2009年3月アーカイブ


10mメッシュ標高の精細度を検証するために、10mメッシュ標高を使用しカシミール カシバードにて遠望してみました。

矢筈山(1848)を 高松市内から47kmの遠望です。

2009年3月28日のトラックログが表示されています。

高松市内のポイントとしては 中心部で 誰でも利用できる高層建物として 高松市庁舎を選定しました。高松市庁舎エレベーターホール南面は見晴らしがよく 視程さえよければ かなりの確率で 肉眼でも遠望できます。
 
方角188.2度 46.8kmの距離。
 

拡大
10mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 300ミリ遠望


東膳棚も見えます。


10mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 500ミリ遠望
拡大


50mメッシュ標高の遠望は
矢筈山(1848)の一発判定。第三弾!高松編


50mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 300ミリ遠望


50mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 500ミリ遠望

矢筈山 (1848) 遠望

平成21年3月28日


矢筈山 (1848)

【日時】平成21年3月28日

【天候】 曇り

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:32 --東膳棚(9:34-9:54) - 矢筈山 (11:20-11:59)----木地屋 林道大惣線駐車地点 14:29

【山頂】
矢筈山 「-4.4度 2m 北風 曇り。剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚  見える。肌寒い 新たに新雪あり」

【同行者】

なし


鳥瞰図 カシミール カシバードにて作成 10mメッシュ標高使用


標高1285m


標高1665m 新たに新雪有り。


標高1710m


標高1715m 


東膳棚から矢筈山をみる


標高1730m


分厚い 残雪 標高1700m


標高1670m 斜面をトラバース


標高1720m 矢筈山頂が 近づいてきた。


頂上直下 標高1815m 膳棚方面をみる


山頂直下 雪面を伝って ダイレクトに山頂へ


矢筈山頂 肌寒い


矢筈山頂から サガリハゲ 天狗塚 方面


山頂からの下り 標高1770m


下り 標高1750m


沢が 氷結している。
標高1635m


標高1615m


氷柱 冷えている 標高1595m


標高1570m 急な 雪面を下る。


標高1380m 新雪が積もっている。

平成21年3月28日

矢筈山 (1848)

【天候】 曇り

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:32 --東膳棚(9:34-9:54) - 矢筈山 (11:20-11:59)----木地屋 林道大惣線駐車地点 14:29

平成21年3月28日


平成21年3月21日 矢筈山 登山トラックログ

10mメッシュ標高 
カシミール基盤地図情報(標高)プラグイン カシバード使用で描画

■平成21年3月20日
カシミールの基盤地図情報(標高)プラグインが公開された。

http://www.kashmir3d.com/fgddem/

「基盤地図情報(標高)プラグインはをカシミールで読み込めるように変換する機能を提供します。
対応しているデータは下記のもののみです。
5mメッシュ(標高) 10mメッシュ(標高)50mメッシュ(標高) 250mメッシュ(標高)(北方四島のみ) 」

ということなので 早速 よく通い慣れた山域で試してみた。

■率直なところ 公開されているとはいえ やはり 膨大なデータ量で ひ弱な パソコンでは ダウンロードと それにつづく作業なども かなり忍耐強くやらなくてはいけない。

標高データ以外は使用できないと 注意書き有り。


■国土地理院がインターネットで提供している基盤地図情報
標高データ10mメッシュ(標高)

■四国だけで
zip圧縮 354MB をダウンロード
解凍後XMLファイル 3.93GB
XMLファイルをXEMファイルに変換して 94MB

■全国だと
zip圧縮で約5GBをダウンロード
解凍後XMLファイル約55GB。
XMLファイルをXEMファイルに変換して 1.5GB


世界遺産

ナショナル ジオグラフィック 日本版2009年3月号

九寨溝自然保護区が紹介されていた。

ウェブサイトでは 単に自然保護区の紹介だけであるが
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/magazine/0903/feature01/index.shtml

■9
九寨溝とは「九つの村がある谷」という意味

■30
長さ30キロのY字型をした渓谷

■80
入り口には80軒ほどのホテルが軒を連ねている。

■280、18000
280台のバスは、1日に1万8000人あまりの観光客を乗せて、風光明媚なルートを往復する。

■40
気象条件さえ整えば、四川省の省都である成都から空路で40分ほどしかかからない。


-- この続きは、ナショナル ジオグラフィック 日本版2009年3月号でお楽しみ下さい。--

ということで  
日本版2009年3月号を覗くと、

エドワード・ホークランド氏が世界遺産九寨溝自然保護区について辛辣な文章を書いていた。

以下 エドワード・ホークランド氏 引用

■かつて九寨溝には、ジャイアントパンダが数多く生息していたが、今はほとんどいない。

■”自然保護”という概念はもともと、手つかずの自然やそこに息づく野生生物、さらには自然がもつ美しさを守ろうなどと考えたこともない人々にとっては、全く新奇で、理解しがたい考えなのだ。

