西熊山 山頂で この先の 時間配分の判断を迫られた。


三嶺 西熊山間 積雪 定点地観測 地点  2011年1月8日撮影


------------------------------

■冬山は、積雪の状態で千変万化。


雪山では 雪が多いから時間がかかるのは当然だが、かりに雪が少なくても 雪質 潜り方 支持される層などの有無、天候など さまざまな要素が絡んで 時間が飛び去るように たちまち過ぎていく。


まあ トレースがあれば 楽だが 雪山の楽しみの大部分は トレースのない状態の山を登ることによって えられる場合が多い。


楽しみの多い トレースのない雪山のコースは、無雪期のコースタイムと違って 積雪で所用時間が 読みにくく 不確定要素も 多くなり この先の行動時間の予定が難しい。


しかも 日の短い 冬場。


日没までの限られた時間までに どう安全に配慮して 行動時間を配分するか。


------------------------------



西熊山 お亀岩間  積雪 定点地観測 地点 2011年1月8日撮影


------------------------------


■ 2011年1月8日


 三嶺山頂へ 到達した時間も 少し遅かったし、 三嶺山頂から西熊山まで 夏タイムのちょうど倍。2時間かかった。


 西熊山 山頂で この先の 時間配分の判断を迫られた。


多少のリスクあっても、やはり天狗塚へ向かうべきか、それとも 確実に ひのあるうちに 林道へ降りてしまうか。


------------------------------

■ここでの判断は 戦国武将、武田信玄 の言をおもいおこす。



「勝負の事、十分を六分七分の勝は十分の勝なり。子細は八分の勝はあやふし。九分十分の勝は、味方大負の下地なり」


「六分で勝つ」 というのは 戦い抜いた 百戦錬磨の 戦国武将の極意。


古来の戦国武将は長年の経験則として 六分の勝が一番、10の勝ちは 反感や 慢心、有頂天、うぬぼれ、舞いあがり につながるというのは、まさに山でも そのとおり。


山におきかえて ちょっと 安全策というか 「年」をとったような 無難な ところを 選択するのが 結果的に ちょうどいい。


------------------------------

■ 当初予定の 天狗塚 牛の背まで 完全縦走できなくて すこし 不満をのこすこと。 そうした 一寸 不満が次の山行のモチベーションのために 一番 ためになるのは確か。


雪山に限らず 春夏秋冬 いつも山では「六で勝つ」精神が大切。


十分の勝ちなどは 侮りにつながり痛いしっぺ返しを受けるだけ。


「九分十分の勝は、味方大負の下地なり」。


何事も あせらず 慌てず あなどらず 着実に歩むことが大事。


 ちょっと 不満で また山へ いつも再チャレンジにつながるのです。


------------------------------


2011年1月8日 趣深山ブログ


平成23年1月8日


趣深山Jimdo

このブログ記事について

このページは、趣深山が2011年1月12日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成23年1月8日 三嶺(1893) 西熊山(1815)」です。

次のブログ記事は「天狗塚(1812) 敗退」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2