お亀岩避難小屋の最近のブログ記事

お亀岩避難小屋 雪崩

お亀岩避難小屋 雪崩

■夏季には お亀岩避難小屋 周辺で テント設営しているのを見かけます。


2005年6月22日撮影

無積雪時は 問題ないとしても

積雪期 大雪のときは
お亀岩避難小屋 自体が 雪崩の危険にさらされています。

お亀岩避難小屋 周辺の幕営は とても危険です。くれぐれも ご用心ください。


2011年2月26日

■大雪のとき お亀岩避難小屋周辺 背後からの雪崩に注意

お亀岩避難小屋は 山稜 直下の南面に位置。

大雪の 冬。

 お亀岩の鞍部は 漏斗状の地形になっていて 冬の季節風で 北側からの風が強くふき 地吹雪 風雪などによる、大量の降雪が
かき集められ山稜を越えて小屋の背後の南面斜面に 短時間に 大量に 溜まっていきます。

小屋裏の 南面斜面は 傾斜角などから 雪崩れやすい いわゆる 典型的な 雪崩地形と なっています。

雪が少なければ 問題ないですが 大雪のとき 大量な雪が 不安定な状態で 貯まっていて、ときに雪崩が小屋を 襲う可能性も あります。

雪解けのあと 小屋の背後にあった 太い樹林が折れたり 押し流されて いるのも見かけたりします。

冬期 三嶺 西熊 天狗塚の縦走の際には お亀岩避難小屋の状況を 稜線から 確認するようにしていますが、ガスや風雪で視界がない場合も あります。

いままで 雪崩 直後で はっきり小屋に影響するような 雪崩あり、雪崩痕あり と視認したのは 以下のとおりです。

■2011年2月26日 山行記録  雪崩
http://shumiyama.blogspot.com/2012/03/23226.html

■2014年2月2日 山行記録 雪崩
http://shumiyama.blogspot.com/2014/02/201422.html

■2010年1月24日
http://shumiyama.blogspot.com/2010/01/2010124.html

■2008年2月23日
http://shumiyama.blogspot.com/2008/02/2008223.html
などで

雪崩後 少し時間立っていたのではと思われるのは

■2006年1月15日
http://shumiyama.blogspot.com/2006/01/18115-1757181218151893.html

■2006年2月12日
https://shumiyama.blogspot.com/2006/02/2006212.html

などです。


ここ 最近は暖冬気味で 降雪が少ないですが、

もし 平年並みか それ以上に 降雪量があったとしたら、かなりの確率で 小屋に影響する 雪崩発生の可能性が 考えられます。

また 大雪の年は 一冬で 何度も 雪崩れるようで、大雪があるたびに その都度 雪崩れる 事もあるようです。

一度 雪崩れて また 安全でなく また積もって 雪崩れ 積もって また 雪崩れると 考えられます。

2014年2月2日のときは 前日(2月1日) 小規模な雪崩があり 次の日までに大きな雪崩が発生したようでした。

---------------------------------------------------------------

■お亀岩避難小屋
お亀岩避難小屋 雪崩


■お亀岩避難小屋 積雪期 定点観測 

http://shumiyama.web.fc2.com/kiroku-huyu/teiten/okame_koya.html

■お亀岩避難小屋 定点観測 Jimdo
お亀岩避難小屋 定点観測

---------------------------------------------------------------

【動画】



2014年2月2日
https://youtu.be/y2xyyHYF1Jk


2011年2月26日
https://youtu.be/trKW2iRS3rU


---------------------------------------------------------------

参考までに 槍平小屋周辺の雪崩

■北アルプス槍平小屋では 小屋周辺で幕営泊中に雪崩遭難がおきています。

1973年11月 小屋の すこし上で 就寝中の雪崩で 5名死亡。

2007年 年末から2008年正月にかけて 槍平小屋周辺で複数のテントが雪崩に襲われ 4名が埋没死亡。

2007年末~2008年正月 4名死亡
http://yaridairagoya.sakura.ne.jp/nadare.html

2010年にも槍平小屋雪崩被害 小屋破損
http://yaridairagoya.sakura.ne.jp/2010yaridairanadare.html

2017年にも槍平小屋雪崩被害 小屋破損
http://www.yaridairagoya.sakura.ne.jp/2017nadare.html

槍平冬季小屋のご案内
http://yaridairagoya.sakura.ne.jp/toukian1%20(2).html

昔の槍平小屋は別の場所でしたが 雪崩でやられて 今の場所へ移転しましたが、それでも 雪崩からは 逃れられないようです。
---------------------------------------------------------------

