2020年4月アーカイブ

「定休日」「休業中」でなく 「営業自粛」の看板。
漢字四文字のなかに 営業できない無念さ・悔しさを 感じるとることができる。

いま新型コロナウィルス感染症が急拡大。全国的に緊急事態宣言が出されていていて、いろいろな思いはあっても ここは じっと堪えて コロナ嵐が通り過ぎて感染症の一刻も早い終息を願っている。

日本アルプスの山岳先進県、長野県。
先週末2020年4月24日 長野県知事から「県外から往来自粛」「今は入山しないでください!」と登山自粛が呼びかけられた。


https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/joho/documents/20200424oyasumi.pdf

にもかかわらず 2020年4月25日山岳遭難発生。
コロナ対策で超多忙な救助・医療機関に余分な負担をかける結果になってしまった。

「(茅野署)(2020年4月25日)、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で男性36歳が、尾根から滑落し、行動ができなくなる山岳遭難が発生し、県警ヘリで救助しました。」
https://www.pref.nagano.lg.jp/police/news24/2004/25.html

長野県警 山岳安全対策課から
「長野県内のほとんどの山域では、コロナウイルス感染拡大の防止の観点から『
自粛』を呼びかけています。春山ならではの魅力はあると思いますが、山はそこから逃げることはありませんので、今一度、ご自身の行動が正しいのか否かを考えて行動してください。」と 厳しい警告。

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)
https://www.pref.nagano.lg.jp/police/sangaku/shuho.html

緊急事態宣言下の 大型連休での山岳遭難。

「ご自身の行動が正しいのか否かを考えて行動」

登山者は 他人事でなく あすは我が身かもしれないと しっかり考えて 行動したいものだ。

----------------------------------------------------

【追記 大きな影響】

八ヶ岳の遭難者は 救助後 コロナ感染の 疑いが浮上し遭難救助隊員、ヘリパイロット、整備士 計10人に 大きな影響。

男性はCT検査で新型コロナウイルス感染の疑いが浮上。PCR検査を受け、結果は陰性と判定されたが、陽性の濃厚接触可能性から、ヘリに搭乗した県警山岳遭難救助隊員やパイロット、整備士、別の隊員ら計10人前後が2日間、自宅待機した。

----------------------------------------------------


2020年4月20日 山岳四団体 (日山協 労山 日本山岳会 ガイド協会) から「山岳スポーツ愛好者の皆様へ」という声明がでました。

新型コロナウイルス感染症の蔓延は全世界でおさまる様子もなく、日本列島各地で猛威をふるいながら急展開し、新型インフルエンザ等対策特別措置法による 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。

さまざまな団体から 新型コロナウイルスに対応する方針が出されていますが 2020年4月20日 山岳関連四団体からも 「山岳スポーツ愛好者の皆様へ」という声明が出されました。

山岳団体四団体がすべての登山者を網羅しているわけではありませんが、山岳団体に関係している方はもちろんのこと それ以外の すべての登山者にも この声明は けっして無視できないものとなります。

大型連休を前に すべての登山者が 声明の主旨を理解し いちはやい収束に向けて こころがけて行動することが求められています。

山岳四団体の声明は 以下の通りでです。

-------------------------------------------------------


山岳スポーツ愛好者の皆様へ

新型コロナウイルス感染被害は拡大の一途をたどり、ついに緊急事態宣言対象地域が全国に拡大しました。山小屋の従業員を感染から守り、宿泊登山者の3密による相互感染を防ぐため、多くの山小屋やスポーツクライミング施設の閉鎖が相次いでいます。新型コロナウイルスは、潜伏期間が長い、感染しても自覚症状がでない、一度陰性になっても再度陽性反応がでる感染者が多く見られます。このような潜在的感染媒介者には若年・壮年層が多いのも特徴です。

全国民が、外出制限、商業施設の相次ぐ閉鎖あるいは在宅勤務等々、日々逼迫した窮屈な生活を強いられています。このような現況下で、都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、山岳スポーツ愛好者自身が感染するリスクを高めます。

この緊急事態に対処するには、山岳スポーツを愛する皆様の他者への思いやり、そして何よりご自身の感染防御に専心され、事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛していただきますよう、山岳四団体としてお願いたします。山岳スポーツに係わるすべての皆様の緊急事態宣言へのご理解とご協力で、感染症拡大阻止に寄与し、この未曽有の感染危機が一日も早く収束することを願っております。近々事態が収まり、山で、岩場であるいはクライミング施設で皆様と再びお会いできる日を楽しみにしております。

令和2年4月20日

山岳四団体

公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会
https://www.jma-sangaku.or.jp/information/detail.php?res_id=1587348826-558505

日本勤労者山岳連盟
http://www.jwaf.jp/upload/info/470.pdf

公益社団法人日本山岳会
https://jac1.or.jp/event-list/event-guide/202004207602.html

公益社団法人日本山岳ガイド協会
http://www.jfmga.com/pdf/sangaku4dantai_seimei.pdf

-------------------------------------------------------


新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言

新緑が芽生え始め 絶好の登山時期ですが 日本列島は コロナ嵐が吹き荒れています。

急展開で、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言対象区域が日本全国に拡大し、四国内でも感染者がどんどん増えて、新型コロナウィルスによる 社会的影響は とても広範囲に ひろがってきています。

もとより「緊急事態宣言」では 不要不急の外出や、県をまたいだ移動などは 自粛要請されていて、たぶん 登山も 不要不急の自粛対象に入るのでしょう。

各地の山小屋なども連休明けまで休業。

山は 感染症と無縁で たいしたことないだろうと 自粛要請を軽視したりして、もしも 道中や 山中で 万が一にも なんらかの事故にでもあったら社会全体へ たいへんな 迷惑をかけることになるし、第一 登山者よりも まずは社会人として、良識ある行動が求められるところです。

ここは こころ静かにして パンデミック コロナ禍が おさまるのを 願いながら 安心して山へ でかけられる日がくるのを しばし 待つことにします。

このアーカイブについて

このページには、2020年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年1月です。

次のアーカイブは2020年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2