「雑誌西山山頂」として「私製標識」のある位置と 1341m標高点とは

「雑誌西山山頂」として「私製標識」のある位置と 1341m標高点とは 距離110mの差があるようです。 雑誌西山 はたして 雑誌西山の 本当の山頂の位置は どちらでしょうか? 6cd4ab53e1121d1657667a968fb4d6d6.jpg 問題の「雑誌西山 私製標識」。その位置に疑問。 1341m標高点とは110mの水平距離がある地点に設置されている。 提案 紙製標識 「「私製標識」は残置すれば所詮ゴミです。 その点 紙製標識ならば 記念写真撮影後 お持ち帰りするのであれば 全く 問題はありません。」 2701e0dc5b70a1bc96f2c48a81fc6d70.jpg 縦走路の標識は笹に埋もれる。 笹漕ぎ箇所 が所々出てきています。 「さんれいの風」さんのサイトによれば 刈り払いは2007年。わずか2-3年で これだけ笹の繁茂とは、成長が はやいですね。 http://sanrei-30.web.infoseek.co.jp/taku-sanpo/sikoku-2/071108karaike.html

このブログ記事について

このページは、趣深山が2010年6月16日 06:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)」です。

次のブログ記事は「地図を見るより「地図を読む」もっと大事なのは まず足元。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2