平成26年5月31日 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20140531-561.gif


【日時】平成26年5月31日

【天候】晴れ

【コース】見ノ越 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893) 菅生


【記録】

見ノ越 駐車地点発 2:36 --剣神社 2:38 --西島リフト駅 3:12 -- 剣山 (3:40-3:49)---次郎笈(4:18-4:27) ---スーパ-林道下降点 4:58 ---丸石 (5:11-5:26) ---丸石避難小屋 5:46--奥祖谷かずら橋下降点 5:48 ---荒廃した小屋跡 6:01---高ノ瀬 (6:25-6:34)--石立山分岐 6:52---1732m標高点 (7:11-7:17) ---1700m三角点 7:34 --白髪避難小屋 7:54 ---白髪山分岐(8:04-8:12) --カヤハゲ 8:39--三嶺( 9:24-10:10 )---三嶺ヒュッテ 10:22---菅生下山道分岐標識10:27 ---林業用作業小屋跡 11:22 -- いやしの温泉郷 (12:11-12:16)--菅生湿原--八幡神社社叢--菅生バス停着 12:48

菅生バス停 13:31======(バス乗車)======見ノ越 14:08着

【山頂】

■剣山 「+10.6度 北西 5.1m 星が見えるが 東の空がほんの少し しらじらとしてきた。」(累計91回目)

■次郎笈 「+10.7度 北6.8m 東の空があかくなった」(累計78回目)

■丸石 「+11.7度 北 3m  晴れ 剣山 次郎笈の間から 日の出 三嶺 天狗塚見える 」(累計73回目)

■高ノ瀬 「+13.5度 北3.6m 晴れ 黄砂があるが 剣山 次郎笈 三嶺 天狗塚 見える」(累計68回目)

■三嶺 「+20.2度 東 南 風1-2m弱く 気温上昇 晴 剣山 次郎笈 天狗塚 見える。」 (累計416回目)

気温が高く 緑が濃くなった。

剣山 三嶺 間 縦走 64回目。

【三好市営バス】

何年か前
 連休以外は ガラガラだった三好市営バスだが、

連休でなくても 今回 見ノ越まで 6名も乗車。
乗客数も次第に 増えてきたようだ。

名頃集落までは
 スクールバスとしての役割もあり
この日は
東祖谷中学生3名が乗っていた。

5月17日と同じ顔ぶれだった。

どの生徒さんも 
車内では礼儀正しく
降りるときは 手を振って きちんと挨拶。

【動画】
http://youtu.be/TsvR6TKEAK4

【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157644524643057/


平成26年5月31日 剣山(1955) 次郎笈(1930) 丸石(1683) 高ノ瀬(1740) 三嶺(1893)

ピカサ


ピカサスライドショー


桑平付近 15度 高い


見ノ越に 自転車。 最近多くなったような気がする。 何台か見かける


登山口


剣神社 簡易宿泊所


リフトと交差


西島野営場 テントあり


西島駅


刀掛け松


剣山山頂ヒュッテ 大きな寒暖計が外されていた


剣山山頂


剣山山頂


東の空 しらじらとしてきた


次郎岌 山頂


次郎笈下り


丸石方面を見る


スーパー林道 下山口


丸石山頂


剣山方面を見る


陽が差し込んできた


丸石避難小屋
ここで泊まった 方はすでに出発 (石立山分岐付近で 追い抜く)
5月17日も 同じパターンだった


内部


奥祖谷二重かずら橋 下山口


高ノ瀬 朝日を浴びる


旧 丸石避難小屋跡


高ノ瀬 山頂


高ノ瀬山頂から 剣山


石立山 分岐



石立山分岐の少しさきで 丸石避難小屋に泊まったパーティー 追い越し
白髪避難小屋 宿泊パーティー 2組と すれ違い


前回縦走した5月17日は この少し先の 位置で 丸石避難小屋に泊まったパーティー 追い越した


1732m標高点


1732m標高点


1732m標高点


1700m三角点


白髪山 方面を見る


白髪避難小屋付近から 三嶺


白髪避難小屋


内部


白髪避難小屋を振返る


白髪山分岐 から三嶺


三嶺 カヤハゲ


カヤハゲ


三嶺 を見る


三嶺 近づく


大岩手前


大岩


テキサスゲート


三嶺山頂


三嶺山頂


三嶺山頂から 西熊山方面


三嶺山頂から 剣山方面を見る


カヤハゲ方面へ向かう人


三嶺山頂  4-5パーティーいたが 人の出入りが激しく あっという間に 誰もいなくなった


三嶺山頂を振返る


三嶺ヒュッテ と池



名頃下山道を見る




三嶺山頂を振返る


三嶺ヒュッテ


三嶺ヒュッテ


内部


池と 山頂


三嶺ヒュッテ


山頂方面を見る


三嶺ヒュッテ


菅生下山道分岐 標識


1791m標高点から三嶺を見る


林用作業小屋 跡


モノレール


緑が濃くなった


モノレール


民家


いやしの温泉郷 登山口


いやしの温泉郷


菅生湿原に立ち寄る


菅生湿原


八幡神社にも立ち寄る


社叢


菅生小 跡地


スノーダンプ 雪上を 滑りやすくするために
 裏に 細工がしてある。
なるほど。知恵が凝縮している


祖谷川を渡る


菅生 バス停 到着


バス乗車 乗客数が増えてきている 気がする


見ノ越 到着


見ノ越に 標高看板が設置されていた
高度計を使う人が多いためか 校正用に使うといい

1398m


剣山 次郎笈を見る


三嶺を見る


平成26年5月31日 午前9時 地上天気図


平成26年5月31日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成26年5月31日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成26年5月31日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



剣山 ~ 三嶺 縦走記録


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/1028

コメントする

このブログ記事について

このページは、趣深山が2014年5月31日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成26年5月25日 烏帽子山(1670)」です。

次のブログ記事は「平成26年6月7日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2