2016年2月アーカイブ

20160227-561.gif
平成28年2月27日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

【天候】曇り 

【記録】

木地屋 駐車地点 6:51---矢筈山(11:05--11:42)---石堂山(12:54-13:28)---白滝山 (14:08-14:28)---石堂神社 15:10--林道大惣線登山口 15:34---木地屋 駐車地点 15:42

【山頂】

矢筈山 山頂 「マイナス3.8度 南西9-4m 曇り ガス 石堂山 サガリハゲ 見える 祖谷 谷をへだてて三嶺方面見えない」(累計登頂回数 146回)

石堂山 山頂 「+0.3度 西 4m 曇り 矢筈山 見える 祖谷 谷をへだてて 天狗塚 かすかに見える 」(累計登頂回数 98回)

白滝山 山頂 「+1.8度 西 3m 曇り 2月11日から 雪増えて 三角点埋没 」(累計登頂回数 61回)

累計山行日数  1698日 (うち 四国 1309日)


【APRS】


2016年2月27日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
「 JJ5MDM-7 」 緑色 アマチュア無線の電波
「 JJ5MDM-5 」 青色 ネット接続環境APRSdroid使用


今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家に お世話になり 感謝です。

趣深山 コールサイン 「 JJ5MDM 」
使用機器 YAESU FT2D

位置情報は 以下URLで 閲覧できます。
「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波 による
「 JJ5MDM-5 」 携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用


http://ja.aprs.fi/

「 JJ5MDM-7 」
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

「 JJ5MDM-5 」
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

今回 スマホアプリ「APRSdroid」を初めて 山岳地帯で運用してみました。

確かに こんなところでもというような 深い谷のなかでも 携帯電波が届くところでは しっかりと 発信してくれました。

ただ まだ 操作に不慣れで 設定ミスがあったり

APRSdroidで連続送信していたつもりが なっていなかったり
スマホのGPSが停止中だったり
携帯電波がすぐに 圏外になって 未接続のまま停止していたり
肝心な矢筈山山頂付近が欠落していたりする軌跡が
グーグルマップには でています。

