令和3年1月16日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

令和3年1月16日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)

【日時】 2021 令和3年1月16日

【天候】 曇 雨 雪 晴

【コース】 菅生 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812) 菅生

【記録】

いやしの温泉郷 発 3:03-- 林用作業小屋跡 4:39 --- 1791m標高点 6:52 --- 菅生下山口標識 7:38 --- 三嶺 (7:57-8:19) --- 西熊山 (9:50-10:02) --- お亀岩 10:29 --- 天狗峠綱附森分岐 11:25 --- 天狗峠西山林道分岐 11:35 --- 天狗塚山頂 (11:58-12:16) --- 牛の背 引き返し 12:44 --- 天狗塚山頂 (13:11-13:14) --- 天狗峠西山林道分岐 13:36 --- 西山林道天狗峠登山口 14:54 --- いやしの温泉郷 着 16:58


【山頂】

未明の いやしの温泉郷を出発、前週に比べ 雪は 少なくなって 締まってきている。トレースあり。

曇り空で 気温が高く そのうち小雨も降る。上の方は ガス 小雨。

■三嶺 8:07 「プラス0.8度 南西4-5m ガス 視界なし。」(累計登頂回数 687回)

雪が締まってきているので 縦走路に向かう。

西熊山 への登りは 稜線直登ルートをとる。

西熊山南面 全層雪崩 崩壊箇所 多数。

稜線上の南側にも 大きなグライドクラック 多数あり。

■西熊山 9:57 「プラス1.0度 西7-8m ガス 視界なし。」(累計登頂回数 568回)

■お亀岩避難小屋は ガスの中 稜線から見る限り 稜線からの 雪崩は おきてなく 小屋は無事。

過去の 大雪のときは 小屋の北側斜面から 雪崩が発生。ギリギリ セーフだったこともある。

■お亀岩~天狗峠の 登りの雪庇発達地帯は 南側に崩壊したり 崩れかけの箇所が 多かった。

通りかかると 近くで 小規模 雪庇崩壊を2回 目撃。

1月2日矢筈山で雪庇崩壊で 痛い目にあっているので 慎重に ルート選定。

■天狗峠で やっと ガスが切れて 天狗塚が見えてきた。

天狗峠 東面は 上部に大きなグライドクラックあり。

天狗峠 南面には 雪崩デブリ痕 あり。かなり下まで流れていた。

■天狗塚 12:11「プラス3.0度 南西4m 曇り。ガスがとれて 牛の背 天狗峠 綱附森 土佐矢筈山 見える。」 (累計登頂回数 653回)

■天候が回復したので 時間的に 厳しいかなと 思いつつも、一応 牛の背に向かうが やはり 雪が多く 一向に 進まない。

池の先で 振り向いて 天狗塚の写真を とったところで 天候が急速に悪化。ガスに覆われて 雪までふりだす。

天地境界が見分けがつかない いわゆるホワイトアウト。

アプリのはいった スマホ3台、ガーミン1台。コンパス2台。地図多数 所持しているものの このまま 足元の勾配しか 地形情報が得られないまま 牛の背三角点まで 五里霧中のラッセルしていたら とても時間が かかりすぎると 判断。

■牛の背三角点は 断念、天狗峠へ 元きた とおりに 引き返す。

幸い 天狗塚から 牛の背側の 下りも きれいにステップをつけて 降りてきているので 捲道を新たに 深雪ラッセルするより トレース通り登り返したほうが 絶対 早いし 楽だ。

■尻セードしない のが 私の流儀。

雪山は 本当に わからないことが多い。

自分では大丈夫と判断した 雪面が崩れることもあるかもしれない。

 足元しっかり一歩ずつ 歩んでいれば 転滑落など 万が一のとき トッサに 多少とも 自ら 対応できるかもしれないが、

でも 雪崩には 無力かもしれない。

尻セードでは どんな緊急的な場面で 自ら コントロールできる 可能性が低くなる。

もとより アウターウエアに使用されているゴアテックスなどは 高価。

もし尻セードにて 木の枝や 石 岩角などで 傷つけたら 経済的にも 痛いことだ。

かりに ヒップソリ使っても ゴアテックス損傷の可能性は 同様に ある。

今回のような 予定外の 引き返しのときも スッテップをきれいに残したトレースだと 引き返しも 楽。

初夏の高山雪渓でのコントロールできる範囲内の 少しのグリセードは あっても 雪山での 尻セードは しないのが 昔からの 私の流儀です。

■林道におりて 歩いているうちに 天候は回復。

帰路の国道439号線 から見上げると 天狗塚が きれいに見えていた。

■この日 山中で であった登山者は、

天狗峠~天狗塚 2名。

計2名。

天狗塚登山口 駐車車両 0台。


2021 令和3年1月16日現在
累計山行日数 1918日(内 四国 1528日)

【動画】

https://youtu.be/SzcMZZJ-JhM

【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157717921070508

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2866086.html

YAMAP
https://yamap.com/activities/9472305

【APRS】

2021年1月16日 APRS(Automatic Packet Reporting System)

APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。

ただしアマチュア無線家の皆様によって運営されていて アマチュア無線従事者の資格と アマチュア無線局の開局免許が必要となります。
今回も アマチュア無線位置情報システムAPRSネットワークを しっかり使わせていただきまして、多くのアマチュア無線家のみなさんには 大変お世話になり ありがとうございました。


「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=86400&tail=86400
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 
今回 2台とも順調。


「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用。
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400


「 JJ5MDM-7 」と「 JJ5MDM-5 」を 同時に表示
http://aprs.fi/#!mt=roadmap&z=11&call=a%2FJJ5MDM-7%2Ca%2FJJ5MDM-5&timerange=86400&tail=86400/

-----------------------------------------------------------

【気象】


令和3年1月16日 午前9時 地上天気図


令和3年1月16日 午前9時 500,300hPa高層天気図


令和3年1月16日 午前9時 850,700hPa高層天気図


令和3年1月16日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



短期予報解説資料



  • 趣深山shumiyama.com 2021年1月16日
  • 趣深山Jimdo 2021年1月16日
  • 2021年1月16日 fc2
  • 2021年1月16日 xdomain
  • 趣深山ブログ goo 2021年1月16日
  • 趣深山ブログ fc2 2021年1月16日

  • このブログ記事について

    このページは、趣深山が2021年1月16日 22:04に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「令和3年1月10日 三嶺(1893)」です。

    次のブログ記事は「令和3年1月31日 三嶺(1893) 西熊山(1816) 天狗塚(1812)」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    月別 アーカイブ

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 6.1.2