平成27年5月24日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20150524-560-1.gif

平成27年5月24日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

【天候】

曇り 

【記録】
いやしの温泉郷 発 5:33-- 林用作業小屋跡 6:48 --1791m標高点 8:09 --菅生下山口標識 8:27---三嶺ヒュッテ 8:30--- 三嶺 (8:42-9:01) ---西熊山 (10:05-10:23) ---お亀岩 10:41---天狗峠綱附森分岐 11:05 ---天狗峠西山林道分岐 11:12---天狗塚山頂 (11:29-11:51)---牛の背三角点(12:21-12:28)---天狗峠西山林道分岐 12:59---1476標高点 13:28---西山林道天狗峠登山口(13:52-13:58) ---いやしの温泉郷 着 15:23

【山頂】

■三嶺 「11.1度 東 5m 曇り 剣山 次郎笈 天狗塚 見える 少し雲がかかっているが 笹ヶ峰 石鎚山系 見える」(累計登頂回数 453回)

■西熊山 「15.1度 北 1m 曇り 三嶺 次郎笈 天狗塚 見える。石鎚方面は雲がかかり 見えなくなった」(累計登頂回数 370回)

■天狗塚 「14.1度 北 2m 曇り 三嶺 剣山 次郎笈 矢筈山 見える 」(累計登頂回数 456回)