いまだ「 JJ5MDM-5 」は練習中といったところです。
もうすこし 習熟して 使いこなせるようしていきたいものです。

【動画】

https://youtu.be/yltLbk_qYF0


【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157664994129201


ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-818691.html



つるぎ町 古見


木地屋赤松線から 林道大惣線へ


ヘアピンカーブ


鉄橋で片川を渡る


林道には 積雪


林道


林道終点


大雪の時は 足元が危ないところ 場合によっては高捲きも
だが 今冬は 2月とも思えないぐらい 雪が少ない


2連橋 これは 渡らない


流された 橋


登るにつれ 雪が増えてくる


小さな尾根にとりつく


登り


ふりかえる


雪が増えてきた


岩の間を抜ける


ふりかえる


急な登りになっていく


ふりかえる


尾根にのる


矢筈山が見えてきた


西側は険しいが自由自在に歩き回っている
野生動物の足跡がたくさんある


そろそろ 縦走路に合流する


ふりかえる


縦走路 合流手前


縦走路に入った 2月11日時点より 雪は増えている


矢筈山を見る


雪庇の張り出し に注意しながら慎重に


矢筈山 近づく


矢筈山山頂北側 雪庇の発達するところ
今冬は 雪が少なく 特に問題なし


石堂山方面を見る


登り


矢筈山頂 手前


矢筈山 山頂


サガリハゲ方面


山頂標識


矢筈山 第二峰 落合峠方面


落合峠 烏帽子山方面


矢筈山山頂西側から見る


黒笠山方面

祖谷谷 を隔てた 三嶺方面はガスで見えず


山頂を後に


下り


ふりかえる


下り


ふりかえる


定点観測地点


ふりかえる


矢筈山 ふりかえる


縦走路 石堂山方面


石堂山方面


縦走路


石堂山方面


1710m標高点 付近


1710mから矢筈山を見る


落合峠方面


ふりかえる


石堂山方面を見る


縦走路


ふりかえる


縦走路


縦走路


縦走路


縦走路


水場標識


石堂山 山頂


石堂山 山頂


矢筈山方面を見る かすかに天狗塚も見える


5号標識から 矢筈山を見る


5号標識から 御塔石方面を見る


ふりかえる


御塔石標識 いつもの年は ほぼ埋まるくらいの積雪量なのだが 今冬は雪が少ない


御塔石


石堂山方面を振り返る


矢筈山を振り返り見る


縦走路


石堂山から ツボ足のトレースがあったが 歩きにくいので 新たなトレースであるく。

この二つのトレースを見れば 「ツボ足でのラッセルは いかに消耗が激しい」のか がよくわかる。

寡雪の冬でも この差がでる。

ましてや 普段の積雪量の年では ツボ足ラッセルは雪山試練の鍛錬ならともかくも 時間がかかりすぎる。

ただし スノーシュー ワカンなど 雪中歩行の補助具を うまく使いこなすのは 雪山登山では とても有効なのだが
雪山の 基本となる 雪崩 雪庇 などの危険を避け ルートファインディング 地形判断力 読図力 天候判断 風雪に耐える 基礎体力 など基礎的な点も 同時に身につけておかないと
容易に奥深く 雪山に入り込んで 前後左右 行き詰まり 途方に 暮れる 可能性も出てくる。


ふりかえる


矢筈山を振り返り見る


矢筈山を振り返り見る


木地屋 分岐標識


白滝山 山頂 


白滝山 山頂


白滝山


下山


下山 ふりかえる


三角点


石堂神社


石堂神社


矢筈山を見る


大惣林道 登山口 矢筈山を見る


ヘアピンカーブ


朝渡った 橋

【気象】


平成28年2月27日 午前9時 地上天気図


平成28年2月27日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成28年2月27日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成28年2月27日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成28年2月27日
  • 趣深山Jimdo
  • 平成28年2月27日 fc2
  • 平成28年2月27日 xdomain
  • 趣深山ブログgoo 平成28年2月27日
  • 趣深山ブログfc2 平成28年2月27日


  • 20160221-562.gif

    平成28年2月21日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【天候】

    曇り 雪

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 6:22-- 林用作業小屋跡 8:01 --1791m標高点 9:49 --菅生下山口標識 10:13--三嶺ヒュッテ 10:15----三嶺 (10:32-10:58) ---西熊山 (12:07-12:33) ---お亀岩 12:55---天狗峠綱附森分岐 13:33 ---天狗峠西山林道分岐 13:41---天狗塚山頂 (14:15-14:41)---天狗峠西山林道分岐 15:06---1476標高点 ( 15:38-15:47 )---西山林道天狗峠登山口(16:10-16:18) ---いやしの温泉郷 着 17:47


    【山頂】

    ■三嶺「マイナス7.7度 北 4m ガス 視界なし 」(累計登頂回数 490回)

    ■西熊山「マイナス7.2度 北 4m  ガス 時折 ガスが切れて すこし下のほうが見える」(累計登頂回数 398回)

    ■天狗塚 「マイナス6.8度 北8-4m 曇り ガス視界なし 時折 ガスが切れて牛の背 天狗峠がすこし見えるが すぐまたガス」(累計登頂回数 484回)


    累計山行日数  1697日 (うち 四国 1308日)

