平成29年2月4日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

| コメント(0) | トラックバック(0)

20170204-561.gif
平成29年2月4日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 牛の背(1757)

【日時】

平成29年2月4日

【天候】

晴れ 曇り

【記録】

いやしの温泉郷 発 1:55-- 林用作業小屋跡 3:32 --1791m標高点 5:36 --菅生下山口標識 5:39---三嶺ヒュッテ 6:01---三嶺 (6:21-6:50) ---西熊山 (8:14-8:33) ---お亀岩 8:58 ---天狗峠綱附森分岐 9:45 ---天狗峠西山林道分岐 9:55---天狗塚山頂 (10:28-10:49)---牛の背三角点 (11:24-11:32) ----天狗峠西山林道分岐 (12:29-12:40) ---1476標高点 13:04---西山林道天狗峠登山口 ( 13:26-13:33 ) ---ふるさと林道 --- いやしの温泉郷 着 15:35

【山頂】

■三嶺「マイナス4.1度 北 4.6m 晴れ  東の空があかくなった 夜明け前 剣山 次郎笈 天狗塚 見える 」(累計登頂回数 528回)

縦走路で朝日

山稜は 27日に比べ 雪が一気に減って 締まっていて 歩きやすくなっていた。

■西熊山「マイナス1.8度 北 4.0m 曇り 三嶺 次郎笈 天狗塚 見える 遠く笹ヶ峰 瓶が森 石鎚山 見える」(累計登頂回数 429回)

■天狗塚 「マイナス0.6度 北 4m 三嶺 剣山 次郎笈 石鎚 瓶が森 笹ヶ峰山系 見える 」(累計登頂回数 514回)


大雪の後 いい天気が続き 雪は大幅に減って 締まって 歩きやすくなっていて、 快調に縦走することができた。

心配していた お亀岩避難小屋の裏からの雪崩は大丈夫だった。

牛の背では 2-30頭のシカの大群が いくつも 次々 でてきては 走り去っていた。数群で 推定 100頭以上。

【お亀岩~天狗峠登り区間の検証】

大雪の後の 前週1月27日に 三嶺から天狗塚までの縦走をめざし 西熊山の先で 積雪状況 ラッセルの進み具合など 勘案し 日帰り縦走の範囲を超えると判断。縦走は断念し 三嶺に 引き返した。

前回 引き返しの最大 懸念要因となった お亀岩~天狗峠登り区間。

今回の登りで 積雪量を つぶさに検証。

下部の大岩付近 や 上部 の雪庇のあるあたり を見ていると ゆきが少なくなっても まだ かなりの積雪が たまっていた。

たぶん 前週は 大量の締まらない湿雪にもぐりこみ 雪崩 雪庇ブロック崩壊の危険にさらされながら 苦戦のラッセルを強いられ 夏タイム数倍の所用時間がかかっていたと類推。

縦走断念は 無難な判断だった。

【ふるさと林道 林道阿佐名頃線】

■さらに 西山林道に降りて みると 轍 除雪なし。

西山方面にはツボ足トレースがあったが 菅生方面はトレースなし。

北側で 道路面 約20センチくらいの雪で ラッセルというほどでもないが やはり トレースなしの 林道歩きは つらい。

前週は この何倍かの積雪量だろう。

 この場合 久保まで 下りて 除雪された国道439号を歩く選択もでてくるが それでもバス運休なので 時間がかかる。

長い 菅生への林道阿佐名頃線だが 幸い 林業機械が残置されている付近(この日は林業作業なし)まで くると 林道が除雪されていた。

除雪のありがたみ が よくわかった。

-----------------------------------------------

【安全登山】

この山行では 安全登山のために 以下を実行しています。

■「コンパス」にて 登山計画届・下山届 を提出しています。
山と自然ネットワーク「コンパス」
http://www.mt-compass.com/

■山中では 常時 「ヒトココ」 を携帯しています。

電子登山計画届「コンパス」と連動して 「ヒトココ ID」 を届け出ています。
http://www.authjapan.com/
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=1117

■ヤマレコ ヤマメモ 登山中の「登山メモ」を一般公開しています 
「shumiyama」
http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/
http://www.yamareco.com/modules/yamamemo/userinfo.php?uid=42886

■APRS
アマ無線 「APRS」にて 登山中の現在位置をリアルタイムに一般公開しています。

「 JJ5MDM-7 」アマ無線ハンディー機 144/430MHz帯 (含 予備電池)2台 を携行。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600

「 JJ5MDM-5 」スマホアプリ「APRSdroid」使用。 
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600


