2012年9月アーカイブ



2007年12月17日 日本経済新聞 春秋

冬山に灼熱の太陽が輝き 衰えぬ不屈の魂が躍動する。

------------------------------------------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・
「凍傷にやられたことを自覚しながらも、一晩中 吹雪と強風にさいなまれ、疲れ果ててなんらなす術もなかった。
 この寒気と疲労。それに空腹と凍傷、眠気・・・こんな経験は何度かあるが、今度のように大きな登攀をなしとげた後のビバークだけに、僕はどんな拷問より酷烈に感じた。
ビバークというより「遭難」という方に近い状態だったろう。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
1957年3月15日午前10時半、四、五のコルで四十八時間ぶりにザイルをわれわれ四人はといた。
ドンちゃんと ピンちゃんは自分の手袋やザイルが、凍傷のため脱いだり、解いたりすることができなかった。
凍ったような白い手の名古屋の人たちに僕は何度も何度も握手を求めた。」
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
「憧憬の氷壁 前穂高四峰正面岸壁」
『山靴の音』芳野満彦 著

------------------------------------------------------------------------

不屈の魂 の芳野満彦氏。2012年。

『絶対に死なない』ドンちゃん
も2011年。

ともに 亡くなられた。合掌。

------------------------------------------------------------------------

「一面、雪と氷と岩の世界。自分以外には誰一人としてこの世に存在しないかのような孤独感。心細さにふと襲われる。ここで諦めて少しでも気を緩めたら、待っていましたばかりに、山の神は我々四人の魂をすくいとってしまうだろう。
そうはさせるものか、必ず生きて戻ってやる!
当時、日本でもっともむずかしいと言われていた岩壁の初登攀に挑み、最難関である大ハングはすでに越えたのだ。あとは無事に生きて帰るだけ。我々の中の「生きようとする力」は、数々の敵と一晩中闘いつづけていた。」


 『絶対に死なない』加藤幸彦著2005年 講談社

------------------------------------------------------------------------

自分で道をひらく

------------------
自分で道をひらく
------------------
 
 ------------------------------------------------------------------------

★「35キロのザックを背負った僕がラッセルして、サブザックの人たちがぞろぞろついてくる様は妙な光景だ」志水哲也著


「 今日は仙丈ヶ岳を越える。

スケールのある南アルプスの山のなかでも、仙丈ヶ岳はひときわその大きさを誇り、南アルプスの女王と呼ばれている。

三つののびやかな山稜と山頂付近のカール群は、この山を特徴ある重厚な姿にしている。

樹林帯ではトレールがあったが、森林限界より上は膝下までのラッセルだ。

後にサブザックの連中が2パーティーついてくるが、僕が休んでも常に後にいて、ラッセルを交代してくれない。

35キロのザックを背負った僕がラッセルして、サブザックの人たちがぞろぞろついてくる様は妙な光景だ。」

「大いなる山 大いなる谷」 志水哲也著  1992年 白山書房 

------------------------------------------------------------------------

★よくある光景

こうした ラッセルの 礼も言わず 当然のように ついてくるの登山者を 「 ラッセル泥棒 」と山岳用語で呼んでいます。


勿論 こうした行為は フェアプレーの精神でないことは 明白で 、スポーツマンシップに劣る行為とされ 、心ある山岳関係者からは 昔から「極めて 不誠実な行為として」厳しく 非難されてきました。

志水哲也氏が 単独 冬季南アルプス全山縦走を なされた1989-1990年当時でさえでさえ こうした不心得な登山者に 悩まされていたのですが、最近では どこの山域でもこうした 他人のラッセルを 前提にした 登山者が 相変わらず いるどころか、  ラッセル無しが当然のように ふるまう登山者が急増し、 トラブルの 基になるのです。

かつては 積雪期に 山へはいるのは ごく限られた 山岳愛好家などで 多くは 組織化された 山岳会 山岳部などが中心でした。

 組織登山者では 古来常識的なラッセルについてのマナーができていたのでしょうが、その後 未組織登山者が 急増して マナー違反が当たり前になり 当然 トレースはあるものだと 考えるようになった ところに 更に 特定の雪山でアプローチの楽な 人気のルートに 人々が集中するのが 根本的な問題であると 思います。