    2015-2016の冬場は 大雪が降ったり 大雨が降ったり
    変動の幅の 大きい 暖冬・寡雪の冬となっている。

    ■40年ぶりの大寒波2016年1月23-25日

    暖冬のなかでも 2016年1月23日(土)- 25日(月)は
    40年ぶりの大寒波が来襲。

    ■2016年2月13-14日の暖かい大雨

     三好市京上98ミリ。

    季節外れの 暖かい雨で 前週2月14日の縦走路は 雪はすっかり融けた。

    ■2月15-17日降雪 2月20日大雨

    2月15-17日には また 寒気流入して 降雪。

    2月20日  三好市京上では 58.5ミリの累加雨量。

     雪は だいぶ融けてしまった。

    わずかになった なごりの雪を 楽しもうと いつもの山域に出かけた。

    【APRS】


    2016年2月21日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家に お世話になり 感謝です。

    趣深山 コールサイン 「 JJ5MDM 」
    使用機器 YAESU FT2D

    位置情報は 以下URLで 閲覧できます。

    http://ja.aprs.fi/

    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    【動画】

    https://youtu.be/AvU4ljQQC_A


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157662584828014


    ヤマレコ
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-816414.html


    祖谷トンネル


    道の駅 にしいや


    京上トンネル


    いやしの温泉郷 出発


    民家


    モノレール


    モノレール


    新雪あり


    新雪


    モノレール中間駅


    モノレール中間駅


    標識


    モノレール


    モノレール


    林用作業小屋跡


    林用作業小屋 跡


    沢をわたる


    樹林帯


    大岩


    1578m


    少し平らなところ


    晴れていれば 剣山が見えるところ


    標識 1791m


    1791m


    鞍部


    鞍部


    シカよけネット


    ふりかえる


    菅生下山道分岐標識


    三嶺ヒュッテ




    池 振り返る


    南面を見る


    三嶺 山頂手前


    三嶺 山頂


    三嶺山頂


    視界なし


    三嶺


    フスベ谷 下降点


    テキサスゲート


    シカよけネット


    縦走路 ふりかえる


    南面を見る シカが30頭ぐらいいたが 逃げだす


    オオタオ


    登り


    縦走路


    ふりかえる


    三嶺方面を見る


    三嶺方面を見る


    西熊山 山頂


    三嶺方面


    三嶺方面


    西熊山 山頂 西側縦走路 定点観測地点


    西熊山 下りで 天狗峠方面を見る。


    お亀岩避難小屋


    お亀岩避難小屋


    お亀岩避難小屋


    お亀岩


    お亀岩を振り返る


    大岩付近


    西熊山方面を見る


    天狗峠登り


    天狗峠登り


    西熊山方面を振り返り見る


    天狗峠登り


    ふりかえる


    三嶺方面を振り返り見る


    ふりかえる


    天狗峠 綱附森 分岐


    天狗峠 綱附森 分岐


    天狗峠 西山林道下山分岐


    天狗峠 西山林道分岐


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚


    天狗塚 山頂


    天狗塚 山頂


    山頂 ガス


    牛の背 方面 池は満水状態で氷結している


    天狗峠 西山林道 下山分岐


    西山林道下山分岐標識


    下り


    下り


    下り


    下り


    西山林道 天狗塚登山口


    西山林道 天狗峠 登山口


    林道歩き


    林道歩き


    林道歩き


    林道歩き


    林道歩き


    林道歩き



    寒峰方面を見る


    寒峰


    林道歩き


    菅生谷 第4堰堤


    菅生谷 第3堰堤


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    帰途は 小島峠をこえる 雪道。

    小島峠をふくむ 菅生伊良原線は 冬場は 除雪状況が悪いので
    大雪の冬には リスクが多くて 簡単には 越えられない。

    が 今冬は雪がすくないので 容易に越えられる。

    大雪の年は やはり 大歩危への道のほうが 除雪状態がいいので 安心して 通れる。 


    【気象】


    平成28年2月21日 午前9時 地上天気図


    平成28年2月21日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成28年2月21日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成28年2月21日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成28年2月21日
  • 趣深山Jimdo 平成28年2月21日
  • 平成28年2月21日 fc2
  • 平成28年2月21日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成28年2月21日
  • 趣深山ブログ fc2 平成28年2月21日

  • 20160214-561.gif

    平成28年2月14日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

    【天候】

    曇り

    【記録】

    いやしの温泉郷 発 7:09-- 林用作業小屋跡 8:38 --1791m標高点 10:19 --菅生下山口標識 10:40--三嶺ヒュッテ 10:43----三嶺 (10:57-11:23) ---西熊山 (12:35-12:57) ---お亀岩 13:15---天狗峠綱附森分岐 13:41 ---天狗峠西山林道分岐 13:47---天狗塚山頂 (14:02-14:21)---天狗峠西山林道分岐 14:35---1476標高点 15:01---西山林道天狗峠登山口(15:20-15:32) ---いやしの温泉郷 着 17:09

    【山頂】

    前日からの暖かい雨は 三好市京上98ミリ 香美市大栃208ミリ 香美市久保影247ミリの累加雨量。

    繁藤261ミリと 国道32号は規制値250ミリをこえ 大豊町から通行止め。

    この暖かい大雨で雪はすっかり融けた。

    ■三嶺「プラス7.5度 南西 7.2m ガス 視界なし 時折 ガスが薄くなり 下のほうが少し見えるが またすぐガス 雪はすっかり溶けた」(累計登頂回数 489回)

