しさ、それに愛だ。人が旅をするのは、目的地に着くためではない。何度学んでも学びたりない、重要な教訓を胸に刻みつけるためなのだ。」

「真冬の北極 明けない夜を行く」マルゲリテ・デル・ジュディチェ著 
ナショナルジオグラフィック誌 2007年1月号』から引用

極地で生き抜く


矢筈山頂

平成19年2月17日  

雨 雪 曇り

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526) 

【コースタイム】

木地屋 駐車地点 7:10 -----縦走路 10:28 -- 矢筈山(10:56-11:33)--- 石堂山 (12:38-12:53)-- 白滝山 (13:28-13:31) --石堂神社 (14:12-14:18) ---林道大惣線 14:40 --- 木地屋駐車地点 14:48

【距離】

累計歩行距離 12.981km 累計標高差 1583m

矢筈山 山頂 「0.2度 南から 風雨 5-6m ガス」
石堂山 山頂 「2.2度 曇り 南西風 7m ガスが流れる」


平成19年2月17日概念図


平成19年2月17日撮影氷結した滝


平成19年2月17日撮影矢筈山 付近 稜線


平成19年2月17日撮影石堂山 南側 水場


平成19年2月17日撮影
石堂山


平成19年2月17日撮影  
石堂神社 雪がない。

 

雨 雪 曇り

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526) 

【コースタイム】

木地屋 駐車地点 7:10 -----縦走路 10:28 -- 矢筈山(10:56-11:33)--- 石堂山 (12:38-12:53)-- 白滝山 (13:28-13:31) --石堂神社 (14:12-14:18) ---林道大惣線 14:40 --- 木地屋駐車地点 14:48

平成19年2月17日


昨年(2006年)6月17日 名頃から三嶺(1893)?剣山(1955)への縦走したとき、名頃駐車場から 犬が勝手についてきた ことがあった。そのとき降り続く大雨の中でも、山道を 歩くどころか、常に どこまでも走り続ける犬のタフさには全く驚いたものだった。


2006年6月17日撮影大雨の中 次郎笈山頂(1930m)にて  

犬のパワーは もっと凄い。

今 カナダ アラスカでタフな犬ぞりレースが行われている。
過去 日本人で完走している方(舟津圭三氏 1997,1998)もいて、『アラスカ犬ぞり物語』などがでているが、極北の地を1609kmも走る 世界で一番タフなレースといわれる、ユーコンクエストである。 

今年、日本人女性も参加している。

実は彼女は昨年もチャレンジしたが、悪天候で無念のリタイヤで、今冬は再挑戦である。
人馬一体という言葉があるが、犬ぞりの場合は、文字通り人と犬が一体。レース前から常に犬の訓練、世話で大変であり、レースでは厳しい寒さのなか 犬を休ませ 世話をしながら 昼夜間、走り続ける 精神的タフさは 本当に凄いものがある。

このレースの後で アラスカで、長距離のアイディタロット(1131マイル)が行われる。

ユーコンクエストを完走後、この後 すぐ行われるアイディタロットに参加し完走する方もいる。10日以上もかかる、1000マイル(1600km)と1100マイルのレースをダブルヘッダーでで3500km(計20日間以上)走るとは とてつもない強靱な精神的肉体的なタフさ加減。全く驚きである。  

極北の地で行われる、熱いレース、ウェブサイトでレース状況が刻々公開されている。
ユーコンクエスト
アイディタロット

本多有香さん、祈 ご健闘!