人の多い 山域では 自分でラッセルすることもなくなってきて、 初めから トレースはあるのが 当然といった 登山者が 増えているのが 実際の 現状かもしれません。

こうした ラッセルのない 雪山を 経験していると 降雪直後とか ドカ雪とか 思いがけない 気象変化に出会ったりすると 今までの 雪山体験が ラッセル無しを前提にした 実に軽薄な 登山経験だと 感じることとなります。

雪山では 思いがけないことがあると 思って どんなラッセルに出会っても 大丈夫なようにしておくべきでしょう。
 
もし 先頭に立ってラッセルする 自信も力がない場合は ラッセルの礼を言うなどは マナーの常識問題であるとおもいます。

更に もし 不幸にして マナーに反する行為に出くわしたら 大きく息を吸って「あいつは 俺のために わざわざ ラッセルの順番を 俺に譲ってくれた」 と感謝の気持ちを もつことで 人間的に 一回り大きくなるのです。


------------------------------------------------------------------------ 
★「人のあとについて行くのは易しいが、自分で道を切り開いて行くには努力がいる。」深田久弥著


「人の真似をしないというのは、何でもないことのようだが、実行はむずかしい。流行は真似によって成り立つ。人々が真似をしなくなったら、商人は泣くだろう。 それにしても 商人の作り出す流行に、人々がバタバタとやられていくさまはあまりにも不甲斐ない。 もう少し抵抗があったもよさそうなものだ。 登山も同様である。服装、持参品、登りかたやハッスルの仕方まで、みな見本がある。流行の山ができて、みんなそこへ押し寄せる。
人のあとについて行くのは易しいが、自分で道を切り開いて行くには努力がいる。真似によらず、独創的な山登りをする人が少なくなった。」
 「山岳遍歴」 深田久弥著

------------------------------------------------------------------------
 

★今日の著名山ブーム


深田久弥氏は その当時 人の真似をしないということで 自らの長い登山経験を元に 還暦の年になって 「日本百名山」 を上梓された。

それが 今日の爆発的な著名山ブームに結びつくというのは  「いかに 人のあとについて行くのは 誠に 易しいことであり 人々が 商人の作り出す流行に バタバタとやられていくさま」 ということになるのだろうか。

今日の状況を もし故深田氏がみれば 「あまりに 不甲斐ない」 と さぞ  嘆くことかも?

------------------------------------------------------------------------

  
★「 百を選ぶ以上、その数倍の山に登ってみなければならない 」 深田久弥著


「わが国のめぼしい山にすべて登り、その中から百名山を選んでみようと思いついたのは、戦争前のことであった。その頃ある雑誌に 「日本百名山」と題して二十五座ぐらいまで連載したが、雑誌が廃刊になったのでそれきりでやんだ。しかし私は山に関しては執念深いから、戦後再び志を継いで、還暦の年にそれを完成した。
本書にあげた百の名山は、私は全部その頂に立った。百を選ぶ以上、その数倍の山に登ってみなければならない。どのくらいの数の山に登ったか数えてみたことはないが、私の山登りは少年時代に始まって今日に至るまで殆ど絶えたことがないから、多くの山を知っている点では自信がある。」
「日本百名山」 深田久弥著


------------------------------------------------------------------------

★百の数倍


今日、 百名山を 登る人で その数倍の山を 登っている方は はたして どれだけいるのだろうか?

確かに 二百名山 三百名山 は選定されている。それらも 完登されていられる方も いられる。

しかし 深田氏は 数百の 名山 または 無名山の 長い登山経験を経て その中から百を厳選し 選定するのに還暦までの労力をかけたのである。

それに比べ 今日 数多く氾濫している 「百名山ガイドブック」の情報を元に、 全く 決まった百のルート図で その多くは最短コースで 車や交通機関を駆使し、 林道終点などの登山口までいき そこからコースを少し歩き 名山の頂上だけ 踏んでいく 今日の いわゆる 百名山 巡りは あまりに 簡単に 登ってしまうもので、深田氏が登られた頃とは 格段に発達した交通手段などの条件が違いすぎる。

