平成25年12月21日 三嶺(1893)

20131221-541.gif

平成25年12月21日 雪 曇り

三嶺(1893)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 7:10 -- 林業作業小屋跡 9:03 --1791m標高点 11:56 --菅生下山口標識 12:58 ---三嶺ヒュッテ 13:01--- 三嶺 (13:43-14:03)---三嶺ヒュッテ (14:19-14:45)--菅生下山口標識 14:49-- 1791m標高点 15:09--林業作業小屋跡 15:44--いやしの温泉郷 駐車地点着 16:35

【山頂】

三嶺「マイナス5.4度 北3m 雪 ガス 視界なし 」(累計登頂回数 397回)

山頂では 風雪で消えかかっていたが カヤハゲ方面からの トレースの痕跡あり。


【冬の降りはじめの時期 底までもぐる】

いやしの温泉郷からのみちは 新雪におおわれ 先週のトレースなどもう すっかり消えていた。

標高がたかくなるにつれ 雪は深くなり ラッセルのペースは落ちていった。

一気に降った 雪なので まだ締まらず踏抜きとなって 底までもぐる。

この時期 冬の降りはじめの特有の 雪がしまらず 底までもぐり状態で 案外 時間がかかる。

たとえ 積雪量は少なくても ラッセル消耗度は激しい。

三嶺ヒュッテから三嶺山頂までも 吹き溜まり通過で塹壕状態の箇所 など多々あり 結構 時間がかかり 結局 いやしの温泉から 6時間半で山頂。

山稜の 吹き溜まりの状況からして 西熊山への縦走路も とても時間がかかりそうだ。

三嶺山頂 14時。この時間からの縦走など やはり リスクが大きすぎる。

今回も 縦走は素直に断念、 きた道を引き返すことにした。

先週は装備不足で、今回は冬装備は完璧だが時間不足で、 2週連続で縦走敗退。

ようするに 縦走できるかどうかは 雪の状態次第。つまりは天気次第ということか。

下山中 小屋泊まりの数名パーティー 2組とすれ違う。

大勢が通過したので 朝 つけたトレースは しっかりした トレースになっていた。

http://youtu.be/_u5Vv1fjTSs


平成25年12月21日 三嶺(1893)

ピカサ写真


西祖谷 道の駅 付近 1度


京上トンネル 0度


いやしの温泉郷 朝


民家 


祖谷谷を隔てて 斜面の集落 雪景色を見る


民家


モノレール


モノレール 


モノレール


林用作業小屋 跡


樹林帯


樹林帯


つけた トレースを振返る


 これから 進む雪面


振返りトレースを見る


振返りトレースを見る


樹の枝にしっかり雪が積もる


張出しが大きい


鹿よけフェンス 紐の縛り方を見ると 前週のままで この一週間 誰も 来ていないようだ。


菅生下山道 分岐標識


三嶺ヒュッテ


三嶺山頂へ 向かうが 吹き溜まり 塹壕状態などで 手間取る


三嶺山頂


山頂標識


山頂標識


下り


下り


下り


三嶺ヒュッテ


三嶺ヒュッテ 入口


小屋内部


三嶺ヒュッテを後に


菅生下山標識


鹿よけフェンス くだり


下り途中で 2組の 小屋泊パーティーと すれ違う 

大勢が通過して朝の トレースはしっかりしたトレースになっていた


下り


モノレール 


雪の祖谷を見る


いやしの温泉 到着


菅生蔭 集落 雪景色


菅生小 跡


平成25年12月21日 午前9時 地上天気図


平成25年12月21日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成25年12月21日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成25年12月21日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動



  • 趣深山shumiyama.com 平成25年12月21日
  • 平成25年12月21日 h24
  • 趣深山Jimdo
  • 平成25年12月21日fc2
  • 平成25年12月21日digi2
  • 趣深山ブログgoo
  • 趣深山ブログfc2


  •  

    このブログ記事について

    このページは、趣深山が2013年12月22日 08:50に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「平成25年12月15日 三嶺(1893)」です。

    次のブログ記事は「平成25年12月29日 三嶺(1893)」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2