四国の雪崩の最近のブログ記事

20150212-480-08637.jpg
『山岳雪崩大全』雪氷災害調査チーム 編 2015年2月5日 初版 山と溪谷社

 『最新雪崩学入門』1996、続編 『決定版雪崩学』2002 に続く 続々編といえる本で 雪崩について ことに 登山 スキー、スノボ などの対象となる山岳地帯での雪崩についての最新の 知見が盛り込まれている。

事故事例の分析も 新しい。

2013年11月23日の立山 真砂岳での7名死亡
2012年の三段山
2011年 猫魔ヶ岳
など など

もとより 雪は

「こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪 みず雪 かた雪 春待つ氷雪」
など どころではない ぐらいに

つねに刻々と 変化し 氷か、水か、大気に昇華か などと 七変化どころか 変幻自在に 千変万化する。


降雪後 雪質や形の変化とともに 天候により 場所的には 同じ場に とどまって いる雪もあるし 風に飛ばされたり 重力にしたがって 移動していく 雪もある。

短時間 あるいは 長時間かけて 地球の重力の法則に したがって 低い方に 低い方に 徐々に あるいは 急速に 急激に 動いたりする雪も でてくる。

雪崩の速度は 新幹線のような 超スピードになったりするし、氷になって動く 氷河などは じわじわ と 年に何センチとか ゆっくり ゆっくりと 低きに流れるように 下に下に流れていく。

雪の変化 移動の 変幻さなど 姿や形や動きなど 人間がすべて わかったとして理解して 雪の動きを予測し 察知するのは、たいへん難しいことだ。

たとえ ほんの少しの 雪の動きの 予兆でも 細心の注意で 探し出すことさえも そうたやすいことではない。

むしろ 本書を見れば 雪の変幻さは ますます わからないことの方が 多いのでは と思ったりもする。

実際のところ わからないことばかりなのだろう。

そんな状態でも 我々は どうすれば 少しでも より 安全に 雪山に接することができるか?


 雪山では どう準備し どう行動すれば ど少しでも危険リスクを減らすことができるのか?

そして 不幸にも もし 万が一 雪崩にまきこまれたときの対処の方法 など  しっかりした指針を本書は示唆してくれて、最新の情報がしっかり盛り込まれ 「大全」にふさわしい 内容になっている。

 この本を読んで とくに ずばり気をつけなければと 思ったのは 以下の

 佐々木大輔氏の 実際体験の話。


「-------他人のシュプールがどれほどあっても、安心はできない-------」
というのを

 スキーヤーを 登山者流 で言えば

「他人のトレースがいくらあっても 安心はできない。」
ということになる。


以下 本書からの引用。182-183ページ 佐々木大輔氏
----------------------------------------------------------------------------
■2006年2月フランス トロワバレー クーシュベル。

(ガゼックスとは ガスによる人工雪崩発生器)

「------ガゼックスによるコントロールがあり 数百人の滑り手が滑った後であっても、時には雪崩のトリガーになるスイートスポットが残る、ということだった。」

■2013年11月23日 立山

(この日 7名死亡の雪崩遭難が発生した)

「 すでに 数十人の滑り手がこの斜面を滑っていたのだが、この夕方近い時間までスイートスポットが残されていたようだ」

「このふたつの事例を間近に体験し、他人のシュプールがどれほどあっても、安心はできないと心に刻み込んでいる。」佐々木大輔氏
---------------------------------------------------------------------------


2015年1月24日 西熊山 南面


2015年2月1日 西熊山 南面


2015年2月1日 西熊山 南面

2015年1月24日グライドで おおきな クラックがはいり
 もうすぐ雪崩れるとおもっていたが

一週間後 みると 案の定 雪崩れていた。

前週1月24日に続けて 2月1日も
西熊山 山頂へ 稜線つたいにたどるのはやめて
より安全側のルートを辿った。


北側の斜面でも 風が吹いて注意するのは
 吹き飛ばされた雪の堆積で できる ウィンドスラブ

この付近の山域 矢筈山で

一見 安定しているようにみえる 雪面が 亀の甲羅状に 一気に崩壊するなど
ウィンドスラブには 過去  痛い目にあったこともあり

風で吹き飛ばされてきた雪の罠
ウィンドスラブ帯があるかもしれないので はいりこまないように
雪面を より注意深く 読んで進んでいかないといけない。

2014年2月2日 お亀岩避難小屋

2014年2月2日 三嶺 天狗塚の 縦走途中 

お亀岩避難小屋を見ると 裏側の斜面で雪崩が発生し デブリが小屋の近くまで押し寄せていました。

デブリを見ると 本日のと 前日以前のと ありましたが
今回は 屋根の落雪が ガードしたような 形で ギリギリ セーフでしたが
まだ 裏の斜面には 大量の崩壊予備軍のような 雪塊があり まだ 次の崩壊が心配です。