新緑前線が 稜線まで 上がってきていた。


【動画】

http://youtu.be/wiB7vj5GNSI


【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157651034826194

ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-645777.html



道の駅 にしいや


東祖谷 高野


いやしの温泉 


いやしの温泉 明るくなってから 出発


登山口


民家


モノレール


モノレール


標識


モノレール


モノレール 8:30分から営業運転
その前に 朝一 確認運転のため 係員が乗った車両が 運行されるが この時間は まだ 。


林用作業小屋 跡


林用作業小屋跡


少し開けたところ


塔ノ丸 丸笹 剣山 次郎笈が見える


剣山 次郎笈


1791m 標高点


1791m


三嶺 本峰を見る


三嶺 本峰を見る


剣山 次郎笈を見る


シカよけフェンス まだ 冬期休業中


1791m方面を振り返る 矢筈山 から黒笠山 津志嶽 の稜線を 見る


菅生 下山口 分岐標識


三嶺 本峰を見る


池 


三嶺 ヒュッテ


内部


三嶺ヒュッテ




剣山 次郎笈を見る


池 剣山 次郎笈 を見る


三嶺 山頂 手前


剣山 方面を振り返る


三嶺山頂


三嶺


剣山方面


落合峠 矢筈山 黒笠山 津志嶽 方面


白髪山 方面


剣山方面


石立山も見える


剣山 方面


白髪山方面


天狗塚方面


三嶺山頂を振り返り見る


テキサスゲート


三嶺山頂を振り返り見る


三嶺山頂を振り返り見る


三嶺山頂を振り返り見る


西熊山方面


白髪山方面


三嶺山頂を振り返り見る


三嶺山頂を振り返り見る


西熊山方面


三嶺を振り返り見る 三嶺山頂の 団体さんが 縦走路に入っていくのが見えた 


三嶺を振り返り見る


三嶺を振り返り見る


三嶺を振り返り見る


今日初めて 登山者とすれ違う この日 すれ違ったのは この方だけ


三嶺を振り返り見る 団体さん も見える 


西熊山 山頂


西熊山


西熊山


天狗峠方面を見る


山頂西側 縦走路


天狗峠を見る


天狗峠を見る


天狗峠を見る


お亀岩避難小屋


お亀岩避難小屋


お亀岩


お亀岩避難小屋


西熊山を 振り返り見る


新緑前線が 稜線まで 達している


白髪山


西熊山を振り返り見る


天狗峠登り


三嶺を振り返り見る


三嶺 剣山 次郎笈 を振り返り見る


天狗峠 綱附森 分岐標識


天狗峠から 三嶺を振り返り見る


三嶺を振り返り見る


天狗峠 西山林道 下山分岐


天狗峠 西山林道 下山分岐標識


天狗塚


天狗塚


天狗塚


天狗塚


天狗塚
山頂


山頂


牛の背


綱附森 


落合峠方面


天狗塚 振り返る


池の付近


天狗塚 振り返る


天狗塚 振り返りみる


牛の背


天狗塚 振り返りみる


天狗塚 振り返りみる


牛の背


三角点


三角点


天狗塚 振り返りみる


天狗塚 牛の背側から見ると 団体さんが 山頂にいる


天狗塚
巻き道を 通って 天狗峠側で 天狗塚を 見上げると 団体さんが下りてきている。


天狗塚


天狗塚


天狗塚


天狗塚


天狗峠


天狗峠


天狗峠


天狗峠


1476m


西山林道 天狗塚 登山口
団体さんのバスが 待っていた。

朝 いやしの温泉 駐車場で 見かけたので 前泊?
( 名頃から 三嶺~天狗塚のコース ?)


このバスには いやしの温泉 手前 800mで 追い越されることになる。


小屋


寒峰 方面を見る



法面


第四堰堤 水量は少ない
この付近で バスが通過


第三堰堤


いやしの温泉郷


いやしの温泉郷 先ほど 追い越していった 団体さんの バスも停まっていた。


いやしの温泉郷

--------------------------------------------------

あとで 調べると この団体さん 一行は、
 大阪の 山歩きの旅を企画しているツアー会社、 株式会社パステルツアーが催行している「波打つササの海原を歩く 剣山と三嶺~天狗塚」のツアー登山の ご一行様 だった。

--------------------------------------------------

「波打つササの海原を歩く 剣山と三嶺~天狗塚」

大阪南港起点で船中2泊 奥祖谷いやしの温泉郷一泊

【金曜日】5月22日 大阪南港・フェリーターミナル(22:00発)~~~<四国オレンジフェリー~~~ 船中(泊)

【土曜日】5月23日 ~~東予港(6:00頃着)==見の越駐車場(標高1420m)......剣神社......西島駅......刀掛けの松......行場......剣山(標高1955m・日本100名山・一等三角点・徳島県最高峰)...<次郎笈峠>...次郎笈(標高1929m)......丸石(標高1684m)......丸石避難小屋......奧祖谷かずら橋駐車場==奥祖谷温泉:奥祖谷いやしの温泉郷(泊)

【日曜日】5月24日 奥祖谷いやしの温泉郷==名頃駐車場......平尾谷登山口......三嶺小屋分岐......三嶺小屋......三嶺(標高1893m・日本200名山)......大タオ......西熊山(標高1816m)......お亀岩......天狗峠......天狗塚(標高1812m)......天狗峠......第一ピーク(標高1476m)......天狗峠登山口==奥祖谷いやしの温泉郷(入浴・夕食)==東予港(20:00乗船開始/22:30発)~~~<四国オレンジフェリー~~船中(泊)

【月曜日】5月25日  ~大阪南港・フェリーターミナル(6:10頃着)

--------------------------------------------------

両夜行のフェリー。 朝 東予港から東祖谷までも それなりに時間がかかり、2日間連続で登山。 帰途も 東予港まで時間かけて移動。

4日間かけて ご遠方より フェリー バスなどの 交通機関の所要時間 だけでも 結構大変な うえに、
 山歩きも 途中 チョット 何かが あると 時間的にタイトになりそうな感じがするような 楽でないコース。

お疲れ様です。

剣山 三嶺 天狗塚 縦走の 中抜け版といった 感じの縦走スタイル。

--------------------------------------------------


平成27年5月24日 午前9時 地上天気図


平成27年5月24日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成27年5月24日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成27年5月24日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画


  • 趣深山shumiyama.com 平成27年5月24日
  • 趣深山Jimdo 平成27年5月24日
  • 平成27年5月24日 fc2
  • 平成27年5月24日 digi2
  • 趣深山ブログ goo 平成27年5月24日
  • 趣深山ブログ fc2


  • トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/1092

    コメントする

    このブログ記事について

    このページは、趣深山が2015年5月24日 23:31に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「平成27年5月10日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)」です。

    次のブログ記事は「平成27年5月30日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2