三嶺南面に 野生動物(シカ)

| コメント(2) | トラックバック(0)


http://www.youtube.com/watch?v=1h7m9WEtTbg

2010年2月7日 三嶺(1893) 山頂にて撮影

三嶺南面に 野生動物(シカ) が たくさん いた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/557

コメント(2)

TITLE: びいと啼く尻声悲し夜の鹿
SECRET: 0
PASS:
私には悲しい風景に見えます。
 友人の山猟師は、
鹿は自らが足腰が弱いことを知っているので、本来急な斜面や雪の深いところにはいない。
柔らかい下草が好きで、硬い樹皮を好んで食べることはないと言っていました。
 この鹿達が命がけで、厳しい条件である斜面で食べ物を求めているのは、相当厳しい飢餓状態にあると考えます。
 ここまで鹿を追い詰めたのは何なのか?
そして数十億年の命のバトンリレーを果たし、いま懸命にその命を繋ごうとしている鹿達を害獣と呼び駆除する事がはたして正しいことか?
 人間の価値観だけで、自然をみている人たちに、私は強い違和感を覚えます。

TITLE: 貴重なコメント有り難うございます。
SECRET: 0
PASS:
河童さん

貴重なコメント有り難うございます。
山域は人間だけの 自然ではなく、多くの動植物が生息するところ。
野生とはいえ どうしても 人間との関わりが 出てくるのですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2010年2月 8日 20:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)」です。

次のブログ記事は「立松和平(たてまつ・わへい)百霊峰」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2