■しかし、数百万人もの観光客が手つかずの自然を損なうことなく、その素晴らしさを体験するすることなど、本当に可能なのだろうか。

」 エドワード・ホークランド氏 引用
ナショナル ジオグラフィック 日本版2009年3月号

自然保護のために 1992年世界遺産に登録された九寨溝。
今日 景勝地として 多くの観光客を集めている。
エドワード・ホークランド氏は 自然保護の考え方について 辛口の文章で締めくくっていた。

「動物園で飼育されるようになったパンダは、観光用に再現されたチベット仏教の僧院のようなものだ。外観は忠実に作られてはいるが 肝心な修行僧は誰もいなく、見せかけにすぎないからだ。」
エドワード・ホークランド氏


ナショナルジオグラフィック 世界遺産

矢筈山 (1848)

【天候】 晴れ

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:47 --- 矢筈山 (10:12-10:51)----木地屋 林道大惣線駐車地点 13:13

平成21年3月21日


矢筈山 (1848)

【日時】平成21年3月21日

【天候】 晴れ

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:47 --- 矢筈山 (10:12-10:51)----木地屋 林道大惣線駐車地点 13:13

【山頂】
矢筈山 「+10.4度 2m 南風 晴。祖谷側から暖かい南風。剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚   笹ヶ峰 石鎚山系 など見える。雪が少なくなってきた。」

【同行者】

なし


断面図


鳥瞰図カシミールの基盤地図情報(標高)プラグイン 
10mメッシュ標高 カシバード使用


標高1590m 沢に詰まった雪面を下り、雪の感触を楽しむ。


残雪 標高1630m


雪面を トラバース 標高1670m


雪面を上る。標高1700m 対岸の白滝山 石堂神社間の 南面は 雪がない。


標高1770m


標高1800m 膳棚方面を 振り返る。



矢筈山頂


矢筈山頂から サガリハゲ方面 バックに 天狗塚 が見える


矢筈山 北東面 で雪面を散策


北東面 標高1740m


雪面をトラバース 標高1630m


標高1520m
雪解けがすすみ 笹が 起き上がってきている。


2連橋


林道 大惣線から矢筈山を眺める。
雪が少なくなってきた。


平成21年3月21日


矢筈山 (1848)

【日時】平成21年3月15日

【天候】 晴れ

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:41 --- 矢筈山 (9:50-10:43)----木地屋 林道大惣線駐車地点 13:15

【山頂】
矢筈山 「マイナス5.1度 1-2m 北風 快晴。日差しは暖かく感じる。剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚  東赤石 笹ヶ峰 石鎚 など見える。新雪が積もった。」

【同行者】

なし


木橋 雪が嫌らしく付いて 滑りやすい。


二連橋


矢筈山頂 手前 稜線。


矢筈山 山頂手前 稜線 定点観測地点


矢筈山 山頂


矢筈山山頂 2


矢筈山山頂 から 黒笠山 塔の丸 剣山 次郎笈をみる。


矢筈山山頂から サガリハゲ 天狗塚をみる。


矢筈山 山頂直下 下り


矢筈山 下り2 


矢筈山 下り 気持ちよく下れる。


下り 


すばらしい 雪田にでる


下り


下り


途中にあった 氷瀑


振り返ると 木々の間に 矢筈山 山頂が見える。


林道 大惣線 


平成21年3月15日




矢筈山 (1848)

【天候】 晴れ

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:41 --- 矢筈山 (9:50-10:43)----木地屋 林道大惣線駐車地点 13:15

平成21年3月15日

矢筈山 (1848)

曇り 晴れ

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:45 --氷瀑散策 -- 矢筈山 (10:19-11:18)----木地屋 林道大惣線駐車地点 14:15

平成21年3月7日


矢筈山 (1848)

【日時】平成21年3月7日

【天候】曇り 晴れ

【コースタイム】

木地屋 林道大惣線駐車地点 6:45 --氷瀑散策 -- 矢筈山 (10:19-11:18)----木地屋 林道大惣線駐車地点 14:15

【山頂】
矢筈山 「マイナス2.5度 0.5m 北風 曇り。雲が流れるが、太陽からの日差しが 透けてきて暖かく感じる。時折 雲が切れ剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚など見える。が また 雲が流れる。」

【同行者】

なし


氷柱


氷瀑 水流が流れていた。平成19年(2007年)2月25日の記録


標高1700m付近


矢筈山 北側 稜線 定点観測地点


矢筈山頂 定点観測


サガリハゲ 方面 天狗塚も見える。


矢筈山下り 頂上直下


矢筈山 下り


矢筈山 を振り返る。北側は雪が残る。南側には 雪がない。


北側の残雪


残雪 その2


矢筈山 下り


二連橋


 平成21年3月7日

よもやま話> 矢筈山(1848) 北東面

■出版不況が深刻で、雑誌の休刊、廃刊、出版社の倒産が相次いでいる。

世の中、活字離れで、映像主体の文化になったとか、インターネットの普及、ウェブサイトの隆盛の影響 あるいは 出版流通経路などの問題 など 様々な原因がある。

勿論 紙ベースの本もIT化の波を受けて 電子ペーパー、電子書籍など、ウェブサイトでの ダウンロードを可能にした新しい出版スタイルもでてきたり、アマゾンなどの インターネット通販の流通経路も 伸展してきている。

