猛レース「山遊なかよしカタツムリCUP 剣山をめぐるサーキットコース」

| コメント(0) | トラックバック(0)

猛レースにて

「山遊なかよしカタツムリCUP 剣山をめぐるサーキットコース」を企画しました。

----------------------------------------------------

「ハセツネ」 の愛称で知られる 故長谷川恒男氏 を偲んでつけられた長谷川恒男CUPレース。 東京都山岳連盟日本山岳耐久レース。

 今年も大勢の参加者で 2008年10月12日(日)・13日開催予定で「制限時間24時間、全長71.5?。奥多摩主要峰全山を縦走する」

都岳連のサイトから引用すると
「レースの名前ともなった長谷川恒男は、ヨーロッパアルプス三大北壁冬季単独初登攀や南米アコンカグア南壁冬季単独登攀という、数々の記録を達成した世界的なソロクライマーです。ヒマラヤでは、ファイナルキャンプから頂上へアタックし、再びファイナルキャンプへ戻るとき、昼夜を問わず歩き続けることがあります。長谷川恒男はそのトレーニングの場所として奥多摩の山々を選び、昼夜を問わず駆け抜けました。このトレーニングが「日本山岳耐久レース」の起源であり、ヒマラヤを目指す若いクライマーのトレーニングとして位置づけられています。また、今ではクロストレーニングやマラソンランナーも多数参加し、自己の限界に挑戦するレースが繰り広げられています。」

-----------------------------------------

ハセツネ氏のように 山遊なかよしカタツムリさんが トレーニングルートとされた剣山をめぐるサーキットコース。

故人となられた山遊なかよしカタツムリさんを偲び 

山遊なかよしカタツムリ杯 剣山をめぐるサーキットコース」を企画しました。

みなさん どんどん 参加してください。

猛レース
http://latlonglab.yahoo.co.jp/race/


「山遊なかよしカタツムリ」さん「平成17年10月9日見の越?剣山?ジローギュー?三嶺?名頃?塔の丸?夫婦池?見の越という周回コースを歩いてきました。」

趣深山 平成17年10月9日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/371

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2008年8月30日 22:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「趣深山ALPSLAB」です。

次のブログ記事は「三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2