2020年10月アーカイブ

20201028-okame-561.jpg

改修工事中だった お亀岩避難小屋。

外壁・屋根だけでなく「梁・柱」の痛みなども見つかり、改修工事は2021年春まで延長されました。

1994年から風雨・風雪に刻まれ 築26年。

 やはり 標高の高い山小屋だけに 激しい気象条件に さらされ続けて、建物の経年の消耗度合いが 下界とは 全く 比較にならないほど 大きいのでしょう。

ここで しっかり治療して 全快となって 来春のリニューアルオープンを期待します。

------------------------------------------------------------------------------------

【お亀岩避難小屋 2021年春まで改修工事延長】

お亀岩避難小屋は

2020年8月28日から屋根・外壁改修工事が行われていましたが

柱 梁に 腐食 が見つかり 追加工事を行うこととなり

2021年春まで 工事期間が延長され

完成予定が2021年春と なりました。

その間 小屋とその周辺は 立入禁止となります。

登山道は通行可です。

----------------------------------------------

【お亀岩避難小屋改修工事 工期延長】

■改修工事中 立入禁止です 要注意。

【工事名】 お亀岩避難小屋改修工事 追加工事

【当初の予定】 2020年8月31日~10月27日

【工期延長 立入禁止】 2020年10月28日~2021年春

----------------------------------------------

【施工業者】 仙頭工務店 TEL:088-863-3169

【工事監理者】 高知県建築課 TEL:088-823-9865

【施設所管】 高知県環境共生課 TEL:088-821-4842

https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030701/2020081400344.html

----------------------------------------------

■船の中から見える 島、山。

海の上で 現在地を 特定するのには 窓から見える 景色をしっかりみてみると。

 あの 山や あの島が こう見える というのを頭にいれていき 積み重ねていき 交差する 線を引いて いけば 海上での現在地が おのずと 推定できる。

■なにも 現代風のGPSなどなくても ただ景色を 見るだけで 実用上 普通 許容される程度の誤差範囲内で 簡単に すぐに 現在地が わかる。

これは 海上を航行する 船では 古くから あたりまえに 使われてきた 航法。

■もし 島影が見えなければ コンパスで方角を見定め 星など 天体を利用して 現在地を把握すればいい。

■太平洋の 島影が見えない 大海原を動き回った ミクロネシアの古来からの 先住民たちは 上空の 星座を上手に利用して現在地を把握し 進んでいく方向を定めて ひろい 太平洋を ちいさな帆船で あちらこちら 自由に 航海してしたという。

■まわりの景色から見定めるのは 山のなかでも まったく海上と 同じことだ。

まわりの 見える山々を 眺め 山が どう見えるかを 見定めていけば おのずから 現在地は 特定できる。

なにも GPSなど 使わなくても 簡単に現在地が わかる。

■視界がきけば できるだけ まわりの山々を観察し 地形を見定め 自分の現在地や 進んでいく方向も しっかり 頭に入れていくことが まず基本。


■もし 天気が悪く ガスなどおおわれていて 全く視界のない 場合、周りの 景色からの 情報はえられないので 補助的に 地図・磁石で 足元の 見える範囲で 地形を判断して いくしかない。

視界はなくても 判断にあったっての 多くのヒントは 注意していれば 足元から 自ずと えられる。

■それでも どうしても 現在地がわからない 迷いの 深みに入った場合は 天候が回復するまで 待てないとしたら おもむろに GPSを使ってみるのも 安全のためなら 許されることだろう。

■しかし 途中の いくつかの行程を省略し 安直に はじめから GPSを使って 現在地をすぐみるのは 思考能力を低下させるだけだ。

まずは できるだけ 周りを しっかり みて 現在地 進みべき 方向を わかるようにして みることが 大事だ。

-------------------------------------------

■【結論】まずは 足元から しっかり見つめて 周りの景色をしっかり 頭に入れて いくこと。

-------------------------------------------

2020turugi-bus-561.jpg

2020年 剣山(1955) 登山バス 新型コロナウィルス影響で 運行日 運行時刻 要注意

https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kyoiku/kanko/5037288/

【注意】見ノ越 第一駐車場 トイレ改築工事のため 駐車スペースが制限されています。

2020年9月の連休には 見ノ越周辺で 大渋滞となり バスの運行に 大きな影響が出ました。


-------------------------------------------------------------------------
■三好市 市営バス

2020年8月1日より 運行

時刻表
https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/fs/3/4/6/0/7/3/_/______2_8_1____.pdf

運行日
https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/fs/3/4/6/0/7/2/_/______________.pdf

https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/docs/1134140.html

https://www.miyoshi.i-tokushima.jp/kurashi/bus/

-------------------------------------------------------------------------
■穴吹・木屋平・見の越

穴吹・木屋平線「滝の宮」停留所から「見の越」停留所までの間を一日一往復、期間中は毎日運行します。

 春 運 休
 夏 令和2年7月18日 から 令和2年8月31日まで
 秋 令和2年10月10日 から 令和2年11月8日まで

http://www.city.mima.lg.jp/gyousei/kurashi/public_transport/index.html

http://www.city.mima.lg.jp/gyousei/kurashi/public_transport/turugisan-tozanbasu-kawakami.html

-------------------------------------------------------------------------
■つるぎ町 貞光ルート

令和2年度 つるぎ町登山バスは、新型コロナウィルス影響により運休。

https://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/fs/3/4/1/1/1/4/_/__2__________.pdf

-------------------------------------------------------------------------


2020turugi-bus-1.jpg
上記 画像クリックで拡大します


東祖谷 新四国八十八箇所

大正12年(1923)の関東大震災のあと、地震除災や震災復興、その当時 蔓延する疫病の 疫病退散など祈願して 東祖谷名頃から 久保にかけての 祖谷川 右岸左岸の両岸にそって 新四国八十八箇所が設置された。

石碑は 阿波半田から 石工を招き 民家で 滞在してもらって 制作したという。

いくつかの石碑には 昭和11年の年号が刻まれている。

いまは 道路際の場所も あるが 当時 道路のない 山道沿いなどにも設置されているし いまでも道路のないところにも 設置されている。

その昔 大きな石碑の運搬は大変なことで さまざまな工夫をしながら 移動・運搬したが さらに それを 持ち上げるには とても大きな労苦があったようだ。

いま所々に 苔むしている石碑が 路肩に ぽつんと置かれている。

ヤマレコ
https://www.yamareco.com/modules/diary/42886-detail-220683

YAMAP
https://yamap.com/activities/7927576

このアーカイブについて

このページには、2020年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年8月です。

次のアーカイブは2020年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2