残念 ながら 中間点のDAWSON CITYで 断念(scratch)となった。


平成19年2月12日 晴れ

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526) 

【コースタイム】

木地屋 駐車地点 6:39 ---片川 橋 6:49---縦走路 (10:17-10:56) -- 矢筈山(12:20-13:18)--- 石堂山 (14:09-14:28)-- 白滝山 (14:58-15:03) --石堂神社 15:38 ---林道大惣線 16:00 --- 木地屋駐車地点 16:08

【距離】

累計歩行距離 15.240km 累計標高差 1850m

【同行者】

なし

【詳細】
赤松木地屋線で駐車後、徒歩にて出発するが まず少し下流に戻って 片川にかかる橋で渡って尾根に取り付く。

新雪が薄く積もっている。
平成5年の遭難者の残置ザックの上には 雪が積もっていた
縦走路に出ると 快晴無風。祖谷渓を隔てて 天狗塚から三嶺 剣山 次郎笈などが見える。

矢筈山への縦走路は 夏ルートを外し、野生動物の足跡に沿って 全面的に北側の雪田を辿る。

北面の雪田。暖冬ながらも まずまずの雪の感触を味わせてもらう。

矢筈山頂東側も雪面を直登する。

矢筈山 「3.6度 2m 南西風 快晴 。天狗塚、三嶺、剣山 次郎笈などしっかり見える。北は阿讃山脈の向こうに 讃岐平野も見える。」

ここからは トレースあり。

石堂山 「2.3度 西風 2m 快晴 天狗塚 讃岐平野見える。」

ここからはトレースが更に増えた。

白滝山へ立ち寄って、石堂神社へ、ここから木地屋への道は、トレースがなかった。






平成5年の遭難者残置ザック平成19年2月12日撮影


平成19年2月12日撮影
剣山 次郎笈の間、黒笠山が見える。


平成19年2月12日撮影
三嶺 が岩の横 祖谷谷を隔てて見える。


縦走路北側の雪田平成19年2月12日撮影


平成19年2月12日撮影
野生動物の足跡を辿って、雪面を歩く。


平成19年2月12日撮影
気持ちのよい 雪面歩きを味わう。


平成19年2月12日撮影
矢筈山頂からサガリハゲ方面を見る


平成19年2月12日撮影
矢筈山下り

晴れ

矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526) 

【コースタイム】

木地屋 駐車地点 6:39 ---片川 橋 6:49---縦走路 (10:17-10:56) -- 矢筈山(12:20-13:18)--- 石堂山 (14:09-14:28)-- 白滝山 (14:58-15:03) --石堂神社 15:38 ---林道大惣線 16:00 --- 木地屋駐車地点 16:08

平成19年2月12日  


三嶺山頂平成19年2月10日撮影  

平成19年2月10日  曇り 晴れ
三嶺(1893)高ノ瀬(1740)丸石(1683)次郎笈(1930)剣山(1955)

【コースタイム】
名頃 4:12 -- 平尾谷登山口 4:45 -- 三嶺 (7:11-7:25) --カヤハゲ 8:26--白髪分岐 9:12--白髪避難小屋 9:20 --1700m三角点 9:45 -- 1732m 標高点 (10:12-10:24)--石立分岐 10:52--高の瀬 (11:21-11:33) -- 倒壊した小屋 11:56--奥祖谷かずら橋下山口 12:12 -- 丸石避難小屋 12:14 -- 丸石 (12:41-13:06) --スーパー林道下山口 13:20-- 次郎笈 (14:23-14:40) -- 剣山 (15:25-15:40) --西島リフト駅 16:05 --剣神社 16:31 --- 見越 16:35

