三嶺(1893) 高の瀬(1741)丸石(1683) 次郎笈(1929) 剣山(1955)

| コメント(5)

三嶺(1893)山頂 平成18年6月17日撮影
「11.9度 3-5m 西風 小雨 剣山 次郎笈 天狗塚 矢筈山系など見える。
名頃で見かけた犬が、勝手に 先導してガイドしてくれる。」

三嶺(1893) 高の瀬(1741)丸石(1683) 次郎笈(1929) 剣山(1955)
平成18年6月17日  雨 
【コースタイム】
名頃 6:15 -- 平尾谷登山口 6:44 -- 三嶺 (8:22-8:45) --カヤハゲ 9:19--白髪分岐 9:48--白髪避難小屋 9:55 --1700m三角点 10:17 -- 1732m 標高点 10:38 --石立分岐 11:08 --高の瀬 11:27 -- 荒廃した小屋 11:48 --奥祖谷かずら橋下山口 12:03 -- 丸石避難小屋 (12:04-12:22) -- 丸石 (12:44-12:47) --スーパー林道下山口 12:59-- 次郎笈 (13:43-13:57) -- 剣山 (14:34-14:46) --西島リフト駅 通過15:11 -- 見越 15:48

見ノ越から名頃への 下りは デポしてあった自転車で ダウンヒル標高差500m快走。
  自転車(見ノ越16:03 出発 名頃 着 16:42)



雨の縦走路。
山道では登りだろうが、下りだろうが、常に走るので、あっという間に遙か先を行き、横道へ逸れて、道草して待っていてくれる。

一度 カモシカと競争して、もの凄い勢いで藪を駆け下っていって、また戻ってきた。


丸石避難小屋にて、大雨でも小屋の敷居から中には入らない。よく訓練された犬だ。


丸石山頂 雨は激しく降るが、時折する身震いで、勢いよく水気をはじき飛ばす。

丸石避難小屋丸石避難小屋


次郎笈山頂。分岐や山頂などでは 立ち止まって どちらへ行くか、確かめるため待っている。賢い犬だ。


剣山頂 「14.2度 3m 雨」早々と着いて 大雨の中、待っている。


西島リフト駅で 一時、ガスが切れて 三嶺が見えた。


見ノ越到着
犬は包装用のポリ紐で軽く 目印の首輪をしている。

この後 名頃への下りの国道439号では、自転車と併走していたが、 奥祖谷かずら橋付近で 知り合いが多いのか 立ち寄り先や 寄り道が多くなり、見失う。

先に名頃駐車場へ向かう。

実に パワフルな犬で 剣山系の山々は、散歩がてらのホームグラウンドだ。
一年中、庭先のように 走り回っているのだろう。

平成18年6月17日


コメント(5)

TITLE: 犬!
SECRET: 0
PASS:
趣深山さんのレポートに犬が登場するとは!!
楽しく読ませていただきました。♪

TITLE: あの雨の中を!
SECRET: 0
PASS:
こんばんは。

あの雨の中を歩かれていたのですか?
私共は 砂防堰堤の車の中で 缶酎ハイで乾杯 & 昼寝でした。

でも 本当にタフな似合いの 同行二人(匹) でしたね!

TITLE: 会いたい!
SECRET: 0
PASS:
こんばんわ。初めてお邪魔します。
その節は大変お世話になりました。

やはり動物は凄いですね。
私もこの犬に是非会いたいです。

TITLE: コメント有り難うございます
SECRET: 0
PASS:
こもれびさん、
讃岐富士さん、
赤テラさん、
コメント有り難うございます。

牛に引かれて善光寺でなく 、
犬に引かれて、剣山でした。

大雨でも、登りだろうが、下りだろうが、
全く関係なく,
ずっと走り続けるタフな犬脚(健脚?)。
全く驚きました!

TITLE: いい
SECRET: 0
PASS:
私は過去に笹ヶ峰丸山荘で10年ぐらいお手伝いしていたことがあり、そこにいた「クロ」と言う犬との思い出を思い出しました。
ちなみに、20才近くなる「クロ」は今でも元気ですよ。

このブログ記事について

このページは、趣深山が2006年6月17日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三嶺(1893) 高ノ瀬(1741) 丸石(1683) 次郎笈(1929) 剣山(1955)」です。

次のブログ記事は「牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2