gpsの最近のブログ記事

いよいよ 8月12日午前0時 日本海から太平洋へ 3000mの山並みを縫って

 TJAR(トランスジャパンアルプスレース) が始まります。

四国からは 2名の選手が出場。

 日頃 四国の山々で鍛えた 自慢の健脚を発揮されますよう!

祈 ご健闘!!

http://www.tjar.jp/

今回からGPSをつかって 刻々と リアルタイムに選手の位置情報がはいるそうで 応援にも熱が入ります。
ipadにて2012年7月14日のGPSログを見る


ipadにて2012年7月14日のGPSログを見る。

この ログはガーミン社のmap60csxで取得したが

ipadで「Field Access」をつかい
 電子国土地図上で GPSログを見てみる。

PCソフト 「カシミール」でみるように
なかなか使い勝手がいい。

8000m 14座をめざす竹内さん
いよいよ王手
順調に ダウラギリサミットプッシュ中

 GPS SPOTで刻々と 位置情報が入ってくる。
http://weblog.hochi.co.jp/takeuchi/

8000mの 高山という 厳しい条件下 こうした極限のでもとでも正常に作動する GPS SPOT。

昔なら登攀中 たびたび 立ち止まって BCと定時交信し BCから日本に連絡(あるいは伝令)などという 定時交信スタイルが通常だったのが GPS SPOTの活躍で 時代がすっかり変わった。

竹内さん 14erへ あと 少し。
 無事 完登、 無事下山を お祈りいたします。

竹内さん20120527

------------------------------------------------------------------------------
GPS SPOTの活躍

http://www.findmespot.com/en/

このGPS SPOT 今冬の極北の 犬ぞりレースでも 刻々と 白熱したレースの模様を伝えてくれた。

http://trackleaders.com/yukonquest

------------------------------------------------------------------------------

Andrew Skurka 氏の2010年Alaska-Yukon Expedition
176日間 7530kmアラスカ一周のロングトレールでも GPS SPOTが刻々と位置情報を伝えて くれた。

http://andrewskurka.com/adventures/alaska-yukon-expedition/

"Communications

"For trips in the lower 48 I normally just carry a SPOT Satellite Messenger, with which I can send very simple messages, like OK, Help, and 911. A satellite phone is a much more powerful communications device and I much prefer it for the remote regions of Alaska and Yukon, where search and rescue will probably be both slow and difficult."

"Navigation
I will carry a GPS for at least the first 300 miles (and perhaps for the first 800 miles, depending on how useful I find it) because it will make navigating along the coastline, which is generally flat and monotonous, and prone to whiteouts. Once I have more bearings, I am sufficiently comfortable with my map & compass skills to send the GPS back. The best way to avoid being lost is to always track your progress."
http://andrewskurka.com/adventures/alaska-yukon-expedition/explanation-of-gear-selections/

サテライトホンも位置情報を伝えてくれます。

------------------------------------------------------------------------------

もともと遭難救助信号など発する PLB パーソナルロケータービーコンの役割を持った GPS SPOTだが 正確な位置情報を 刻々と伝えて 海に 山に 厳しい条件下で 活躍している。

GPS SPOTは 日本国内では 色々な制約が多いようだが いま 世界各地では 大いに活躍している。

2012-01-18-480_0199.jpg


GPSの普及と道迷い遭難。

『山と溪谷 2112年2月号』
2011年10月三嶺での 道迷い遭難事故 についてとりあげられていた。


「プランニング(どのルートを歩くかという計画)と、ある程度のルート維持(正しいルートを見極めること)は自分でしなければなりません」 村越 真 静岡大教授


「GPSで現在地や歩いてきた軌跡(ログ)を把握できたとしても、正しい道に戻るにはスキルが必要なのだ。」大関直樹

「遭難防止の観点」で
遭難者ブログに トラックログ が公開されています。
http://49268178.at.webry.info/201110/article_19.html

20110618-4500-481.jpg

カシミールでの「ウォッちず」電子国土基本図(地図情報)4500での剣山 付近
剣山~見ノ越付近の登山道も綺麗に表示されている。

GPSトラックログは2011年6月18日剣山三嶺縦走の際のもの。

2011年7月末で 旧来の地図閲覧サービス(ウォッちず) は終了。

2万5千分1地図情報は 今後 更新なく

新しい (ウォッちず)地図閲覧サービス(電子国土)へ移行
今後 電子国土基本図(地図情報)が基本となる。

------------------------

旧来の
地図閲覧サービス(ウォッちず) は2011年7月末までで終了。


今後は電子国土基本図(地図情報)で更新作業
2万5千分1地図情報は 更新なし

------------------------


国土地理院の発表

「☆地図閲覧サービス(ウォッちず)は2011年2月1日より、電子国土基本図(地図情報)のデータに変更。
☆これまでの2万5千分1地図情報は地図の閲覧画面において画面上部の「2万5千分1地形図を表示」を選択していただければ、7月末まで閲覧可能です。
  なお、今後は電子国土基本図(地図情報)で更新作業が行われますので、2万5千分1地図情報に関しては更新作業が行われませんことをご理解ください。 」

カシミール


杉本氏作のフリーソフト カシミール。

初期のバージョンから いろいろ 使わせてもらっているが フリーソフトといえども とても充実した内容で、とても奥が深く、すべての機能を使いこなすのは大変だ。

山頂から 見える山や 里から見える山など一発判定とか カシバード カシマップなどで 多くのことが はじめてわかったことなど このソフトのおかげであった。

そして GPSの普及とともに GPSとカシミールの連携。

CDデータの地図画像や数値地図がとても高価な時代でも、一連の杉本氏の著作本には おまけの地図付録もついていて データ量からして とても お買い得であった。

その後 国土地理院の地図閲覧サービス(ウォッちず)などがでて 付録地図よりウォッちずを使うことがふえたが、カシミールはどんどん進化して、 今度 最新作 カシミール本がでた。

