1965年3月16日 剣山山系 の 一ノ森(1880)

剣山 測候所の方が 殉職

1965年3月16日 剣山山系 の 一ノ森(1880) 北斜面 で剣山 測候所の方が 雪崩で遭難し 殉職しました。
今では 測候所は廃止。 遭難碑が 建てられています。



「 山を愛し   気象観測を愛し

                  こよなく  妻子を愛せし    男 ここに眠る

                                                                         新田次郎 」






「剣山測候所職員2人が電話線の修理に行く際,厚さ0.5m幅30mの雪崩に遭い1人が巻き込まれ行方不明.35日ぶりに遺体で発見.」徳島新聞 昭和40年(1965)



すでに廃止され建物も撤去された 旧 剣山測候所