2014年2月2日 お亀岩避難小屋

2014年2月2日 三嶺 天狗塚の 縦走途中 

お亀岩避難小屋を見ると 裏側の斜面で雪崩が発生し デブリが小屋の近くまで押し寄せていました。

デブリを見ると 本日のと 前日以前のと ありましたが
今回は 屋根の落雪が ガードしたような 形で ギリギリ セーフでしたが
まだ 裏の斜面には 大量の崩壊予備軍のような 雪塊があり まだ 次の崩壊が心配です。

(2011年)平成23年2月26日に比べ まだ雪崩の量が少なく デブリも寡いですが 今後 更に 崩れそうで 注意が必要です。


http://youtu.be/y2xyyHYF1Jk


ピカサ写真アルバム


2014年2月2日お亀岩避難小屋


2014年2月1日 お亀岩避難小屋と 24時間後の 2月2日 お亀岩避難小屋
2014年2月2日お亀岩避難小屋には雪崩が 押し寄せていましたが
前日 2014年2月1日9時半頃お亀岩避難小屋を rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 が訪れており写真提供いただきました。ありがとうございます。ヤマレコ


拡大
2014年2月1日お亀岩避難小屋 rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 撮影


拡大
2014年2月1日お亀岩避難小屋 rikimaru_R様  2LTSR20DEK6A様 撮影

2月1日には 小規模雪崩ですが 24時間後 2月2日昼には 更に大きく雪崩発生した お亀岩避難小屋。


拡大
2014年2月2日12時50分頃は お亀岩避難小屋は 斜面からの雪崩が 押し寄せていました。


デブリの経過時間を見ると 
1日にも 雪崩れ 2日にも 何回かの雪崩が発生しているようで、たまたま 屋根の落雪がブロックとなって 助かったのですが その後の経過 が心配です。

2日 季節外れの暖かさで さらに 一気に緩んだ雪面。

 天狗峠 東面 南面で 真新しい デブリ など 縦走中 何箇所もの 雪崩痕を確認いたしました。

季節は急速に進み、雪解け は突然 襲ってくるようで 山中いたるところ 本当に危ない時期 本当に気をつけないといけませんね。

お亀岩避難小屋 2月2日


天狗峠 東面 2014年2月2日


天狗峠 南面 2014年2月2日


平成23年2月19日 YouTube 天狗塚 付近 雪崩
http://www.youtube.com/watch?v=qCEtCUjkosI 

平成23年2月19日 天狗塚
平成23年2月19日天狗塚山頂から 見ると 雪崩たところが 視認できる。
南面に 雪崩箇所が いくつも 見えた。平成23年2月19日
天狗峠 お亀岩間 で いちはやく 崩れる箇所は この南面。
雪庇崩壊も はやい時期に おこる
平成23年2月19日撮影
天狗峠 東面 樹林帯まで達する 雪崩がおきていた
平成23年2月19日撮影
平成23年2月19日撮影
天狗峠 東面、気持ち良い雪面だが
ここも ある時期 雪崩がおこり デブリが 堆積する。
この沢での 大休止 など とてもリスクが高く 危ないが、
この雪崩地形の中で 休憩する 全く無知な パーティーを見かけたことがある
よっぽど 雪風呂好きで ドップリ はいりたいのかな?

2010年1月24日お亀岩避難小屋

お亀岩避難小屋 雪崩 ぎりぎりセーフ





http://youtu.be/Ti95VKAhVLQ

 

このところの陽気で 一気に雪解け。


天狗峠

お亀岩避難小屋

西熊山 南面

三嶺 近く