今現在 空中写真を取り入れたりした 新しい 地図閲覧サービス(電子国土) への対応した 最新カシミールは とても 重宝している。

フリーソフト カシミールの著者杉本氏に感謝の意をこめて 一連のシリーズは すべて 購入して 使わせていただいています。


カシミールのおかげで 山の楽しみがグッとふえました。

フリーソフト カシミール作者杉本様 有難うございます。

カシミール本

Jeremy Wood

GPSで こんな使い方があるのかと感心。

GPSも豊かな発想をもてば 大変 面白く使えるものだ。

GPSで描くアート、GPS Drawing。
アーチストJeremy Wood 。


http://www.gpsdrawing.com/

http://www.gpsdrawing.com/jw/index.html

Twitter : www.twitter.com/jwoodx

YouTube : www.youtube.com/user/jwoodx


Me and You from Jeremy Wood on Vimeo.

a-skurka2010route480_map.gif
2010年Andrew Skurka氏

The Alaska-Yukon Expedition
4,700 miles in 7 months
http://www.andrewskurka.com/AK10/index.php
アラスカ 一周中のAndrew Skurka氏、今回 刻々と twitterやブログにアドベンチャーレポートがアップされている。

http://twitter.com/andrewskurka

twitterにどのようにして投稿しているかと思い、今回の装備表を見ると 

衛星電話は「Iridium 9505A US 
product_9505a_200x300.jpg

GPSは [Geko301]
geko301cf-lg.jpg

Andrew Skurka氏
過去の2008アイスランド横断には spotを持っていた時期もある
SPOT

その都度 一番信頼度があるのを 使っていると思うが、今回は衛星電話とGPS。

SPOTについていえば

2007年設立のSPOT社、その後も 進化しているようだ。

DeLorme Earthmate PN-60w with SPOT Satellite Communicator
699ドル
PN60w_SPOT_hero.jpg
SPOTとGPSと携帯電話が一緒になったような機種。

携帯電話が通じなくても SPOTを通して ショートメッセージを送れる。
勿論 twitter facebookなどにも。


ただし 現在SPOTは北米地域のみActivation可能。

Activation Note:
Currently, satellite service on the DeLorme PN-60w with SPOT Communicator can only be activated in the United States or Canada. You must activate your SPOT service with a credit card having a United States or Canadian billing address.

http://www.delorme.com/default.aspx

http://www.findmespot.com/en/index.php?cid=219


三好市 西祖谷山村 善徳かずら橋 付近に設置されている。

「GPS地すべり連続観測システム
観測局
平成12年」

10年間も連続観測している

「善徳地すべり地域は、祖谷川の中流部、徳島県三好市西祖谷山村善徳地先の両岸に位置し、善徳、今久保の2地区にまたがる日本でも最大級の破砕帯地すべり地です。斜面は主として畑地や林地として利用されています。また、祖谷のかずら橋を中心とした観光地でもあるため、斜面に散在する民家に加え、旅館や民宿などがわずかな平坦地に軒を連ねています。

この地域の地すべり活動は、安政地震(1854年)に端を発したといわれ、それ以降もきわめて活発な動きを示しており、種々の対策がなされている現在でも、その活動量は大きく、年間10cm以上に達する区域もあります。」

「地すべり」とは
「山腹などの斜面はつねに重力の影響で下に移動し、平坦になろうとする性質があります。これに対し、斜面を構成している土または岩石が抵抗すことによって斜面の形が保たれています。

しかし、長い年月の間に、この抵抗力がさまざまな原因で弱くなると、その斜面の全部または一部が、ある程度原型を保ちながらズルズルとすべり出すようなことがあり、これを「地すべり」とよんでいます。一般には、降雨の影響による地下水の上昇が原因になることが多く、特定の地質構造に集中する傾向があります。」



地すべり地に雨が降ると、地下水位が徐々に上昇してきます。


地下水位が上昇することにより、浮力が発生し、土塊がすべり始めます。


地すべりは、がけ崩れと違い、移動速度が比較的遅いことが特徴です。」

善徳排水トンネル
http://www.skr.mlit.go.jp/sabo/magazine/img/zentoku.pdf

国土交通省 四国地方整備局 四国山地砂防事務所より引

20100503_dejikame3639.jpg

最近の低価格帯のコンパクトデジカメは競合が多く、進化が著しいようだ。

低価格でGPSと動画付き という宣伝文句につられ、リーズナブルな進化だろうと、久しぶりにコンパクトデジカメの新製品を買ってみた。

低価格デジカメでありながら、ビデオカメラ並の精細な動画も撮れる。
しかも GPSが内蔵されており、いつ どこで どの方向で撮ったかなど すべて記憶され パソコン上で見られるようになっている。

GPSでトラックログをとっておいて デジカメのEXIF情報などと照合させる カシミールデジカメプラグインで 正確な 撮影位置情報をえていたのが、今では こんな低価格帯の製品でも 全くGPSを意識せず 位置情報まで 十分獲得できるとは 確かに大きな驚きだった。

20100503_dejikame3662.jpg
GPSを意識しなくても 内蔵GPSが位置情報を自動的に記録していてくれる。



2010年5月3日 コンパクトデジカメで撮影

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちgpsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは地震です。

次のカテゴリは山里です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2