    縦走路を行くうちに ガスが切れだしてきて 三嶺を振り返り見ることができた。

    フスベ谷からは大きな沢音が聞こえる。

    縦走路から フスベ谷を 見下ろせば 斜面から滝状になった 水が勢いよく流れ、 沢が いく筋もの大きな沢筋となって 川幅全体が大きく見える。

    ■西熊山「プラス9.7度 南西7m 曇り 三嶺 次郎笈 天狗塚 見えるが 時折 ガスが流れてきて見えなくなる」(累計登頂回数 397回)

    ■天狗塚 「プラス5.6度 南西3m ガス視界なし 」(累計登頂回数 483回)

    ガスはビッショリになるほど水滴を含んでいて霧雨に近い感じだ。
    1476m標高点を過ぎ しばらく下りて やっと ガスを抜けた。

    累計山行日数  1696日 (うち 四国 1307日)

    【APRS】


    2016年2月14日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家に お世話になり 感謝です。

    趣深山 コールサイン 「 JJ5MDM 」

    使用機器 YAESU FT2D

    位置情報は 以下URLで 閲覧できます。

    http://ja.aprs.fi/

    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    【動画】

    https://youtu.be/XSeSpuTFbtQ


    【写真】


    flickr

    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157663962553769


    ヤマレコ
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-813481.html


    国道32号の山間部は 事前通行規制があり 連続雨量250ミリを超えると 通行規制が行われ 通行止めになる。

    高知県側は雨が多いようで 高知県大豊町から事前通行規制で通行止め(連続降雨 繁藤で261ミリ)

    徳島県側は まだそこまでは降っていないようだ。

    (徳島県側の 国道32号は 三好市山城町下川での連続雨量250mmで 三好市池田町白地 から 事前通行規制になる) 


