槍平の最近のブログ記事



「雪崩もそう。カナダの基準などがどんどんもちこまれてきて、雪崩は科学的に解明されたという錯覚が生まれつつある。

でもおれはそんなことちっとも思っていないし、わからないことがたくさんある。(槍平の雪崩 もそうですよね。)

 でるかもしれないという予想は成り立つかもしれないけど、このいま雪崩はでないという確証は絶対に手に入らない。 

きょうあたりは大丈夫だろうというのは甘い推測にすぎなくて、甘いか辛いかはいつも結果論。

雪崩に遭へばバカもんといわれ、遭わなければたいしたものんだといわれるだけの話。

結局は推測の域を出ない。 

みんなが行けば怖くない式で、天気はいいしあいつらも行っている、軟弱と見られるのはシャクおれらも行こうよという連中がある一方、いやみんなは行動しているけどおれたちは何がなんでも今日は動かないという信念があるかどうかの違いに過ぎない。」 

柳澤昭夫 氏 『岳人 2008年4月号 備忘録』




2007年12月31日 槍平 遭難事故の 報告書

2007年12月31日 槍平 遭難事故の 報告書


夏期小屋から10m。まさか こんな場所で 雪崩!

と思いおこしましたが 悠久の自然の営みにくらべ 、人間の経験など ごく わずかなもので とても しりつくすことなど できないものなのだ と 再認識しました。

亡くなられた方々に あらためて ご冥福を お祈り 申し上げますとともに

お二人に捧ぐ この報告書が 心からの 追悼と ご供養になるものと信じます。 合掌。




関係者へのヒアリングにはじまり、たびかさなる 現地調査など 事故にいたる いろいろな要因を あらゆる角度から 詳細かつ綿密に分析・検討されまして、困難な調査 編集作業をへて ここに報告書にまとめあげられました ご一同様の ご労苦にたいし 深く感謝と敬意を表す次第です。

報告書には 出川あずさ さん の 「槍平雪崩事故について」が特別寄稿されていました。

雪崩リスクの軽減





『~山岳ユーザーのための~雪崩リスク 軽減の手引き』出川あずさ・池田慎二 著 

特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク 2010年12月24日 東京新聞 出版局


2007年12月31日 槍平 遭難事故の 報告書

 
『~山岳ユーザーのための~雪崩リスク 軽減の手引き』出川あずさ・池田慎二 著 
特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク 2010年12月24日 東京新聞 出版局