【自転車】
見越 16:48 === 奥祖谷かずら橋 17:06 =====名頃 17:13

【距離】
累計歩行距離 22.605km 累計標高差 2561m
(地図上の高度で計算)50mメッシュ標高使用

【同行者】
なし

このところの暖かさで 雪が解けたようだ。この時期としては異例で、439号の路面に雪が無く、見ノ越 名頃間下りに、 自転車を使用できた。

三嶺山頂「マイナス3.8度 3-4m 北風 ガス」

高ノ瀬山頂 「マイナス1.0度 1m ガス。」

丸石 「+2.8度 0.5m 曇り 風弱く 雲の間から薄く日が差す 暖かく感じる。 雪が少ない」

次郎笈 「+1.8度 1m 北風 晴れ 日差しが暖かい。三嶺 高ノ瀬は霞んで見える」

剣山山頂 「マイナス3.2度 3-4m 西風 曇り 日が陰ると寒い 次郎笈 一ノ森は見えるが三嶺は見えない。」

暖冬で 雪が少なく 例年3月よりも 雪のない状態で 2月とはいえ積雪期といえない状態だった。


平成19年2月10日 概念図


平成19年2月10日 グーグルアース


白髪避難小屋平成19年2月10日撮影 


高ノ瀬付近 縦走路平成19年2月10日撮影


高ノ瀬 山頂平成19年2月10日撮影  


丸石避難小屋
この付近は雪が少ない。平成19年2月10日撮影


次郎笈へ最後の登り。平成19年2月10日撮影 


次郎笈を振り返る。平成19年2月10日撮影 


剣山山頂平成19年2月10日撮影 

  曇り 晴れ

三嶺(1893)高ノ瀬(1740)丸石(1683)次郎笈(1930)剣山(1955)

【コースタイム】

名頃 4:12 -- 平尾谷登山口 4:45 -- 三嶺 (7:11-7:25) --カヤハゲ 8:26--白髪分岐 9:12--白髪避難小屋 9:20 --1700m三角点 9:45 -- 1732m 標高点 (10:12-10:24)--石立分岐 10:52--高の瀬 (11:21-11:33) -- 倒壊した小屋 11:56--奥祖谷かずら橋下山口 12:12 -- 丸石避難小屋 12:14 -- 丸石 (12:41-13:06) --スーパー林道下山口 13:20-- 次郎笈 (14:23-14:40) -- 剣山 (15:25-15:40) --西島リフト駅 16:05 --剣神社 16:31 --- 見越 16:35

【自転車】
見越 16:48 === 奥祖谷かずら橋 17:06 =====名頃 17:13

平成19年2月10日


天狗塚から牛の背を見る 

平成19年2月3日 晴れ

牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)

【コースタイム】

西山林道 砂防堰堤 5:17-- 牛の背三角点 (7:49-7:53) --- 天狗塚山頂 (8:37-9:00) -- 天狗峠西山林道下山口 9:24 --天狗峠綱附森分岐 9:30 --- お亀岩 9:58 -- 西熊山 (10:40-11:01) -- 三嶺 (12:22-12:47) --三嶺ヒュッテ (12:57-13:19) --- 林業用作業小屋跡 14:24 -- いやしの温泉郷 15:12

【距離】

累計歩行距離 15.945km 累計標高差 1506m 地図上の高度で計算

天狗塚 「-6.2度 4m 西風 快晴 剣山 次郎笈 三嶺 矢筈山 東赤石山 笹ヶ峰 石鎚まで しっかり見える。」

西熊山 「-3.3度 4m 西風 快晴 日差しが暖かく感じる。」

三嶺 「-2.2度 3-4m 快晴。」

三嶺山頂で 紫雲さん、与力さんと 出会う。
一緒に いやしの温泉へ下り、紫雲さんの車で、砂防堰堤まで送ってもらった。
有り難うございました。


平成19年2月3日概念図



2007年2月3日GoogleEarth
2007年2月3日GoogleMaps


天狗塚平成19年2月3日撮影


天狗峠付近から西熊山、三嶺を見る
平成19年2月3日撮影


お亀岩付近平成19年2月3日撮影



西熊山下りから 三嶺を見る平成19年2月3日撮影



三嶺山頂平成19年2月3日撮影
 


三嶺から 三嶺ヒュッテ 剣山 次郎笈方面
平成19年2月3日撮影

晴れ

【コースタイム】

西山林道 砂防堰堤 5:17-- 牛の背三角点 (7:49-7:53) --- 天狗塚山頂 (8:37-9:00) -- 天狗峠西山林道下山口 9:24 --天狗峠綱附森分岐 9:30 --- お亀岩 9:58 -- 西熊山 (10:40-11:01) -- 三嶺 (12:22-12:47) --三嶺ヒュッテ (12:57-13:19) --- 林業用作業小屋跡 14:24 -- いやしの温泉郷 15:12

平成19年2月3日

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2