平成24年7月14日 光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 光石

20120714-36-561.gif

平成24年7月14日 雨 曇

光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 光石

【記録】 上韮生林道にはいって1.5km 光石登山口3.5km手前で駐車 発 5:04 -----光石登山口  5:53 ---西熊林道ゲート 6:06---西熊林道 さおりが原分岐 6:42---さおりが原 7:05 ---韮生越ケヤキザコ分岐 7:44---フスベオリ谷分岐 7:49 ---フスベ谷登山道 8:27 ---三嶺山頂 (10:24-10:46) --- 西熊山 (11:46-12:02) ---お亀岩 12:17 --- 天狗峠 綱附森分岐 12:40 ---天狗峠 西山林道分岐 12:45--- 天狗塚山頂(13:01-13:16)--- 天狗峠 西山林道分岐 13:33 ---天狗峠 綱附森分岐 13:37 --お亀岩 13:53---お亀岩避難小屋(13:55-14:12)--八丁ヒュッテ 15:19 --綱附森分岐 15:37--さおりが原分岐 15:45 --- 光石登山口 着 16:04---3.5km先 駐車地点着 16:44

【山頂】

三嶺山頂 「15.4度 南風 4-5m ガス 雨 視界なし。コメツツジ咲いている。」

西熊山 「15.6度 南風 3m ガス 雨 視界なし。」

天狗塚 「16.4度 南風 6m。ガス 視界なし。」

平成24年7月12日 未明 記録的な大雨が降ったようだ。

■大雨のあとで 久保沼井 久保影集落あたりから 道路上に土砂流出あり、沢の水が道路上に流れ出している。

上韮生林道にはいって1.5km先 光石登山口3.5km手前で駐車。

登り50分歩いて 光石登山口。 途中 何箇所も 土砂流出箇所あり。 路肩崩れの箇所も 一箇所あった。

■光石登山口から 西熊林道へ近道 ゲートを通り 西熊林道経由 さおりが原

長笹谷の徒渉が 増水中で 渡渉箇所を慎重に選びなんとか セーフ。

さおりが原 をへて フスベ谷経由 三嶺へ

■西熊山 天狗塚へ縦走後 お亀岩からカンカケ谷へ 心配していた カンカケ谷 渡渉地点は 問題なくクリア。

■八丁を過ぎ 吊り橋にかかると 吊り橋上に 流木の木々がくっついている。2004年の時も 吊り橋が こんな感じになっていた。嫌な感じ。


■その先の 長笹谷の橋は 流失していた。 

 


慎重に 浅瀬を選定しての 徒渉。

 「ひざ上」の はやい流れ の大水量だった。




あわれな 残骸 


2012年6月9日 の 橋の写真 

たしか 2004年に鉄橋が流され しばらく 徒渉していた記憶がある。

http://shumiyama.web.fc2.com/2004/20040821-hikariisi-hyousiki.html

■光石登山口から林道を歩くと 途中 道路 復旧工事を行なっていた。

http://youtu.be/c_pOu-o-Da4

ピカサ写真

平成24年7月14日 光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 光石


ピカサ写真スライドショー

 



平成24年7月14日 午前9時 地上天気図


平成24年7月14日 午前9時 500,300hPa高層天気図

 


平成24年7月14日 午前9時 850,700hPa高層天気図




平成24年7月14日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画


 

 


川の防災情報 レーダ雨量(履歴)




このブログ記事について

このページは、趣深山が2012年7月14日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成24年7月8日 光石 三嶺(1893) 西熊山(1815) 天狗塚(1812) 光石」です。

次のブログ記事は「平成24年7月12日 未明 記録的な大雨」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2