だが 昨今の出版業界の現実は まるで 雪崩がおきたような 急速な 動きのようで、かつては しっかりした内容の本を出すことで定評のあった著名出版社が 次々と 沈没していく有様は何とも寂しい。


■もっとも 何事に限らず いつの 時代にでも 時とともに 世の中の変化はおこるものだ。

情報の受け手にとっては 昨今の激しい潮流の中で 巻き込まれ 翻弄されることなく それらの動きを どう感じ取り どのように受け止めて いかに冷静に的確に対応していくかが 一番大切なことだ。



■もとより ウェブサイトと 紙ベースの本と見比べてみれば それぞれ 大きな特徴があるが、今日、情報量と速達性の観点で 圧倒的優位に立つのはウェブサイトだ。

だが、星の数ほど多く存在するウェブサイトについて、書籍と比べて、情報の質で すべてのウェブサイトが決して高い質を持っているとは いえない。

たとえていえば 玉石混淆ともいえる。

その点 昔から長年蓄積された 書籍には 完璧なまでの内容に仕上がり キチンと構成され 細部にまで 細かな配慮がなされ 磨き上げられた 優秀なコンテンツの充実したものが多い。



■山の本でいえば、「株式会社 山と溪谷社 」は旧来の経営が行きづまり 2006年に経営権が変わり インターネット関連企業のI社のグループ傘下に入った。

I社は 山と溪谷社がもつ 蓄積された過去の コンテンツに注目した。

ようするに 媒体として 紙ベースだろうが WEBサイトであろうが 一番大事なのは 中身自体のコンテンツ 次第。

この点に関して まことに恥ずかしながら 拙作サイト、拙作ブログも 他のウェブサイトについて あれこれ注釈するどころでなく 正直に言えば「人の振り見て我が振り直せ」。

今後とも中身の充実を図り 石から玉になるよう 常に心がけて いかなければいけないと 反省する次第である。



ユーコンクエストに続いて アイディタロッドの犬ぞりレースが始まる。

http://www.yukonquest.com/

http://www.iditarod.com/

---------------------------------

ナショナルジオグラフィック 日本版 2009年3月号に
アイディタロッド 犬ぞりレースのことが書かれていた。

6時間 走って 6時間休むから 
連続14時間走行のチームが出てきているが、もとより鍛えられた 優秀な犬の 走行能力は もの凄いものがあるとか。


それにしても その犬を 操る マッシャー。 
酷寒の凍てついたルートを 14時間連続 連日連夜 1600kを 走りぬける 人間の側も これまた とてつもなく凄い。

---------------------------------

ランス・マッキー氏は 
2007年 2008年 ユーコンクエストとアイディタロッドとダブルヘッダー 同じ年で連続走破。連続優勝という とてつもない大記録を打ち立てた。

”The world's first & only 2 time
Yukon Quest & Iditarod champion!”

http://www.mackeyscomebackkennel.com

ランス・マッキー氏 2009年は ユーコンクエストには出なかったがアイディタロッドには出るようだ。

---------------------------------

ユーコンクエストは -55 F (-48 C) まで下がり、 -10 F (-23 C)以上には殆どあがらない酷寒の厳しい気象条件のもとで 走り抜ける。

(マイナス10度Cを超えると暑すぎて犬が動かないとか。)

走りぬいて 1週間から10日のインターバルをへて すぐまた次のアイディタロッド レース。

10日以上もかかる、1000マイル(1600km)と1100マイルのレースをダブルヘッダーで3500km(計20日間以上)連続走破。

これは とてつもない強靱な精神的肉体的なタフさ。
全く驚くばかり。

---------------------------------
ランス・マッキー氏の驚くべき記録
Iditarod
1,049 mile race ANCHORAGE TO NOME
2001 36th PLACE
2002 Scratched*
2004 24th PLACE
2005 7th PLACE
2006 10th PLACE
2007 1st PLACE
2008 1st PLACE
---------------------------------

Yukon Quest
1,000 Mile Race Fairbanks-Whitehorse
2005 1st PLACE*
2006 1st PLACE*
2007 1st PLACE*
2008 1st PLACE*

---------------------------------

ところで
ユーコンクエストに参戦されていた 本多有香さん。

 残念ながら 途中でスクラッチとなり 完走ならずでした。
よく ご健闘されました。お疲れ様でした。


http://cgi.morespeed.co.jp/YukaHonda/index.htm

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2