令和2年1月2日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

令和2年1月2日 矢筈山(1848) 石堂山(1636) 白滝山(1526)

【天候】 晴

【記録】

木地屋橋 7:27 --- 矢筈山(10:47--11:37) --- 石堂山(12:43-13:03) --- 白滝山 (13:42-13:54) --- 石堂神社 14:35 --- 林道大惣線登山口 15:04 ---木地屋橋 15:14

【山頂】

今年もまた 年始登山は 矢筈山。

入山者が少なく 雪が多くて かなり手強い はずだが 今冬は麓から雪なし。

木地屋橋を ゆっくり 明るくなってから出発。

右岸の林道が さらに奥に延伸工事中で 二連橋手前付近まで 延びていた。

標高1100mから雪をチラホラ見かけ、標高1200mを過ぎたあたりの日陰では 雪の上を歩くものの 登っていっても 雪はウッスラのままで 積雪量は一向に増えない。

しかも 日向では 雪は すっかり融けている状態。

雪なしだと ゆっくり登っても あっけなく山頂へ。

頂上では 地面が露出。

通常 この山域で最深雪となる事が多い矢筈山だが、今冬 この時期 雪なし とは 本当に 珍しい。

矢筈山 「マイナス1.3度 南2m 晴れ。 剣山 次郎笈 高ノ瀬 三嶺 西熊山 天狗塚 牛の背の 山稜が しっかり見える。サガリハゲ北東面は白く雪があるが 東祖谷の谷は雪なし。烏帽子山 寒峰 中津山見える。国見山は山頂付近 すこし雲あり。」(累計登頂回数 164回)

落合峠方面を見ると 峠付近に4WD車を多数 目撃。雪がないので 峠まで楽に到達できるのだろう。

石堂山 「マイナス0.4度 西3.7m 晴。矢筈山 天狗塚 見える。山頂の雪は ほとんど融けている。 片川も雪なし。」(累計登頂回数 110回) 

石堂山から 刈払いあり。

白滝山 「プラス0.6度 西3m 晴。雪殆ど融けてチラホラ程度。」(累計登頂回数 70回)

石堂神社付近では 伐採作業が進んでいて、旧道がわかりにくい状態だった。

今日は山中では 誰にも会わず、0名。
ただし 帰途 道の駅で 高名な某 山屋さんに バッタリ 遭遇した。

2020 令和2年1月2日現在
累計山行日数 1870日(内 四国 1481日)


【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157712484884513

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2164896.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/5343421


【APRS】

2020年1月2日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400

アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
今回 2台とも順調。


「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用、今回 順調に作動。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

-----------------------------------------------------------

【気象】


令和2年1月2日 午前9時 地上天気図


令和2年1月2日 午前9時 500,300hPa高層天気図


令和2年1月2日 午前9時 850,700hPa高層天気図


令和2年1月2日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画


短期予報解説資料




  • 趣深山shumiyama.com 2020年1月2日
  • 趣深山Jimdo 2020年1月2日
  • 2020年1月2日 fc2
  • 2020年1月2日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2020年1月2日
  • 趣深山ブログ fc2 2020年1月2日


  • このブログ記事について

    このページは、趣深山が2020年1月 2日 17:20に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「令和元年12月28日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)牛の背(1757)」です。

    次のブログ記事は「令和2年1月5日 三嶺(1893)西熊山(1816)天狗塚(1812)牛の背(1757)」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2