選定した当時と 現在では 著名山をとりまく環境は 大きく変わったと 思わざるをえないのです。

------------------------------------------------------------------------

★著名山巡りなど、 人の登りかたを とやかく批評して言うよりも、人それぞれの山行スタイルがある


名山しか興味がないのならそれでよし。

低山でも、気に入ればそれでよし。

3000mの高い山ばかりの趣味なら それもよし。

藪の山が好きな人もいるし、岩山、雪山が好きな人もいる。

植物へ興味が深いのなら、それに応じた 山行になるし、
沢筋とか谷間に関心があるのなら、そこを中心に展開すればよし。
里山に興味がある場合もある。

山を対象にする趣味は、とても幅広く それぞれが 奥深いものです。そう簡単には 奥まで 突き詰めることなど出来るものではありません。

趣味は 人それぞれに、興味と趣向が、変わっているのが本当で、人様のスタイルを無理に真似たり、強制されていくものではないのです。

趣味は 人それぞれに  極め方があるもの。好みで、それぞれの趣向を凝らせばいいものです。

同じ山でも 人それぞれ登りかたがあり、この山はこうやって登らなければいけないと行ったことはを、強要するべきものではないのです。

また 人様の流儀を無理矢理に真似る必要もないのです。

遭難して 人様に迷惑かけたりせずに 済むようにすれば それぞれ独自の スタイルであれば それはそれで いいのです。

今日 隆盛している 著名山巡りなど、 人の登りかたを とやかく批評して言うよりも、 他人は こう登っているが 自分は こう登っていると 信念をもって山に取り組めば それでよいのでしょう。


 
------------------------------------------------------------------------
★道程
僕の前に道はない
僕の後に道は出来る
---------------

高村光太郎 『道程』

------------------------------------------------------------------------
2005年7月18日 第1版制作
 

山を完全に味わう

-----------------------------------------------

「山を完全に味わう

 山を完全に味わうということは
そんなに ムズカシイことなのだろうか?

・・・そう たしかに

その山を眺めているだけでは 無理かも知れない

・・・だからおれたちは氷の斜面を攀じ
岩壁の棚に泊まりながら
その山嶺に達しようと

努力しているのだが・・・ 」

『白い城砦』芳野満彦 著 1970年 あかね書房

-----------------------------------------------
山歩きを 貪欲に 楽しむ極意は 山を登るのに いかに 苦労して登るか どうかにある。

快晴無風の いい天気でトレース のしっかりついた コースを 人の痕跡のとおりに 登る 雪山 もよいが、それより厳寒の風雪のなか 底なしラッセル、低視程でルートファインディング に苦労して 登るほうが  同じ雪山を登るのでも 10倍以上に 山登りを貪欲に楽しみことができる。

たとえ 同じコースを登っても、より すくない労力で 楽して 登れば 苦労して登るのに 比べれば、えられる感動は とても すくなくなる。

できるだけ 多くの労苦をして 登ってこそ 山登りの楽しさを より 深く味わえるというものだ。

このことは 便利な 交通機関を使わず わざわざ 歩き遍路で巡礼するのにも よく似ている。

ただし 山のなかは 危険が いっぱい。

だから 山の危険を十分 認識し、自分の技量 体力 経験など勘案して、 自分の 登るスタイルをきめ 装備、 登るルート、コース の選択も慎重に判断し 綿密に計画を練り上げて、自分が 安全に登山できる 範囲内で山に登らなくてはいけない。

あくまで自分の範囲内で より 多くの 苦労をして 登ることで より多くの 感動を えられる。

振り返ってみれば いにしえから 山に登る者は 山のたのしさを求め いかに苦労して登るかに こだわってきた。

簡単には登れない より 難しいバリエーションを 困難を 求めて、すこしでも 難易度を高め 続けて きたのも、山を もっと もっと 貪欲に楽しもうと 努力し 続けてきたからだろう。

だが
ひとつ 山を こえれば また 山がある。
さらに その先にも やま また やま。
また その先にも さらに やまなみが連なっている。

一山越えて また一山

-----------------------------------------------


「 山なみ

見知らぬ山が
幾重にも 幾重にも
遠く連なる

白い大波のようだ

僕の瞳は まるで
土管のように
頭の中へ筒ぬけだ

山 山 また山
白い大きな波
その うねり

それらが
日本アルプスでもヒマラヤでも
僕は いっこうにかまわない

その太古ながらの
静謐な白い波 」

『山靴の音』 芳野満彦 著

-----------------------------------------------

平成24年2月25日 記

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2