4月の雪崩 矢筈山(1848) 膳棚 間 北側の斜面 標高1550m地点

| コメント(0) | トラックバック(0)

2012年4月
四国の山域では 珍しい 4月の大量降雪があったが 矢筈山北東面 標高1550m地点では 雪崩デブリあり。
http://shumiyama.blogspot.jp/2012/04/41848.html

4月の雪崩 矢筈山(1848) 膳棚 間 北側の斜面 標高1550m地点

平成24年4月。この山域では 珍しい4月の 大量降雪があり、
矢筈山北面 標高の高いところでは 
新雪が 堅雪の上に大量に積もり 4月7日 は とても不安定な積雪状態。

4月7日 この付近 はフワフワの不安定な 積雪状態で 一部 雪崩れ かけていた。 

4月7日 最大限の注意で このあたりを 迂回したが


一週間後 4月14日 見てみると やはり 本格的に 雪崩れていた。


場所
矢筈山(1848) 山頂 の 北東面 標高1550m(矢筈山頂 三角点から距離 860m)
矢筈 膳棚 間 北側の斜面
14-DSCN1758.jpg

2012年 4月14日撮影



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/803

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2012年4月14日 23:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成24年4月14日 矢筈山(1848)」です。

次のブログ記事は「10年間の写真ギャラリー 507アルバム 合計87575枚」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2