(2011年)平成23年2月26日に比べ まだ雪崩の量が少なく デブリも寡いですが 今後 更に 崩れそうで 注意が必要です。


http://youtu.be/y2xyyHYF1Jk


ピカサ写真アルバム


2014年2月2日お亀岩避難小屋


2014年2月1日 お亀岩避難小屋と 24時間後の 2月2日 お亀岩避難小屋
2014年2月2日お亀岩避難小屋には雪崩が 押し寄せていましたが
前日 2014年2月1日9時半頃お亀岩避難小屋を rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 が訪れており写真提供いただきました。ありがとうございます。ヤマレコ


拡大
2014年2月1日お亀岩避難小屋 rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 撮影


拡大
2014年2月1日お亀岩避難小屋 rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 撮影

2月1日には 小規模雪崩ですが 24時間後 2月2日昼には 更に大きく雪崩発生した お亀岩避難小屋。


拡大
2014年2月2日12時50分頃は お亀岩避難小屋は 斜面からの雪崩が 押し寄せていました。


デブリの経過時間を見ると 
1日にも 雪崩れ 2日にも 何回かの雪崩が発生しているようで、たまたま 屋根の落雪がブロックとなって 助かったのですが その後の経過 が心配です。

2日 季節外れの暖かさで さらに 一気に緩んだ雪面。

 天狗峠 東面 南面で 真新しい デブリ など 縦走中 何箇所もの 雪崩痕を確認いたしました。

季節は急速に進み、雪解け は突然 襲ってくるようで 山中いたるところ 本当に危ない時期 本当に気をつけないといけませんね。

お亀岩避難小屋 2月2日


天狗峠 東面 2014年2月2日


天狗峠 南面 2014年2月2日

■三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意。


三嶺 徳島県 東祖谷 側からの 登山ルート
として名頃からのコースは夏はポピュラーな一般コースですが

多雪の冬は
樹林限界を越えたところで

 雪の不安定なときは 危険な箇所がでてきて
 適確な雪質判断と 慎重な行動が要求される厳しいコースとなります。

ここは かねてから 積雪期には 雪崩のリスクありと 指摘されています。

20060126tokushima-np564.gif
2006年1月26日 徳島新聞

四国の雪崩

三嶺(1893)南面、雪崩リスクの高い斜面
http://shumiyama.com/nadare/2011/12/1893.html
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2011/02/1893-1.html

http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/2006nadare.html

2013年12月21日の菅生道 下山中に  二組の 登ってくる宿泊パーティーとすれ違ったが

名頃ルートの冬期の危険性が認識されてきて
いやしの温泉郷からのルートが見直されてきているのではないでしょうか。


名頃ルート 気になること


三嶺南面


例年 雪崩痕が 多々みうけられ 雪崩リスクの高い斜面。

2011年12月17日はまだ初冬期で とくに問題はなかったが、雪が多くなる積雪時期には 名頃から 夏道コースでは この斜面の通過が ポイント。

積雪状況など見て慎重に判断が必要で、場合によっては 引き返す判断も。


■2008年3月8日 三嶺山頂
「三嶺山頂は風弱く、快晴。長居をしていると、突然、山頂南面で雪が崩れた。スローモーションのようだったが、雪崩中にはカメラのシャッターは間に合わず、直後の写真がとれただけだった。」



■登れる 登らないは その時の雪質 積雪の状況の「適確な判断」次第です。

以下 どちらのパーティーも 状況に応じて 適確な判断を下しています。

2012年1月7日
実力パーティーでさえも かなり苦労しています。

2011年2月20日 雪質を 適確に判断し 撤退したパーティー


■2013-2014年はヒョットして大雪の冬になるかも。
もし 名頃ルートを選択するのなら くれぐれも ご注意!



