道迷いの最近のブログ記事

平成23年3月5日撮影 樹林帯を抜ける。

 

牛の背の遭難に思う

平成23年3月5日牛の背 三嶺の縦走。

この山域で平成23年3月6-7日にかけて道迷い遭難があった。

率直に いって ともかく 全員無事で何よりでした。

とかく遭難事故を 当事者でないものが 一部の断片的情報だけで 単純に判断し 後出しジャンケンのように あれこれと遭難者を批判・非難したりするのは 私は好きではない。

ただ 私の 牛の背の過去の体験 からいえるのは、3月5日現在 牛の背(三角点) の登頂回数は286回

うち 積雪期 風雪の 牛の背で 迷いに迷って彷徨したのも多数。

こうした苦労した中で ことに数メートル以下になり 極端な低視程状態で 全く 一寸先 足元 天地の見極めすら つかない いわゆる全くのホワイトアウト状態も何度も経験。

GPSを所持する きっかけになったのもこの 牛の背のホワイトアウトで苦労したのが原因。

200回以上の 多数の経験あれば 少々の低視程では大丈夫 と思っていても やはり 低視程の状況によっては 方向感覚が狂い地形判断ができなくなりハットすることが いまでも多々ある。

風雪のもと 刻々と変化する変幻自在な積雪状況では 無雪期の地形が全く変わっていて、あらゆる変化のケースを人間が読み切ることなど とてもできない。

地図磁石をもとに 五感すべて集中させても 白一色 足元だけの 雪の付き方 僅かな地形の傾き 地形の方向 風向き 風紋などの限られたインプット情報のみでは 読図・地形判断を誤るのだ。

所詮 人間の200や300回程度の経験では 自然のほうがはるかに変幻自在で 上手をいく。

やはり 低視程は 本当に 恐ろしい。

明日は我が身。

今回の遭難騒ぎを 他山の石として、山の危険を再認識して、自分の今後の山行の戒めとしていきたい。

 

低視程の牛の背

liom-2010.jpg 2010年6月19日 ガスで低視程の牛の背を下る。途中 大きな特徴のある岩は 道しるべの 目印となり助かる。 視界が効かないので まず 足元を観察し 大地の傾き 傾斜の向きなど 地形を読み取りながら下る。 だがよく見れば 濃い霧の中でも 目印はいくつもある。  途中には ほかにも 岩や 木など 見覚えあるものなど いくつもあり これらをガスのなかでも しっかり 視認し 適宜つないでいけば 迷うことなく 進んでいける。 要は 自然の地形 岩 木 を 目印にすれば 人工的な 赤テープ類に 頼らなくてもよい。 ルートファインディングとは赤テープを探すことをではないのだ。  林業用とか 国土調査 測量用などは 本来 別の目的である。  登山用に限れば 大体において 山域に精通した人ほど 赤テープ類など つけることもない。 やたらと 赤テープ類をつけるたがるのは 間違いなく 熟達者ではない。  ルートに対する不安感がある人とか  犬の放尿マーキングのような 自己顕示欲の強い人 が 残置赤テープでゴミを増やしているのではないだろうか?  ----------------------------- 私製標識 残置テープ 人の持ち物に 無断で自分の名前のタグをつける。。。 かなり以前のことであるが そのころ通っていた ある山域。 その 山の中で 出会った 地元の林業関係者から 登山者のつける「テープ、私製標識類」に 厳しい苦言を 直接 聞いたことがあった。 手塩にかけて 植林して 育てている 木々に やたらと テープなどつけるのは何事か? 人の山に来て 無神経ではないか。 もともと 赤テープ反対派の私は そのとき「そうですね」と相槌を打ったが、 そのとき 「○○山岳会」などの名前入りでつける標識など とくに 非難が集中していた。 いわれてみれば 人の持ち物に 無断で自分の名前のタグをつけるような 行為といえる。 私有林 国有林 でも ほかに所有者にが おられる事ですから 山中に入らせてもらうだけでも有難いことだと感謝の気持ちをもって そっと静かに入り、たち去るのが登山者の守るべき 基本的なマナーだと思う。 赤テープ考
地図を見るより「地図を読む」。もっと大事なのは まず足元 地図を見るより「地図を読む」方が大事というが、それとともに もっと大事なのは まず足元をみること。 足元とは 自分のいる 地形を よくみて、周りの地形を読むこと。 そもそも3次元的なものを 表現するには  立体模型なら 一番良いのだろうが 簡単には携帯できない。ポケットにでも入る 地図というのは 等高線などで表現されていても 結局は平面的なものだ。 地図では 実際は3次元の地形が 等高線などで2次元に 落とし込められている状態。 地図を読むには 地形を読みとり、想像力を高めておくことが 必要だ。 地形が頭に入っていて、地図が頭に入っていれば、素早く 地形が想像され 立体的な地形が頭の中に 精密に 描かれるだろう。 結局は 地図を読むことは 実際の地形を 想像するのを 助けてくれるだけなのだろう。
「雑誌西山山頂」として「私製標識」のある位置と 1341m標高点とは 距離110mの差があるようです。 雑誌西山 はたして 雑誌西山の 本当の山頂の位置は どちらでしょうか? 6cd4ab53e1121d1657667a968fb4d6d6.jpg 問題の「雑誌西山 私製標識」。その位置に疑問。 1341m標高点とは110mの水平距離がある地点に設置されている。 提案 紙製標識 「「私製標識」は残置すれば所詮ゴミです。 その点 紙製標識ならば 記念写真撮影後 お持ち帰りするのであれば 全く 問題はありません。」 2701e0dc5b70a1bc96f2c48a81fc6d70.jpg 縦走路の標識は笹に埋もれる。 笹漕ぎ箇所 が所々出てきています。 「さんれいの風」さんのサイトによれば 刈り払いは2007年。わずか2-3年で これだけ笹の繁茂とは、成長が はやいですね。 http://sanrei-30.web.infoseek.co.jp/taku-sanpo/sikoku-2/071108karaike.html

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち道迷いカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは生き抜くです。

次のカテゴリは長距離です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2