    祖谷トンネルで 気温 プラス15度とは この時期としては 異常に高い。


    路肩の残雪


    道の駅 西祖谷


    にしいや道の駅 14度


    東祖谷 高野 12度


    いやしの温泉郷 雨が止んで 明るくなってから出発


    民家


    モノレール


    モノレール


    モノレール 中間駅


    標識


    モノレール


    モノレール


    林用作業小屋跡


    小さな沢でも 勢いよく 大量の水が 流れている。


    一杯流れている


    沢の幅が広がっている


    水流の勢いが 強い


    普段は 枯れ沢だが たくさん流れている


    大岩


    1578m標高点 


    1600m付近から 残雪が出てきた


    残雪


    少し平らになる ところも 雪なし


    雪なし


    晴れていれば 剣山方面が見えるところだが ガス 視界なし


    雪なし


    1791m標高点


    1791m


    1791m ガスで 三嶺方面 見えず


    鞍部の 付近 には 残雪


    シカネット 


    菅生下山道 分岐標識


    シカネット


    三嶺ヒュッテ


    三嶺ヒュッテ 内部


    三嶺ヒュッテ


    池 すこし凍っている


    残雪




    ガスが濃い


    三嶺山頂


    三嶺山頂


    ガス 視界なし


    ガス 視界なし


    縦走路


    すこし ガスが切れたがすぐまたガス


    ガスの切れ目に 西熊山方面ほんの少し見えた


    三嶺を振り返り見る


    西熊山方面


    テキサスゲート


    三嶺を振り返り見る


    三嶺を振り返り見る


    西熊山方面


    三嶺を振り返り見る


    わずかに残る 残雪 


    三嶺を振り返り見る


    縦走路


    フスベ谷を見おろすと 沢筋が広がって 激しく流れているのが見える。沢音も大きい。


    オオタオ には おおきな池ができていた。


    三嶺を振り返り見る


    縦走路


    三嶺方面を振り返り見る


    縦走路


    西熊山


    三嶺方面を振り返り見る


    天狗峠方面を見る


    西熊山山頂西側 縦走路 雪の貯まりやすいところだが 雪なし


    天狗峠方面を見る


    お亀岩付近


    お亀岩避難小屋


    お亀岩避難小屋


    天狗峠方面を見る


    お亀岩避難小屋と 西熊山


    大岩の付近


    天狗峠登り


    天狗峠 綱附森 分岐標識


    天狗峠 綱附森 分岐標識


    天狗峠


    天狗峠 西山林道分岐



    天狗塚 基部


    天狗塚 山頂


    牛の背方面 視界なし



    天狗峠 西山林道 下山分岐


    天狗峠 西山林道 下山分岐


    ガスの中を下山


    1476m


    西山林道 天狗塚 登山口


    西山林道 天狗塚 登山口


    雪なし


    路面には 水が流れる


    橋 小さい沢は 一杯の水流


    久保蔭谷橋


    寒峰 方面


    菅生谷 第四堰堤


    菅生谷 第3堰堤


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷


    いやしの温泉郷 雪合戦用の雪は 残っている


    いy氏の温泉郷 到着

    【気象】


    平成28年2月14日 午前9時 地上天気図


    平成28年2月14日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成28年2月14日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成28年2月14日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成28年2月14日
  • 趣深山Jimdo 平成28年2月14日
  • 平成28年2月14日 fc2
  • 平成28年2月14日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成28年2月14日
  • 趣深山ブログ fc2 平成28年2月14日

  • 20160211-481.gif

    平成28年2月11日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

    【天候】晴れ

    【記録】

    木地屋 7:15---矢筈山(11:02--12:06)---石堂山(13:19-13:52)---白滝山 (14:42-14:56)---石堂神社 15:38--林道大惣線登山口 16:01---木地屋 16:11


    【山頂】

    矢筈山 山頂 「+5.1度 風弱く 晴れ 剣山 次郎笈 三嶺 西熊山 天狗塚 石鎚山系 笹ヶ峰山系 見える。遠く大山まで遠望。」(累計登頂回数 145回)

    2月6日のトレースはすっかり消えていた。

    石堂山 山頂 「+6.4度 風弱く 晴れ 矢筈山 天狗塚見える 」(累計登頂回数 97回)

    白滝山 山頂 「+7.8度 風弱く 晴れ 雪少なく 三角点露出 」(累計登頂回数 60回)