岳人 2008年4月号 備忘録』柳澤昭夫氏


「雪崩もそう。カナダの基準などがどんどんもちこまれてきて、雪崩は科学的に解明されたという錯覚が生まれつつある。でもおれはそんなことちっとも思っていないし、わからないことがたくさんある。(槍平の雪崩もそうですよね。)

でるかもしれないという予想は成り立つかもしれないけど、このいま雪崩はでないという確証は絶対に手に入らない。


きょうあたりは大丈夫だろうというのは甘い推測にすぎなくて、甘いか辛いかはいつも結果論。雪崩に遭へばバカもんといわれ、遭わなければたいしたものんだといわれるだけの話。結局は推測の域を出ない。


みんなが行けば怖くない式で、天気はいいしあいつらも行っている、軟弱と見られるのはシャクおれらも行こうよという連中がある一方、いやみんなは行動しているけどおれたちは何がなんでも今日は動かないという信念があるかどうかの違いに過ぎない。」


柳澤昭夫 氏
『岳人 2008年4月号 備忘録』
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/eb85ebd3d846c54ecdfa544e191444cf


四国で雪崩

■「温暖な四国だから まあ大丈夫だろう」 という 先入観は 自分勝手な判断 以上に 一番怖い。


実際 温暖な四国でも 雪崩の遭難事故は 

1943年 3月29日 石鎚山 初芽成谷 上部 おたけ沢 1人死亡
1963年 1月14日 高知県 天狗原 高原スキー場 5人救出
1965年 3月16日 一の森 1人死亡
1968年 2月23日 石鎚山 初芽成谷 - 雪瀑間 4人死亡
1997年 2月11日 笹ヶ峰 北面 1人死亡
2001年 2月14日 石鎚山 ニノ鎖 三ノ鎖間 怪我

など 発生している。

羹に懲りて膾を吹く。

雪山は 臆病な方が いい。

臆病なら たとえ悪い判断でも 大事にならずにすむ。
ただし 良い判断のもとになる 貴重な経験をつむのには より多くの時間がかかる。

四国の雪崩事故

--------------------------------------------------------------------------------

高知県
1963年1月24日 高岡郡 梼原村神の山 畜舎と納屋が全壊し,牛2頭が死亡
------------------------------------------
1963年2月1日朝 高岡郡 梼原村井高 裏山からの雪崩で住家2戸合掌が折れて半壊
------------------------------------------
1963年1月14日10:30高岡郡 東津野村 天狗高原スキー場

天狗高原スキー場
白雲荘ゲレンデで幅50m長さ4-500mにわたって雪崩があり5人が巻き込まれたが直ちに救助されて無事.


--------------------------------------------------------------------------------



愛媛県 肱川町
1963年2月6日 早朝 喜多郡 肱川町 県道-雪崩のため県道一ヶ所が不通.

------------------------------------------
愛媛県 西条市
1997年2月 愛媛県 西条市 藤之石 笹ケ峰 通信反射板の着雪状況を調べていた1人が雪崩に巻き込まれて凍死した.標高約1500mにある山小屋の東500m地点.10m四方の雪崩.多いところで積雪1.5m
------------------------------------------
 愛媛県  小松町
1943年3月29日周桑郡 小松町 石鎚山 おたけ沢石鎚山

松山市の教員(41)が瓶ヶ森から石槌山まで単独でスキー縦走中、おたけ沢(初芽成谷上部)で表層雪崩により滑落・死亡
------------------------------------------
愛媛県  小松町
1968年2月23日08:15 周桑郡 小松町 石鎚山 初芽成谷-雪瀑谷間 水晶尾根 石鎚山 登山中の7人パーテイが高さ300m位のところからの長さ約200m幅約30mの雪崩に遭い埋没.3人は自力脱出したが残る4人は行方不明.25日に遺体で発見.


--------------------------------------------------------------------------------



 徳島県 木屋平村
1965年3月16日  11:00美馬郡 木屋平村 剣山 一ノ森直下 剣山測候所職員2人が電話線の修理に行く際,厚さ0.5m幅30mの雪崩に遭い1人が巻き込まれ行方不明.35日ぶりに遺体で発見.



--------------------------------------------------------------------------------