-------------------------------------------

【APRS】

2017年2月4日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。

------------------------------------------------------------


「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 今回も 2台とも順調に 作動してくれました。

デジピータ、アイゲート各局運営の皆様に 深く 感謝です。


「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600

赤色のところで ドコモ携帯の電波が通じています。

はじめ 順調だったのに 三嶺山頂で スマホ 誤操作により 中間 途切れて失敗。冬期は 手袋はいたままなので スマホ画面操作によるミスが頻発。

------------------------------------------------------------
【動画】

https://youtu.be/J5tplfUar-o

【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157679964801375

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1058379.html

YAMAP
https://yamap.co.jp/activity/681615


いやしの温泉郷 登山口 暗いうちに 出発


標識


1791m


三嶺ヒュッテ 少しずつ 夜が明けてきた


東の空が あかくなってきた


三嶺山頂


みるみる 明るくなる 西熊方面


剣山 次郎笈方面


白髪山方面


三嶺山頂


フスベ谷 上部を見る


西熊山方面


縦走路にて 三嶺 方面から 朝日が射し込んできた


朝日に照らされる 雪面を ふりかえる


一気に 陽がのぼる


西熊山方面 この先で 縦走者とすれ違う


西熊山方面


西熊山 登り途中で 三嶺を振り返り見る


西熊山 登り途中で 三嶺を振り返り見る


西熊山山頂手前

 
三嶺方面 ふりかえり見る


西熊山山頂


西熊山 山頂西側 定点観測地点


西熊山下り 天狗峠方面を見る


お亀岩 手前


大雪で 気になっていた お亀岩避難小屋を見る 大丈夫だ

大雪の冬は お亀岩避難小屋付近では お亀岩避難小屋自体 含めて 過去何度か雪崩に見舞われています

小屋が雪崩に見舞われるのは 古く 剱沢小屋の雪崩遭難事例など 多雪地帯では珍しことではなく 多々あります。

積雪期 お亀岩避難小屋周辺の幕営は 槍平小屋周辺の雪崩遭難例もあり 大雪の冬は くれぐれも ご注意!

http://shumiyama.com/nadare/cat232/

2014年2月2日 お亀岩避難小屋


先ほどすれ違った 縦走者のトレースがみえる


まだ雪が これだけ積もっているのを見ると 確かに 大雪だった


お亀岩避難小屋 と 西熊山


お亀岩 避難小屋


お亀岩 標識 この鞍部は風の通り道で 雪が吹き飛ばされる


大岩の付近 だいぶ 雪がたまっている


天狗峠 登り


天狗峠 登り


三嶺方面を振り返り見る


天狗峠東面 カール状の地形に シリセード痕が。。。

大雪の年 この天狗峠東面には 数多くの雪崩痕が確認できるところ

四国のような 南国の雪山は 一日のうちで 雪質の変化が きわめて激しい 
私は 積雪期 お亀岩~天狗峠 間は 雪崩リスクが より少ないと 自分で判断する ルートを採用することにしています

■2015年2月1日 お亀岩から 天狗峠までの区間 
http://shumiyama.blogspot.jp/2015/02/201521.html

■2010年1月24日天狗峠 には 無知な登山者の 驚くべき光景を目撃
http://shumiyama.blogspot.jp/2010/01/2010124_24.html

■2008年 天狗峠 東面 雪崩
http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/2008tengpass.html

■大雪だった2005・2006年のシーズンの三嶺 天狗峠 天狗塚 雪崩マップあり
http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/2006nadare.html


天狗峠 綱附森 分岐標識 三嶺 剣山 次郎笈 方面を振り返り見る


天狗峠 綱附森 分岐標識 天狗塚を見る


天狗塚を見る


天狗峠 西山林道下山分岐 ケルンから天狗塚を見る


天狗塚


天狗塚


天狗塚 直下


天狗塚 山頂


牛の背をみる


天狗塚を見る


牛の背側から 天狗塚を見る


牛の背 で シカの大群 に遭遇 合計100頭以上


牛の背 三角点


牛の背から 三嶺 天狗塚を見る


天狗塚を見る


天狗塚を見る


天狗塚を見る


天狗峠から 天狗塚 牛の背を見る


天狗峠 西山林道下山分岐標識


下山途中


1476m


西山林道天狗塚登山口 除雪なし 轍なし


西山林道天狗塚登山口 除雪なし 轍なし


林道 積雪20センチぐらい


長い 林道歩き これが 一番 精神的に疲れるところ


待望の除雪にであう 


菅生谷 第四堰堤


前週 1月27日28日の雪合戦では この空き地に積もった 雪を 雪合戦用に調達していた


いやしの温泉郷


いやしの温泉郷 冬期休業中 4月1日営業再開予定


いやしの温泉郷 到着

【気象】


平成29年2月4日 午前9時 地上天気図


平成29年2月4日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成29年2月4日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成29年2月4日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 平成29年2月4日
  • 趣深山Jimdo 平成29年2月4日
  • 平成29年2月4日 fc2
  • 平成29年2月4日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 平成29年2月4日
  • 趣深山ブログ fc2 平成29年2月4日


  • トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://shumiyama.com/mt/mt-tb.cgi/1204

    コメントする

    このブログ記事について

    このページは、趣深山が2017年2月 4日 22:51に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「平成29年1月28日 三嶺(1893) 西熊山(1816)」です。

    次のブログ記事は「平成29年2月12日 三嶺(1893)」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2