    2月としては 例年にくらべ 異常に少ない積雪量だった。

    累計山行日数  1695日 うち 四国 1306日

    【APRS】

    2016年2月11日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家に お世話になり 感謝です。

    趣深山 コールサイン 「 JJ5MDM 」

    使用機器 YAESU FT2D

    位置情報は 以下URLで 閲覧できます。

    http://ja.aprs.fi/

    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    【動画】

    https://youtu.be/rXp7TrW3lOA


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157664490845686


    ヤマレコ
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-811208.html


    マイナス2度 つるぎ町 一宇 赤松


    片川沿い の 木地屋 赤松線を通り 林道大惣線 ヘアピンカーブ 


    片川を渡り 右岸沿いの林道へ


    林道はには 雪が残る


    雪あり


    林道


    片川沿いの道を行くが 雪の多いときは 谷が深いだけに かなり厳しいときもある


    二連橋


    流された一連橋


    片川 右岸沿い 左岸ぞいに きても ここで 一緒になる


    雪がだんだんと多くなる


    登り 


    ふりかえる


    登り


    ふりかえる


    笹が隠れるほどの積雪量ではない


    矢筈山 山頂が見えてきた


    そろそろ 縦走路と合流する


    雪面を振り返る


    縦走路


    矢筈山山頂をみる


    矢筈山


    矢筈山 山頂北側稜線 雪庇のでるあたり 定点観測地点
    例年に比べ雪は少ない


    大山を遠望する


    石堂山 白滝山を見る


    雪の貯まりやすいところ


    登り


    ふりかえる


    ふりかえる


    山頂直下


    矢筈山 山頂 2月6日のトレースは すっかり消えている


    矢筈山


    矢筈山


    黒笠山 剣山 次郎笈方面 を見る


    三嶺 西熊山 天狗塚 牛の背を見る


    紀伊半島方面を遠望する


    笹ヶ峰山系 石鎚山系 方面を 遠望する


    赤星山 二ッ岳方面を見る


    落合峠 烏帽子山 方面を見る


    黒笠山 剣山 次郎笈を見る


    手前にサガリハゲ バックが 三嶺 西熊山 天狗塚 牛の背


    下り


    山頂を ふりかえる


    山頂を ふりかえる


    雪庇の大きいところだが 今冬は 雪庇なし


    矢筈山山頂を振り返る


    ふりかえる


    石堂山方面を見る


    矢筈山を振り返り見る


    動物の足跡は ずっとついているが 前回2月6日のトレースは消えている


    矢筈山を振り返り見る


    矢筈山 本峰 と 第二峰


    雪の遅くまで残るところ


    石堂山方面を見る


    ふりかえる


    片川 側への 雪の張出が大きく 雪面を歩く


    雪面を行く


    雪で でこぼこがある


    ふりかえる


    縦走路


    縦走路


    水場標識


    石堂山 山頂


    石堂山 山頂


    矢筈山 方面


    御塔石を見る


    片川方面


    5号標識 と 矢筈山


    石堂山下り


    御塔石を見る


    平らなところに 雪がいっぱい


    御塔石


    石堂山 山頂を見る


    御塔石 標識 雪が多いときは この標識が埋まるほどの雪があるのだが


    ここも 埋もれるほどの雪があるのだが 雪が少ない


    矢筈山を振り返り見る


    下り


    ふりかえる


    ふりかえる


    矢筈山を振り返りみる


    標識


    縦走路


    石堂神社への分岐


    白滝山 山頂


    三角点が露出


    白滝山 山頂 この時期 標識が埋まるほどの雪が普通だが 今冬は 雪が少ない


    木地屋 林道 下山分岐


    この時期 南面のトラバース道は デブリで埋まるのが ふつうで
    ここは 尾根筋を通るのだが 南面は すっかり雪が解けている


    ここも 北面は しっかり雪


    北面


    二重稜線のところには 雪が残る


    稜線上でも雪が残る


    稜線上の道


    平らなところは 雪が多く残る


    下り


    神社近く


    神社


    神社


    神社


    トイレ


    樹林帯下り


    林道に出る


    林道から 矢筈山頂を見る


    ヘアピンカーブ


    ヘアピンカーブ


    朝 渡った 橋


    【気象】


    平成28年2月11日 午前9時 地上天気図


    平成28年2月11日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成28年2月11日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成28年2月11日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成28年2月11日
  • 趣深山Jimdo
  • 平成28年2月11日 fc2
  • 平成28年2月11日 xdomain
  • 趣深山ブログgoo 平成28年2月11日
  • 趣深山ブログfc2 平成28年2月11日

  • 20160206-561.gif
    平成28年2月6日 石堂山(1636) 矢筈山(1848) 落合峠(1520)


    曇り 雪


    【記録】

    深淵 駐車地点 発 5:57 --烏帽子山登山口 6:50 -- 石堂山 (8:57-9:37) --矢筈山 (11:11-11:53)-- 落合峠 (13:44-13:57) -烏帽子山登山口 14:46--深淵 駐車地点 着 15:29

    【山頂】

    石堂山 「マイナス3.0度 風弱く 西 1m 矢筈山 天狗塚 見える 笹が出ているが 雪あり 深淵から犬がついてきた 」

    矢筈山(1848) 「マイナス4.3度 南1-2m 曇り 三嶺 見える 西熊 天狗塚ガスがかかる。その後 西熊 天狗塚 見えるようになった 深淵からの 犬がついてきている」

    深淵を出発した時点から ずっと犬がついてきた。

    石堂山 西尾根登り途中で 落ち葉に隠れていたイノシシが 突然でてきて すぐさま犬が 猛然ダッシュで追いかけていった。

    その後 しばらくのあいだ 犬の咆哮が山中に響いていた。

    大きなイノシシに立ち向かうとは 首輪はないが 訓練されている 元猟犬なのだろう。

    石堂山頂 に到達するころ 犬は また あらわれてきた。

    ここらの 山域は知り尽くしていて 庭のようなものか。

    矢筈 落合峠への 急な雪面でも まったく動じることなく 自由自在に動き回る。
    危なそうな場所も 自分で判断して 迂回するなど 賢い。

    登山道 わざと はずれて あっち行き こっち行きしながら 行ったり 戻ったり 人間の歩く距離の 何倍も 動いているのではないだろうか タフな奴だ。

    以前 三嶺~剣山の縦走で犬がずっとついてきたことがあった。
    あの時は 雨の中。

    平成18年6月17日
    http://shumiyama.web.fc2.com/2006/20060617miune-turugi.html

    今回は 雪の山。

    動き回るスピード 俊敏さ まったく疲れないタフさ 驚くばかりだった。


    【APRS】


    2016年2月6日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

    今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家に お世話になり 感謝です。

    趣深山 コールサイン 「 JJ5MDM 」

    使用機器 YAESU FT2D

    位置情報は 以下URLで 閲覧できます。

    http://ja.aprs.fi/

    http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

    【動画】

    https://youtu.be/m5bxSKy8aUg


    【写真】

    flickr
    https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157662025063604

