牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)

| コメント(3)

平成18年10月28日   曇り 

牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)

【コースタイム】

久保駐車地点 4:59 ---最終民家通行止め地点 5:24--砂防堰堤 (5:50-5:59) -- 牛の背三角点 (8:04-8:11) --- 天狗塚山頂 (8:46-9:03) -- 天狗峠西山林道下山口 (9:18-9:22) --天狗峠綱附森分岐 9:26--- お亀岩 9:46 -- 西熊山 (10:15-10:29) -- 三嶺 (11:31-11:46) --1806標高点 (12:04-12:21)---- ふるさと林道1回目 13:47---ふるさと林道2回目 13:49---ふるさと林道3回目 13:55 -- 旧道 14:07--- 林道久保蔭線 14:30 --久保駐車地点 15:20

【距離】

累計歩行距離 23.282km 累計標高差 2275m 地図上の高度で計算

天狗塚 「9.3度 5m 南西風 ガスで 何も見えない。」

西熊山 「9.5度 5m 南風 ガス。」 

三嶺に近づくと 縦走路で 合計21人すれ違う。天気の割りに賑わっている。

三嶺 「9.1度 4-5m ガス 。」

僅かな山頂滞在中 計24人 更に続々と登ってくる。


平成18年10月28日 GoogleEarth

GoogleMaps



平成18年10月28日 断面図


平成18年10月28日撮影
西山最終民家の先で通行止め

ここで通行止ロープ
通行止のロープのある場所。


平成18年10月28日撮影
西山谷 砂防堰堤のところで路肩の擁壁工事中で通行止めだった。
ここでは 工事車両や資材、土砂で敷地が手一杯。登山者用の駐車場所が確保できないので、2.2km手前で通行止めのゲートを張っているようだった。

擁壁工事中2006年10月
路側擁壁工事箇所


平成18年10月28日撮影
山稜のコメツツジ。


平成18年10月28日撮影
久保蔭の秋

コメント(3)

TITLE: おはようございます
SECRET: 0
PASS:
昨日はニアミスだったようです。
三嶺山頂10:20~10:50
この間山頂ではmax15名 min3名。
15名の大半がお亀岩避難小屋方面へ向かっていました。

小屋へ下ると20名ほど休憩中。

下山途中マメシジミの生息地(モノレールが直ぐ脇を走っていました)・モノレール最高点をぶらつき いやしの温泉郷登山口13:55でした。
登山口でしばらくだべって居ましたので 脇を歩かれていたのですね。

TITLE: 三嶺で
SECRET: 0
PASS:
趣深山さん はじめまして、何時も良く歩いておられますね。今年5月から徳島の平石山をスタートし、毎月一泊二日で大阪から旭ヶ丸・雲早山・川成峠・にくぶち峠・剣山・先日28日に三嶺~京柱峠の四国分水嶺を歩いておりました。
日本山岳会関西支部、登山家、重廣恒夫支部長以下17名が三嶺辺りで貴男とすれ違ったようですね。判っていたら、ご挨拶を出来たのに残念です。私は四国の山は知りませんので貴男の山行記を拝見参考にさせて頂いておりますので感謝しております。ありがとうございます。 敬具。

TITLE: 讃岐富士さん中島さん
SECRET: 0
PASS:
讃岐富士さん

いつも コメント有り難うございました。
10月28日はニアミスでしたね。
紅葉前線は山の上から下へ
新緑前線は山の下から上へ
季節の移り変わりは もの凄くはやいものですね。

中島さん

拙作サイトへのご訪問とブログへのコメント有り難うございます。
そうでしたか。たしか10月28日は西熊山から三嶺の縦走路で 2名 6名 6名 3名の一団の方々とすれ違ったと記憶していますが、四国分水嶺を歩かれている方々とは知らず、失礼しました。

四国の分水嶺も まだ先は長いようですが、どうか四国の山々を ご満喫下さいますよう祈念します。

このブログ記事について

このページは、趣深山が2006年10月28日 22:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牛の背(1757) 天狗塚(1812) 西熊山(1815) 三嶺(1893)」です。

次のブログ記事は「生涯旅人!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2