平成24年1月28日 石鎚山(1982) 西之川から往復

20120128-38-561.gif

平成24年1月28日 雪 曇り 石鎚山(1982) 西之川から往復

【記録】
西之川 4:29---岩原 5:38-- 刀掛 (6:07-6:17)--八丁 7:41--前社森 (8:35-8:47)---夜明峠 9:12---二ノ鎖元小屋 9:39---弥山 (10:27-10:51)--天狗岳 (11:01-11:15) ---弥山 (11:24-11:50)---二ノ鎖元小屋 12:11---夜明峠 12:23---前社森 (12:31-12:45)--八丁 13:01---成就社 (13:20-13:35)---西之川下山口 13:42 --西之川 14:52


【山頂】

石鎚山(1982) 「マイナス7.7度 北 3m ガス 視界きかず」

弥山に戻ると ガスが切れて 白く輝く 天狗岳が見えてきた。


【下から登る】

冬でも大勢の登山者で賑わう 石鎚山。

この日も 天狗岳から もどって 弥山山頂で2名。 下山中には 約20名の登山者とすれちがった。

トレースのついた状態で登ったのでは 雪山の楽しみは半減。

常に 一番乗りで ラッセルを楽しむという 最高の贅沢を 味わうには ロープウェイより 先行して 下から登らなくてはいけないが、 あへてロープウェイを使わないで 登ることでこそ この山のもつスケール、本来の魅力を 大いに味わうことができる。

ロープウェイの始発 より先に ロープウェイを使わないで下から登り 、新雪をラッセルして登りきり 冬の石鎚山を 十二分に満喫する。

 こうした 贅沢な冬山を楽しむ ことができたのも 物凄いラッセルパワーを持った  超強力精鋭メンバーみなさまのおかげでした。足手まといになりながらも 今年も 同行させていただき、本当に ありがとうございました。


【同行者】S氏、F氏、K氏、H氏。
強力なラッセル 精鋭メンバーに 深く感謝です。 

http://youtu.be/z-eMMNCF99Q

ピカサ写真


平成24年1月28日 石鎚山(1982) 西之川から往復

ピカサ スライドショー



平成24年1月28日 午前9時 地上天気図


平成24年1月28日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成24年1月28日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成24年1月28日レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画



このブログ記事について

このページは、趣深山が2012年1月28日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『山岳読図大全』村越 真」です。

次のブログ記事は「シンポジウム「どう まもる 三嶺・剣山系の森と水と土」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2