    ヤマレコ
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-807769.html


    深淵 集会所から 冬季閉鎖 通行止


    通行止 まだ暗いうちから 歩きはじめる


    烏帽子山 登山口


    徳島県道44号 三加茂東祖谷山線 雪あり


    徳島県道44号 三加茂東祖谷山線 雪あり


    元気な犬が 深淵から ついてきた


    雪道にも慣れているようだ


    徒渉地点


    尾根に乗る
    この先の 尾根上で イノシシと遭遇 
    ものすごいスピードダッシュで イノシシを追いかけていった
    谷間に 犬の咆哮が響く


    目印になる 大木


    尾根を登る


    登り


    いつのまにか さきほどの 犬があらわれる


    念入りに 足元のにおいを 確かめているようだ


    雪田


    石堂山 山頂


    石堂山 5号標識 バックは 矢筈山


    片川 側を見る


    石堂山 南側 水場標識 付近


    水場 標識


    東側に たっぷり雪あり


    縦走路


    縦走路


    雪の上を 足取り軽く 歩く


    体重が軽いので 潜らない


    片川側を 見る


    片川側を 見る


    縦走路


    石堂山方面を振り返り見る


    二重稜線状になっていて 雪の貯まりやすいところだが 今冬は雪が少ない


    ラッセルに苦しむところだが 雪は少ない


    矢筈山を見る


    雪慣れしていて どんどん先に歩いていく


    木地屋からの道との合流 付近


    木地屋からの道との合流 付近


    木地屋からの道との合流 付近


    木地屋からの道との合流 付近


    木地屋からの道との合流 付近


    矢筈山を見る


    雪庇の大きい ところだが 今冬は 雪が少ない


    矢筈山 北側 定点観測地点


    稜線


    矢筈山 近づく


    山頂 近く


    ふりかえる


    急なところも どんどん


    矢筈山 山頂


    矢筈山 山頂


    三嶺 西熊山を バックに 矢筈山 山頂


    サガリハゲを見る


    矢筈山頂を振り返り見る


    山頂 付近


    三嶺 サガリハゲを見る


    南東側に出て 凹地状のところを 抜けていく


    雪の貯まるところだが 今冬は少ない


    二重稜線の凹地


    鞍部 雪は少ない


    いったん登りなおす


    積雪期は 念入りに 登りかえして夏道のトラバースは 避けることにしている。 
    (このトラバースの夏道で 3月末に雪崩に遭遇した)

    表面クラストしていても亀の甲状に 一気に 割れ流された。


    矢筈山を振り返り見る


    精悍な顔つきだ


    下のほうを見ている


    ここまで 登り返すと 問題ない


    岩峰


    ここにも 雪がたまっている


    下り


    北斜面


    サガリハゲ分岐 標識


    下のほうを見ている


    標識 いつもは ほとんど 埋まるぐらいなのに 雪が少ない


    縦走路


    笹が露出


    冬季閉鎖の 道が見える


    落合峠への道


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    落合峠


    国土交通省 東祖谷雨量観測所


    この先から 旧道にはいる


    この先から 旧道に入る


    旧道

    >
    この 巨樹も いい目印になる


    折れた橋



    烏帽子山 登山口


    あとは 林道歩き


    民家


    民家


    到着


    深淵集会所 ( 旧 深淵 小)


    すっかり くつろいでいる


    松尾川ダム


    深淵 方面


    烏帽子山を見る


    桟敷峠


    桟敷峠


    【気象】


    平成28年2月6日 午前9時 地上天気図


    平成28年2月6日 午前9時 500,300hPa高層天気図


    平成28年2月6日 午前9時 850,700hPa高層天気図


    平成28年2月6日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



    短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成28年2月6日
  • 趣深山Jimdo
  • 平成28年2月6日fc2
  • 平成28年2月6日xdomain
  • 趣深山ブログgoo 平成28年2月6日
  • 趣深山ブログfc2 平成28年2月6日

  • このアーカイブについて

    このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2016年1月です。

    次のアーカイブは2016年3月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2